« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

ユーロ円、明日大統領誕生

「ユーロ円、明日大統領誕生」

Ws000028

*シカゴPMI良し

*EU大統領&外相はヘルマン&キャサリンですよ

*ユーロ圏CPIやや強し、出口戦略語る人でるか?

*なんとかボリンジャーバンドに入ろうとしている

*11月26日-27日の下降ラインは上抜いている

*5日、21日線は下向き、90日線は横ばい

*一目の雲の下限からはかい離しすぎているので近づく余地あり

*(注文)

*売りは130.50と130.80中

*買いは129.50以下が中、129.10と1290.0で大

*損切りはない

Ws000029

1(火)EU中国首脳会議、リスボン条約発効、EU大統領就任、スイス3QGDP、独 雇用統計、ユーロ圏製造業PMI確報、ユーロ圏失業率、、グゲレル理事講演

2(水)ユーロ圏 PPI、EU財務相理事会

3(木)ユーロ圏サービス業PMI確報、ユーロ圏小売売上、ユーロ圏GDP確報、 ECB理事会 、トリシェ総裁会見

4(金)スイスCPI、ECBスマギ理事講演

| | コメント (0)

ドル円、波乱万丈を想定しよう

「ドル円、波乱万丈を想定しよう」

Ws000026

*政府は円高を抑えたいようだが、気持は出ているが行動はまだ

*下ヒゲを出してボリバンに近づいているがまだ入りきらない弱さ

*5日線まだ下向き

*今日は仲値は月末仕様で朝方はドル買い多く、午後からは月末の輸出の換金が出た

*11月25日-26日の下降ラインは下抜いているが。

*5日線の87.04は一旦タッチするも蹴落とされる、もう一度NYでトライするか

*まだ注文状況を見てもわかるように、参加者がシュリンクしている。

 *売りは86.70から、87.0が大

*買いは86.30以下から中、86.0が大

 損切りもまばら、買いは86.70、80.87.0に小、売りは86.35に小

*明日首相ー日銀総裁会談あり。

Ws000027

(予定)
1(火)EU中国首脳会議(南京)中国製造業PMI、閣議後財務相ら会見、 自動車販売台数、11月ISM製造業景況指数、建設支出、中古住宅販売保留

2(水)日11月マネタリ-ベース、須田日銀委員講演、米MBA住宅ローン申請指数、チャレンジャー社人員削減数、ADP雇用者数、ベージュブック、リッチモンド連銀総裁講演、NY連銀副総裁講演
3(木)日 3Q法人企業統計米失業保険申請、ISM非製造業景況指数 、バーナンキ議長再任公聴会

4(金)閣議後財務相ら会見、ジェイコム株誤発注訴訟、米 雇用統計、10月製造業受注 フィラデルフィア連銀総裁講演、セントルイス連銀総裁講演、フィラデルフィア連銀総裁講演、セントルイス連銀総裁講演

(外貨投資)

1(火)ユナイテッド投信投資顧問 アイザワ-日韓グッドチョイス・ファンド 、UBS・グローバルAM グローバル公共公益債券F(ランド 、レアル、豪ドル)
3(木)安田投信投資顧問 ライジング・チャイナ・ファンド「愛称:飛龍」
4(金)国際投信投資顧問 アジア不動産関連株&消費関連株オープン

(決算)
1(火)ステープルズ
2(水)伊藤園
3(木)積水ハウス、ノベル、トールブラザーズ

(講演など)

1(火)首相日銀総裁会談2(水)須田日銀委員、リッチモンド連銀総裁、NY連銀副総裁
3(木)バーナンキ議長再任公聴会
4(金)フィラデルフィア連銀総裁、セントルイス連銀総裁

| | コメント (0)

夜のニュースから

「夜のニュースから」

BBCではドバイショックはドバイで収まる(スタンダードチャータード)としている。ドバイ政府は債務保証せず株価が下落したが、借金で買ったものが、バーニーズ、豪華客船QE2、競馬馬ではさもありなん

*アジア株は元気であったが、ドバイに近い欧州株は小幅安、米株は気持高

*アジア選好か

*ユーロ圏11月CPI+0.6%、ちょっとインフレ懸念、特にタカ派のウェーバー総裁はイライラするだろう

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船頭多し、円相場

「船頭多し、円相場」

*短期トレーダーにとっては発言が頻繁に出ることはうれしい

*円相場については藤井財務大臣=何をいってるかわからないが日本のことよりも世間体(海外との)でやりたくない感じ

*菅副総理=円高に歯止めをかける

*亀井さん= 介入やってもアメリカに金がいくだけだ

*鳩山首相= 円高に迅速に手を打たないといけない

*白川総裁= 円高は企業マインドに影響

*為替担当の行天さんは沈黙している

通常は財務大臣が介入を決定し日銀がマインする

 みんな円高を止めたいようだが、米国が怖いのか、欧州が怖いのか、中国になれない。

 円高景気対策、財政出動では痛んだ輸出企業へ行くまで、仲介者が中抜きし行き着く時は10分の1となる。ただ財政赤字は増える

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、NY需給」

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000024 Ws000025

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000022 Ws000023

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000020 Ws000021

| | コメント (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

*ドバイのナヒール債券売買停止で再びリスク選好後退で円買い。

*中国はEUに対し人民元切り上げ約束せず、安定化を主張

21   南ア10月貿易収支 (予想6億ZAR、9月は39億ZAR)
22   加 10月鉱工業製品価格(予想前月比+0.4%)、9月GDP(予想+0.4%)、
23   米 11月シカゴPMI (予想53.3)
24   ダラス連銀11月製造業活動指数 (予想変わらず)

EU中国首脳会議

*明日は豪中銀金利と中国製造業PMI

+++今日の過去のニュース+++

*円相場は具体策見られず東京後場は円買いに

*インド3QGDPは+7.9%

*日本の10月住宅着工は-27.1%、建設受注は-40.1%で悲惨。

6   NZ10月住宅建設許可(結果+11.7%) 
8   日 10月鉱工業生産
9   英 11月GFK消費者信頼感指数、豪 3Q企業業績
10  白川日銀総裁金融経済懇談会
 
13   白川日銀総裁会見、10月自動車生産
14   日 10月住宅着工、建設受注、インド3QGDP
16   仏 10月PPI
17   香港 10月月次財政収支
18   英 10月消費者信用残高、 10月マネーサプライ
19   ユーロ圏11月CPI、日 外国為替介入状況、峰崎財務副大臣会見

講演= ロートスイス中銀総裁講演、、EU中国首脳会議(南京)白川総裁会見
外貨投資=ラボバンク米ドル&豪ドル債、 ピーシーエーAMインドネシア株式オープン、 ING投信 ING・インドネシア株式ファンド
決算=特になし

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通貨危機13、ロシア通貨危機5

「通貨危機13、ロシア通貨危機5」

「ファンド倒産」

アメリカ合衆国における1000億ドル規模の巨大ヘッジファンドであったLTCMは市場中立型ファンドと呼ばれ、市況が一時的に変動しても、いずれ(数時間~数日の範囲で)元の水準に戻るという性質を利用する。ロシア危機に際して、一時的にロシア関連の株が下落しても、いずれは元に戻るとしてポジションを取った。しかし、アジア通貨危機とロシア財政危機を経験した投資家は、一種の正常判断を失ったパニックにより安全な米国債等を指向して、ロシア市場に回帰する事がなかった。また、LTCMがポジションを取っていた中南米の株等もリスクが大きいとして下落し、結果長期間に渡って損失が拡大し、結局破綻に追い込まれた。

それまで、年利40%前後の好成績を挙げていたことから、他のファンドも多くが同じ手法をとり、やはり同様に窮地に陥った。また市場中立型ファンドは、個々の取引では利益が微々たるもので、それを補う為にレバレッジを効かせ、また、大量の注文を行う事で利益を膨らませていた。しかしそれが反対方向に動き、かつ通常よりも長期間にわたり大幅な変動を見せたことで、損失は広がった。

これらヘッジファンドは、世界各国の金融機関と多額(100兆円単位)の金融取引契約を結んでいたため、破綻に伴い世界経済に恐慌へも繋がりかねない深刻な影響を与えた。アメリカや日本など、諸国においては短期金利の急速引下げ(日本ではゼロ金利政策にもつながった)と中央銀行などからの資金貸し出し(銀行への公的資金注入も含む)を行い、この危機を乗り切った。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通貨危機12、ロシア通貨危機4

「通貨危機12、ロシア通貨危機4」

「 更なる資本流出」

この救済処置をもってしても事態は好転しなかった。1ヶ月当たりの債務利払いが同じ月の歳入を上回る事が明らかになり、IMFの援助があったにも関わらず資本流出は続いた。数週間後には再びルーブルの下落が始まり、財政危機に陥った。結局、ロシア政府は借金の無限地獄に陥った。負債の利子を返す為に新たに借金をせざるを得ず、また、危機的状況にあるロシアに資金を貸し付けるにあたって貸し手は更に高い金利を要求する様になった。

「デフォルト」

8月17日に、キリエンコ政府とロシア中央銀行は対外債務を90日間支払い停止すると発表せざるをえなくなった。同時に債務を整理し、ルーブルを引き下げたが、ロシア国民がルーブルをドルに代えようとして、ルーブルはなおも下落を続けて暴落した。ロシアが資本主義体制へ移行して間もなく、まだ経験の浅い銀行の大部分は、海外から米ドル建てで資金を調達しており、ルーブルの暴落と共に破綻した。一方で、西側の債権者も大きな損失を被った。この危機によりキャピタル・フライトが発生し、資本は急速にロシアより流出した。

「影響」

この経済混乱は各方面へ波及したが、ヘッジファンドに影響を及ぼした事、とりわけノーベル賞受賞者が設立に関与したLTCMが破綻に瀕して銀行からの特別融資を受け、市場から消えた事が取り上げられる。(続く)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ランド円、夕暮れ需給

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」

Ws000018

Ws000019

| | コメント (0)

閑散、豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給

「閑散、豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000015 Ws000016

| | コメント (0)

「超閑散、ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

「超閑散、ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

Ws000013

Ws000014

| | コメント (0)

APEC株価

「APEC株価」

*中国は金融緩和、家電、車などの購入補助継続で上昇

*APEC株は円安で上昇

*ダウ先物伸びが少ないのが不安

11月30日 17時    
NZ50X 3125.52 31.09 1.00%
豪AORD 4715.5 118.3 2.57%
日経 9345.55 264.03 2.90%
上海総合 3195.3 99.04 3.20%
NYダウ先物 10321 29 0.28%
       

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルインデックス:水谷

ドルインデックスはドバイショックにも関わらずドル売り継続です。

Dollindexnov30 現在74.58 昨年11月21日高値88.25起点のギャンライン1x8(現在75.88)のレジスタンスは引き続き硬いようです。ユーロの戻し、豪ドルの利上げ観測期待、そして短期金利差からの円とドル売りの要因は揃っているようです。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日の豪金利直前情報

「明日の豪金利直前情報」

*津田さん、明日の政策金利はかなり微妙な状況ですね

*今朝のインフレ指標では上げそうな気もするし、最近ちょっと弱い数字も出ているので据え置きみたいだし、市場は若干利上げ予想が多いのでしょうか。

 +++

「豪金利」

*いい数字
 雇用統計、自動車販売

*悪い数字

* 今日は3Q企業利益が前期比2.1%低下した。10月HIA新築住宅販売は-0.6%となった。先週金曜は設備投資が悪化、景気先行指数も伸び悩んだ

*今朝のTD・MIインフレ指数(トロントドミニオン&メルボルン研究所)のインフレ指数は11月は+0.3%、10月も+0.3%であった(前月比)
  8月、9月は変わらずであった。
*年間ベースでは+2.1%と豪中銀のインフレターゲットである2%から3%のレンジへ入った

*物価が底打ちしているのでTDセキュリテイズのビーチャーストラテジストは明日0.25%引き上げ、前回の議事録では将来の利上げはオープンクエスチョンとなっていたが、豪債券市場では50%から70%が明日の利上げを見込んでいる。

*一方メルボルン研究所のハーディング教授はまだインフレは穏やかだと据え置きを予想している。かなり微妙な決定となりそうだ。

*3回連続利上げとなれば1990年以来となる
*インフレ上昇の要因は燃料と賃貸料である。

*現地紙では利上げを予想し「RBAはクリスマスをだいなしにする」という見出しとなっている。
*この現地紙はいつも利上げで住宅ローンが何ドル上がるということを算出してえいる。  30万豪ドル借りていると月に47ドル支払い増となるそうだ。

*利上げでクリスマスセールの売上が悪くなるとも書いている。社会派の新聞のようだ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹痛に正露丸、円高には円安、肩痛にはトクホン

「腹痛に正露丸、円高には円安、肩痛にはトクホン」

 *痛みがあればふさわしい薬がある。

 *腹痛にバッファリンは効かない

 *円高には円安しかない

*円高には円高景気対策というが、そんな対策をとれば直接痛んでいる輸出業者に行かずまた中抜きをする政治家や官僚が出てくる。ハコモノとか円高で痛みを負っていないところへお金が回ってしまう。

*景気対策は財政赤字が増えるだけ、GDPの200%にすぐいってしまいそうだ。

*痛ければ痛いところを治療するしかないが、また今回も別の部分を治療しそうだ。「そこ違いまっせ」が輸出業者の弁だろう。

*今朝のスイス中銀のようなコメントはできないのだろうか、隔靴掻痒の円高対策となりそうだ。

 「スイス中銀コメント」

*スイス中銀ロート総裁はスイスは経済を安定させるために為替政策を用いているが、輸出競争力を高めるためにフランを押し下げることはない、との考えを示した。

ロート総裁は、景気後退下で金利がゼロ%でもフランが上昇したと指摘、「われわれはこの悪循環を為替政策を通じてのみ阻止することができた。われわれはその方針を続けている。それは競争的な通貨切り下げではない。スイスは近隣諸国よりも低インフレが続く見込みで、それがフランを押し上げる傾向がある」と述べた。

 日本は世界でも最速のデフレ国だが政府はスイス中銀のような認識がない。困ったことにデフレなのに日本の物価、公共料金は世界一高いことだ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法によれば、明日(次の取引日)のTOPIX終値は、今日より高くなる可能性が大きい。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、ランチ需給」

「ポンド円、ランド円、ランチ需給」

Ws000011 Ws000012

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

Ws000009 Ws000010

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

Ws000007 Ws000008

| | コメント (0)

今日の焦点、EU中国首脳会議、ユーロCPI、シカゴPMI

「今日の焦点EU中国首脳会議、ユーロCPI、シカゴPMI

楽しい仲間達のブログ情報=今日はかかしさんの日本株情報です

EU中国首脳会議

6   NZ 10月住宅建設許可(結果+11.7%) 
8   日 10月鉱工業生産
9   英 11月GFK消費者信頼感指数、豪 3Q企業業績
10   白川日銀総裁金融経済懇談会
 
13   白川日銀総裁会見、10月自動車生産
14   日 10月住宅着工、建設受注、インド3QGDP
16   仏 10月PPI
17   香港 10月月次財政収支
18   英 10月消費者信用残高、 10月マネーサプライ
19   ユーロ圏11月CPI、日 外国為替介入状況、峰崎財務副大臣会見
21   南ア10月貿易収支
22   加 10月鉱工業製品価格、9月GDP、
23   米 11月シカゴPMI
24   ダラス連銀11月製造業活動指数
 
講演= ロートスイス中銀総裁講演、、EU中国首脳会議(南京)白川総裁会見
外貨投資=ラボバンク米ドル&豪ドル債、 ピーシーエーAMインドネシア株式オープン、 ING投信 ING・インドネシア株式ファンド
決算=特になし

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、朝市需給」

「ポンド円、ランド円、朝市需給」

Ws000005 Ws000006

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市需給」

「豪ドル円、NZドル円、朝市需給」

Ws000003 Ws000004

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、朝市需給」

「ドル円、ユーロ円、朝市需給」

Ws000001 Ws000002

| | コメント (0)

藤井さん、毎日新聞で介入について

「藤井さん、毎日新聞で介入について」

 

++++++++++++++++++++++++++++

29日夜、ドバイショックで一時1ドル=84円台まで急騰した円相場について、「今の事態は静観しないといけない。(為替)介入はあり得ない」と述べ、円高是正のための為替介入は考えていないことを明らかにした。

 公邸での会談で藤井氏は、為替の動きについて「偏った動きをしている」などと説明。同時に「介入という言葉を使ってはいけないというのは国際常識だ」とも語ったという。さらに、円高対策は「金融(政策)と一体的にやらないといけない」と述べ、日銀の金融政策との連携が不可欠との認識も示した。

 

| | コメント (0)

今週の豪ドル相場:津田

(豪ドル日足)
Image001

(豪ドル円日足)
Image003

先週の豪ドル相場

先週のレンジ AUDUSD 0.8946-0.9323 AUDYEN76.58-82.51
先週は相場が大きく変動した1週間であった。週初は株価も堅調。商品市場は活況を呈し金先物は史上高値を更新し豪ドルは92セント台、82円台で堅調を維持した。しかし26日の米感謝祭休日に向けてポジションの手仕舞いが活発化。またドル円は日本の当局が更なる円高に耐えるとの思惑が高まり、加えてドバイワールドの債務返済延期要請が表面化し、一気にリスク回避の動きが激化した。金曜日の早朝にはドル円は一時84.95円の14年ぶりの円高水準をつけた。豪ドルも係る急激な相場変動の中、週初の高値93セント台、82円台から金曜日には0.8946、76.58円まで大幅下落したが、ストップロス執行後は週末を控えてポジション調整の動きに90セント台半ば、78円台半ばで越週した。

今週の豪ドル相場

今週のレンジ AUDUSD 0.8950-0.9250, AUDYEN 77.00-82.00
今朝のシドニー市場では豪ドルはNYK引値0.9060、78.50円から一時0.9174、79.81まで急上昇後、調整反落→再上昇と非常にボラタイルな展開となっている。先週の乱高下で多くのロスカットオーダーが執行され非常に傷ついた市場となっており、今週も乱高下が続きそうである。イベント的には明日のRBA理事会、10月豪州住宅建設許可件数、木曜日の10月豪州小売売上高や金曜日の米国11月雇用統計がある。明日のRBA理事会では金利据え置きで利上げ小休止となる可能性もあろう。
先週の豪ドル急落はドバイショックがあったとは言え、ある意味では年末を控えてここまで溜まってきた豪ドルロングのポジション調整の色彩が強い。したがってポジション調整がある程度終われば、また来年に向けての堅調地合いを取り戻すものと思われる。ただ一度傷んだ相場であるので、簡単に完全回復とまではいかず、新たな買いと、調整売りが交錯するUP & DOWNが予想される。


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

月曜早朝シドニー市況:津田

おはようございます。
本日シドニー市場は朝方オセアニア通貨、ユーロ、ポンドなど欧州通貨が大幅上昇。ドル円も上昇しており円クロスはニューヨーク引値比1円以上上昇した後、現在半値戻しで反落しています。週末に未確認情報ですがUAE中銀がドバイワールドの債務保証をするとの情報も流れたようで、これが円クロスの買いに繋がったのでしょうか。
いずれにしても、先週はドバイショックに大きく揺れ動いた市場ですが、上下ともに多くのストップロスオーダーが執行されてかなり傷んだ市場となっています。今週は明日のRBA理事会(個人的には据え置き予想)、金曜日の米国雇用統計が注目されますが、ただでも師走を迎えて薄商いとなっていく中、ドバイショックの跡を引いて今週もボラタイルな相場展開となりそうです。要注意!要注意!

週末の出来事発言等:

・豪州スワン財務-2010年も2009年と同様にタフな年となる。事業環境に不安要素は多く個人投資は脆弱であろう(11/29)
・UAE中銀は国内銀行とUAEで事業を行う外銀に流動性を供給する新たな枠組みを整備する(11/29)

・ユンケル欧州会議議長-EUは2010年も景気刺激策を解消しないであろう。2011年に金融市場は安定化するであろう。人民元は規則的に上昇すべきである(11/29)

・UAE中銀がドバイワールドの債務保証を行うとの未確認情報あり(11/29)
・バーナンキ議長-金融危機が終わるまでは依然として長い道のり(11/29)
・中国は2010年も景気刺激策を継続する(国営放送での政府発表)(11/29)


NYK closing

Sydney range

Tokyo6:00am

USDYEN

86.67

   86.50-87.02

86.95

EURUSD

1.4959

  14982-1.50377

1.5016

GBPUSD

1.6479

  1.6497-1.6565

1.6547

EURYEN

129.62

  129.68-130.80

130.60

GBPYEN

142.77

  142.70-144.13

143.75

AUDUSD

0.9060

  0.9068-0.9086

0.9076

AUDYEN

78.50

     78.39-79.81

79.60

NZDUSD

0.7109

  0.7148-0.7171

0.7165

NZDYEN

     61.50

    62.18-62.36

62.30

DOWCFD

10309

 

10307

OIL CFD

76.05

 

75.94

GOLDCFD

1175.00

1177.00

Then, have a nice day!!

Joe



「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「注意報再解除!」(その4) : かかし

先週の投資判断は大きく外れてしまいました。「注意報再解除」としていたわけですから、大きな株価下落は想定していませんでした。ところが、蓋を開けてみれば、4.4%の大幅下落に終わってしまいました。

20091128

この下げ幅は、6.4%の下落となった上海(SSE)総合指数に比べれば多少小さいのですが、ダウ平均株価が0.1%弱という僅かな下げにとどまったために、日米の株価乖離が一段と大きくなりました。

20091128_2

そこで、今後をどう見るかということですが、「注意報再解除!」を継続しようと思います。理由は、先週の日経平均株価の下げが行き過ぎであったと考えるからです。

なぜ下げすぎと見るのか? 実は、先週の4.4%という下落率の7割強にあたる3.2%は金曜日わずか一日の下げによるものなのです。その金曜日のザラバの動きはこのようになっています。

B20091127

ドバイ・ワールドの資金繰り問題を震源に欧州市場が大幅安となったことを受けて、27日の日経平均株価は126円の大幅安で寄り付きました。ドイツ(DAX)市場の26日のザラバの動きに、その「ドバイ・ショック」の大きさが見てとれます。

Dax20091127 

ところが、これだけでは終わりませんでした。午後2時ごろから一段の下げとなり、301.75円、3.22%の下落で大引けとなりました。この下げの背景には、シカゴ(CME)の時間外取引でダウが250ドルという大幅安で推移したことがあると見られます。

というわけで、日経平均株価は3.2%の下落になってしまったわけですが、その後の展開には大きな変化が見られます。

まず、欧州市場。ドバイの問題は依然として予断を許さないのですが、27日の欧州市場は落ち着きを取り戻しました。1.3%弱上昇したドイツ(DAX)市場にその様子が浮き出ています。

Dax20091128

次に米国市場。ダウ平均株価は寄り付き直後に233.15ドル安となり懸念されたのですが、すぐに反騰となり、11時には95.3ドルまで下げ幅を縮小しました。つまり、底値から138ドル弱の大幅上昇となったのです。感謝祭の翌日ということで、マーケットが半日であったせいか、大引け前の手じまいの動きが目立ったのですが、予想外に堅調と言える展開でした。

20091127

欧州市場の反騰や、米国市場の予想外に堅調さは、金曜日の日経平均株価には織り込まれていません。したがって、今日(月曜日)は反発して始まることが期待できそうです。

しかしながら、そうは言っても、為替の問題が依然として重石になっているので、油断はできません。それに関しては2つの点に注目しています。

一つは、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のVIX指数です。ドバイ問題が大きく影響したこともあって、先週金曜日には21.3%と大幅に上昇しました。意味するところは、投資家のリスク許容度の低下です。これまでは、低金利とVIX指数の下落がドル・キャリー・トレードを促進してドルが売られてきたわけですから、VIX指数の上昇がドル安に対する歯止めになることを期待しています。

Vix20091127

二つ目は、実効為替レート。円は確かに米ドルに対しては強いのですが、他の通貨に対しても強いというわけではありません。そこで、「特定の2通貨間の為替レートをみているだけではわからない為替レート面での対外競争力を、単一の指標で総合的にとらえようとする」(日銀)実効為替レートという見方が必要となるわけです。

日銀では15の通貨を貿易ウェイトで加重幾何平均して算出しています。ただ、日銀は基本的に円の実効為替レートを名目と実質ベースで算出することに重点を置いていますので、ここでは似たような算出方法で多通貨の実効為替レートを発表している日本経済新聞社の「日経通貨インデックス」を利用したいと思います。

 このインデックスによれば、年初から1126日までで、円は0.2%上昇しています。というより、ほとんど横ばいです。ということは、株式市場では対ドル円レートの円高方向への振れに対する恐怖心が非常に強いのですが、他の通貨の影響も考慮すると、意外にマクロから見たドルの影響は大きくないようであることに注目しています。

ご参考までに、実効為替レートの上昇はオーストラリアドル(+21.6%)が圧倒的でした。カナダドル(+13.5%)の上げも顕著です。対照的に、下落が著しかったのは米ドル(-7.9%)。その他、ロシアルーブル(-6.0%)、中国元(-5.2%)の下げが大きいのが目を引きます。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドルNZドル、豪がNZに差をつける

「豪ドルNZドル、豪がNZに差をつける」

Ws000010_2

*豪が利上げをした10月から月足では陽線が続く(12月1日は豪の金利決定、12月9日はNZの金利決定)

*日足では大きく雲の上にでている

*ボリバン上限に絡み合う

*先週金曜は波高し線だがまだ上昇ラインは生きている

*5日線は上向き

Ws000011_2 Ws000012_2 Ws000013_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロスイス、介入むなしくユーロ高スイス安

「ユーロスイス、介入むなしくユーロ高スイス安」

Ws000004

*月足は徐々に下落

*日足では先週木曜、金曜はいかにも介入をやっているようなローソク足

*5日線も下向いている

*ボリンジャーバンドでは介入むなしく下限を割っている

*一目の雲の下での推移が続く

Ws000005 Ws000006 Ws000007

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロポンド、上昇ライン有効

「ユーロポンド、上昇ライン有効」

Ws000000

*月足では基調は上昇だが0.95では売り物も出てくる

*日足ではボリバンの上限で推移

*一目では雲中にあり

*5日線は上昇を続けている

*11月18日-25日の上昇」ラインが続いている

Ws000001 Ws000002 Ws000003

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

2009年11月29日 (日)

ランド円、クロス円では強い部類

「ランド円、クロス円では強い部類」

Ws000062

*月足は横ばい

*日足は長いヒゲを先週出し、他のクロス円と違って陽性線」となっている

*ただまだ一目の雲の下にいる

*ボリンジャーバンドでは下限を抜けていたが戻して中に入っている

*11月11日からの下降ラインへ挑戦していくだろう

Ws000063

Ws000064 Ws000065

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルランド、安定

「ドルランド、安定」

Ws000088

*3月からの下落も月足では6月からは横ばいとなっている

*日足ではボリバンの中位意に位置している

*一目ではかろうじて雲の下に位置している

*5日線では上昇から下落に転じたばかりである

Ws000089 Ws000090 Ws000091 

| | コメント (0)

カナダ円、クロス円では弱いほう

「カナダ円、クロス円では弱いほう」

Ws000056

*月足ではやや頭が重くなってきた。4か月連続陰線となりそうだ。

*日足では他のクロス円同様に長い下ヒゲを出し11月12日-16日の下降ラインに迫ってくだろう

*ボリバンも下限を抜けて戻してきている

*一目の雲の下限からはかなりかい離している

Ws000057

Ws000058 Ws000059

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルカナダ、ドル下落速度弱める

「ドルカナダ、ドル下落速度弱める」

Ws000052

*月足では下落速度を弱めてきた

*ただ日足では長居上ヒゲが出て売り圧力を示している

*5日線は下向いているが行ったり来たりである

*ボリバン上限上抜きから再びレンジ内に戻している

*一目の雲の上にでたが雲中に戻している。

*今までのようなドル下げトレンドではなくなってきた

Ws000053 Ws000054 Ws000055

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NZドル円、月足で上昇ライン下抜く

「NZドル円、月足で上昇ライン下抜く」

Ws000048

*月足では2月からの上昇ラインを下抜く

*日足ではボリバンを大きく下抜いてまた戻ってきた

*一目の雲からもかなりかい離してきている

*5日下向きで90日線を切り、21日線も90日線を下抜こうとしている

*11月18日-24日の下降ラインが生きている

Ws000049

Ws000050 Ws000051

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NZドルドル、豪ドルに遅れる

「NZドルドル、豪ドルに遅れる」

Ws000044

*年初来豪ドルとデッドヒートを続けてきたが10月、11月と利上げをした豪ドルに引き離され陰線が続きそうだ。

*ボリバン下限抜けるも、なんとか戻ってきた

*ただ一目の雲の下には出ている

*5日線は下落中

*9月2日-11月2日の上昇ラインを切ってから速かった。1月18日-19日の下降ラインは生きている

Ws000045 Ws000046 Ws000047

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪ドル円、ボリバンレンジへ戻す

「豪ドル円、ボリバンレンジへ戻す」

Ws000040

*月足では上昇基調から横ばいとなってきた

*11月16日-19日の下降ラインに金曜の長い下ヒゲエネルギーで迫れるか

*5日線、21日線下向きで上昇中の90日線へ向かっている

*一気に一目の雲の下へ

*ボリバン下限を下抜いたがまた戻してきている

*12月1日は政策金利決定(明日のシドニ-津田さんのリポートをご覧ください)

Ws000043

Ws000041 Ws000042

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪ドルドル、12月1日金利決定」

「豪ドルドル、12月1日金利決定」

Ws000036

*月足豪ドルドルは10か月連続陽線となるか、ただなっても2カ月連続長い上ヒゲが出て伸び悩みは感じる。ここまで上昇してきたのだから仕方なしか

*日足では一目の雲に入ったがなんとか上限で終わっている

*ボリンジャーバンドでは下限からはやや反発

*トレンドラインでは8月19日-9月2日の上昇ラインがサポートとなる。11月20日ー25日の上昇ラインは下抜け、11月16-26日が下降ライン

*ローソク足の下ヒゲは長い。

*12月1日は政策金利決定(シドニー津田さんの明日の豪ドルリポ-ト参照願度)

Ws000037 Ws000038 Ws000039

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイス円、21日線が90日線下抜く

「スイス円、21日線が90日線下抜く」

Ws000032

*月足はやや重いがまだ横ばいの範疇

*長い下ヒゲで11月11日-12日の下降ラインに迫れるかどうか

*下抜けしていたがボリバンのレンジ内へ戻していくだろう。

*一目の雲の下限からはかい離しすぎている

*5日線下向き、21日線は90日線を下抜く

Ws000033 Ws000034 Ws000035

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルスイス3月からの下降ラインに沿って

「ドルスイス3月からの下降ラインに沿って」

Ws000028

*月足では3月からの下降ラインに沿っている

*ボリンジャーバンドは極めて狭い。

*移動平均線は5、21.90日と下向き

*金曜は一瞬一目の雲に近づいたが、雲には8月に少し触れただけでずっと雲の下で推移している

*11月3日-11月20日の下降ラインは破れず

Ws000029 Ws000030 Ws000031

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、これでも年足では陽線

「ポンド円、これでも年足では陽線」

Ws000024

*月足では横ばいからやや伸び悩み、これでも年足では陽線

*日足では長い下ヒゲでどこまで持ち上げられるか

*5日線なら145.15となる。5日、21日ともに下向き

*1ヶ月近く雲の中にいたが抜けると早かった

*ボリバンを下抜いていたがなんとか戻りそうである。

Ws000025 Ws000026 Ws000027

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンドドル、意外と平静

「ポンドドル、意外と平静」

Ws000020

*月足は横ばいで波乱なし

*日足では一旦ボリバン下限を下抜いたが元に戻っている。ボリバンレンジも狭い

*5日線下向きだが、21日線上向きであり気迷い

*かろうじて一目の雲の中に落ちず

*10月13日-11月20日の上昇ラインを下に切っている。先週木、金の下降トレンドを上抜くかどうか

Ws000021

Ws000022

Ws000023

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロ円、5日線下向きで油断できないが

「ユーロ円、5日線下向きで油断できないが」

Ws000016

*月足では安定していたがやや伸び悩んできた

*日足は下ヒゲが長く、月曜のオープンで上昇ラインを作成する

*5日、21日線は下向き、90日線は横ばい

*一目の雲の下限からはかい離しすぎている

*ボリンジャーバンドのレンジ内に戻っていくだろう

Ws000017 Ws000018 Ws000019

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロドル、大きな波乱なし

「ユーロドル、大きな波乱なし」

Ws000012

*月足ではまだ順調に陽線を続けている。1.5が少し心理的な壁だが7月には1.60をつけているので、それほど大きな壁ではない

*日足では狭いボリンジャーバンドで推移。1.4730-1.51

*下ヒゲの長さで反発するか

*かろうじて一目の雲に入らず、雲上限は1.4860

*移動平均線では5、21、90日と上向いている。

*ドバイ債務問題もあったがドル円ほどの波乱はなかった。

Ws000013 Ws000014 Ws000015

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円、ボリバンの中へ戻るか

Ws000008 「ドル円、ボリバンの中へ戻るか」

*金曜の安値84.80と月曜のオープンで上昇ラインが引けるのでそれを基本にしたい。

*金曜の寄り引き同時の長い下ヒゲで反発か

*月曜は需給は月末仕様。

*5日線は87.57

*ようやくボリンジャーバンドの中に入りそうだ

*下降トレンドラインの上抜けに気をつけたい

*まだ注文状況を見てもわかるように、参加者がシュリンクしている。こういう時こそ大胆に「自分が相場をつくる」気概でやって頂きたい。安値では介入のうわさがが出る。伸びきったと思ったところで売るしかない。

*まだ値幅が大きいのでいつもより小さいポジションで。ニュースにはより敏感に。首相ー日銀総裁会談あり。注文が普段通りになればポジションの金額も普段に戻そう。

Ws000009 Ws000010 Ws000011

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休みの注文、走者一掃、除くランド円

「休みの注文、走者一掃、除くランド円」

*ランド円はまだ注文残るも、その他の通貨ペアの注文はほとんどなくなった

 まさに走者一掃。

Ws000000 Ws000001 Ws000002 Ws000003

Ws000004

Ws000005

| | コメント (0)

年間チェンジ

「年間チェンジ」

*フォードとシティで明暗

*日経土俵際

*グーグル快調

*上海まだまだ

  年末年始        
  参考値 11月27日  
原油 42.87 76.05 33.18 77.40  
874.98 1175.50 300.52 34.35  
CRB 233.92 273.09 39.17 16.75  
ドルINDEX 81.50 74.88 -6.62 -8.13  
コーン 462.00 413.50 -48.50 -10.50  
大豆 1015.00 1053.00 38.00 3.74  
11.70 18.34 6.64 56.71  
パラジウム 188.00 360.00 172.00 91.49  
プラチナ 980.00 1435.00 455.00 46.43  
           
JGB 1.17 1.25 0.08 6.87  
           
米10年債金利 2.36 3.20 0.84 35.48  
米30年債金利 2.81 4.21 1.40 49.96  
米株個別          
フォード 2.20 8.73 6.53 296.82  
グーグル 315.00 579.76 264.76 84.05  
シティ 6.20 4.06 -2.14 -34.52  
VISA 52.80 80.33 27.53 52.14  
ボーイング 47.50 52.45 4.95 10.42  
NYDJ 9034.69 10309.92 1275.23 14.11  
ナスダック 1632.21 2138.44 506.23 31.02  
上海総合 1820.81 3096.27 1275.46 70.05  
FTSE 4561.80 5245.73 683.93 14.99  
DAX 4973.07 5685.61 712.54 14.33  
日経 8726.31 9081.52 355.21 4.07  

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週間チェンジ、日経上海無惨

「週間チェンジ、日経上海無惨」

  11月20日 11月27日
原油 76.72 76.05 -0.67
1146.80 1175.50 28.70
CRB 274.58 273.09 -1.49
ドルINDEX 75.58 74.88 -0.70
コーン 405.75 413.50 7.75
大豆 1045.00 1053.00 8.00
18.44 18.34 -0.11
パラジウム 360.00 360.00 0.00
プラチナ 1442.00 1435.00 -7.00
       
JGB 1.31 1.25 -0.06
       
米10年債金利 3.37 3.20 -0.17
米30年債金利 4.30 4.21 -0.09
米株個別      
フォード 8.64 8.73 0.09
グーグル 569.96 579.76 9.80
シティ 4.20 4.06 -0.14
VISA 80.00 80.33 0.33
ボーイング 51.70 52.45 0.75
NYDJ 10318.16 10309.92 -8.24
ナスダック 2146.04 2138.44 -7.60
上海総合 3308.35 3096.27 -212.08
FTSE 5251.41 5245.73 -5.68
DAX 5663.15 5685.61 22.46
日経 9497.68 9081.52 -416.16

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字、ドバイ危機でも欧州株買われる

「先ずは数字、ドバイ危機でも欧州株買われる」

*米株=ドバイ債務問題でリスク回避で売られる

*中国株=ドバイ債務問題で売られる

*米債券=ドバイ債務問題で買われ利回り低下

*原油=ドバイ債務問題で売られるも後半反発

*金、白金=ドバイ債務問題で売られる

*穀物=ドバイ債務問題で売られるも輸出成約高増加で買い戻される

  11月26日 11月27日
原油 76.22 76.05 -0.17
1192.10 1175.50 -16.60
CRB 278.41 273.09 -5.32
ドルINDEX 74.80 74.88 0.08
コーン 408.00 413.50 5.50
大豆 1054.50 1053.00 -1.50
18.67 18.34 -0.34
パラジウム 364.00 360.00 -4.00
プラチナ 1451.00 1435.00 -16.00
       
JGB 1.28 1.25 -0.03
       
米10年債金利 3.28 3.20 -0.07
米30年債金利 4.24 4.21 -0.03
米株個別      
フォード 8.81 8.73 -0.08
グーグル 585.74 579.76 -5.98
シティ 4.17 4.06 -0.11
VISA 81.79 80.33 -1.46
ボーイング 52.93 52.45 -0.48
NYDJ 10464.40 10309.92 -154.48
ナスダック 2176.05 2138.44 -37.61
上海総合 3170.98 3096.27 -74.72
FTSE 5194.13 5245.73 51.60
DAX 5614.17 5685.61 71.44
日経 9383.24 9081.52 -301.72

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の決算、トールブラザーズ

「今週の決算、トールブラザーズ」

30(月)
1(火)ステープルズ
2(水)伊藤園
3(木)積水ハウス、ノベル、トールブラザーズ
4(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

来週の外貨投資

「来週の外貨投資」

30(月)ラボバンク米ドル&豪ドル債、 ピーシーエーAMインドネシア株式オープン、 ING投信 ING・インドネシア株式ファンド

1(火)ユナイテッド投信投資顧問 アイザワ-有進日韓グッドチョイス・ファンド 、UBS・グローバルAM グローバル公共公益債券F(ランド 、レアル、豪ドル)
2(水)
3(木)安田投信投資顧問 ライジング・チャイナ・ファンド「愛称:飛龍」

4(金)国際投信投資顧問 アジア不動産関連株&消費関連株オープン

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週の講演、首相日銀会談

「来週の講演、首相日銀会談」

30(月)首相日銀総裁会談へ(日時未定)、EU中国首脳会議(南京)、白川総裁会見

1(火)グゲレル理事、ボーゼン英中銀政策委員、ロートスイス中銀総裁、フィラデルフィア連銀総裁

2(水)須田日銀委員、、デール英中銀政策委員、リッチモンド連銀総裁、NY連銀副総裁、EU財務相理事会

3(木)トリシェ総裁会見、バーナンキ議長再任公聴会

4(金)フィラデルフィア連銀総裁、セントルイス連銀総裁、ECBスマギ理事

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週の焦点、EU中国会談、中国PMI、豪金利、ECB、米雇用

「来週の焦点、EU中国会談、中国PMI、豪金利、ECB、米雇用」

(来週の予定)首相日銀総裁会談へ

30(月)EU中国首脳会議(南京)、 NZ 住宅建設許可、日 鉱工業生産、自動車生産、住宅着工、建設受注、白川総裁会見、平衡操作、インドGDP、 英 GFK消費者信頼感指数、仏 PPI、香港 財政収支、英 消費者信用残高、マネーサプライ、ユーロ圏 CPI、南ア 貿易収支、加 鉱工業製品価格、GDP、米 シカゴ購買部協会指数、ダラス連銀製造業活動指数

1(火)中国製造業PMI、閣議後財務相ら会見、日 自動車販売台数、豪 住宅建設許可、豪中銀政策金利、リスボン条約発効、EU大統領就任、スイス3QGDP、独 雇用統計、ユーロ圏製造業PMI確報、英 製造業PMI、ユーロ圏失業率、、米 11月ISM製造業景況指数、建設支出、中古住宅販売保留、グゲレル理事講演、ボーゼン英中銀政策委員講演、ロートスイス中銀総裁講演、フィラデルフィア連銀総裁講演、

2(水)日11月マネタリ-ベース、須田日銀委員講演、ユーロ圏 PPI、デール英中銀政策委員講演、米MBA住宅ローン申請指数、チャレンジャー社人員削減数、ADP雇用者数ベージュブック、リッチモンド連銀総裁講演、NY連銀副総裁講演、EU財務相理事会

3(木)日 3Q法人企業統計、豪 小売売上、ユーロ圏サービス業PMI確報、英 サービス業PMI、ユーロ圏小売売上、ユーロ圏GDP確報、 ECB理事会 トリシェ総裁会見米失業保険申請、ISM非製造業景況指数 バーナンキ議長再任公聴会、

4(金)閣議後財務相ら会見、ジェイコム株誤発注訴訟、スイスCPI、 加 失業率、雇用者数変化、米 雇用統計、10月製造業受注 加 IVE購買部協会指数 、フィラデルフィア連銀総裁講演、セントルイス連銀総裁講演、ECBスマギ理事講演

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドバイ背後にリーマン、ドバイまとめ、アブダビになれなかった

「ドバイ背後にリーマン、ドバイまとめ、アブダビになれなかった」

*ドバイワールドを率いてきたのは元リーマン幹部のデービッドジャクソン氏ら、彼らが世界で買い物を推し進めた

*ドバイワールド(子会社イスティマル)が買ったもの

  バーニーズ、マンハッタン高級ホテル、豪華客船クイーンエリザベス2、シルクドソレイユ、競馬の馬

*買収代金の75%がノンリコース型融資、原油収入のない悲しさ、非遡及型なので融資した銀行にリスク。融資金をレバレッジをかけて運用

*これらの融資が満期を迎えたことが今回デフォルト報道となった

++++

*ドバイはUAEの第2のGDPを誇るが産油国ではない。産油国アブダビからの独り立ちを狙い

「投資資金」「観光」「企業の登録ライセンス費用」の収入で振興を図る

タックスヘブンを売り物に外資流入を図る。住民の85%が外国人。

*ただ世界景気後退で上記の収入が落ちて今回の問題発覚となる。

「広告塔」

ベッカムが別荘を買う、タイガーウッズがゴルフ場建設の監修

「観光の目玉」

*エミレーツ航空

*7つ星ホテルのパージュアルアラブ、人工島パームアイランド、世界一の高さパジュドバ

*イベント国家=競馬ドバイワールドカップ、ドバイマラソン、ドバイデザートゴルフクラッシクカップ

*融資銀行

 英バークレー、RBS、ドイツ銀行(報道されるも同行は債権保有を否定、株価は下落)、日本は邦銀で1000億円規模

「解決」

 *UAEの産油国アブダビがどう協力するか。ただ収入源が観光であることは心もとない

*ただ産油国にはお金があるだろう。

*ドバイはおそらくシンガポールのような国家を目指したのだろうが、派手さが失敗を導いた。でも背後にリーマンあり、アルゼンチン破たんにも背後に米系証券があった

*なんども人類はこのような失敗を繰り返す。わかっちゃ(わかっていないか)いるけどやめられない。

*気をつけましょう

| | コメント (0)

今日はいろいろメンテナンス

「今日はいろいろメンテナンス」

P1000007

今朝の山下公園の海は真っ青です。日によって海の色は変わるようです。伊豆も伊東、下田と石廊崎の海の色も白から青、灰色、黒と時には銀色と様々です。

 本日はブログのメンテ(私の部分だけです)と自分自身の体のメンテをやります。このまえ行った小顔矯正と最近誘われたパワーエステでも行こうかと思っています。

 ではまた、メンテ終わり次第。

P1000039

| | コメント (0)

外為どっとコムのFXアカデミー

「外為どっとコムのFXアカデミー」

外為どっとコムのFXアカデミーで外国為替相場に影響することをビデオで発信しております

大学での授業のような感じでやっています。

http://www.gaitame.com/gaitame/

| | コメント (0)

ドル円、祝ブラックフライデー

「ドル円、祝ブラックフライデー」ブラックフライデーは儲かるということです

*遅くなりました。メンテナンスやっておりました(私の)。

 最近、膝の調子が良くまたマラソン再開で走っていましたが、ちょっとバテて夜にマッサージとかいろいろ調整していました。

+++++++++++

Ws000032

 朝突っ込んだ後は下ヒゲの長い陰線になっていましたが、陽線になってきたようです(ただオープニングをどこにとるかで陰陽は違うのですが)。

*いつも月曜の早朝シドニーでやる動きを今朝やったみたいですね。

*値幅的にはたいしたことないのですが、レベルがレベルなのでTVが騒いでくれて首相や亀井さんとか財務省と関係ない人々まで騒ぎ始めたので藤井さんもあせっているでしょう。自分の仕事を他人に口出されているのですから、でも自業自得ですね

*注文も様変わりで損切り売りは消え、損切りは買いだけです

+++++++++

*ただ円高騒ぎは短期筋には関係ないし、個人投資家も2000年からは通貨分散してドルより他通貨に投資、今年は他通貨は円安なので衝撃はないでしょう。

*貿易では輸出の60%が外貨で多くがドル建てなので損害は大きいでしょう

*円高になっても米(コメ)、小麦は自由に安く輸入できないので、あまりメリットはないでしょう。日本は対外純資産国なので円高は全体的にデメリットです。個別には海外旅行が安くなるとか勝手にいっていますが、個別はどうでも全体にはデメリットです。

*欧州がユーロになって固定相場の道を歩んでいるのに日本は進歩がないですね

*外貨を外貨で使えばいいだけです。これだけグローバル、ボーダレスな時代なのにワザワザ円に換えて為替差損というのも時代遅れの気がします。

*トヨタみたいに大会社なら自社にウオルマートやイケアでも誘致して外貨で商売してもらえばいいだけです。為替介入など不要になるし、こうすればドル売り圧力もなくなります。ネットショッピングもあるし差損を出さなければいいだけです。介入すると中国に笑われます。

*でもこういうことはあまり真剣には考えてくれないようです

*今晩もNYは休み気分で薄商いなので気をつけて

*今日はNYはブラックフライデーで、商売繁盛の日です

  今日からクリスマスへ向けてセールが始まり勘定が黒になるという良い意味のブラックです。株もアジア時間のダウ先物ほど下落していないようです

 ではまたメンテでも行ってきます。

良い週末を!!!

 

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

本日のアジア株…

本日のアジア株です。

091127_3
ベトナムのVN指数を除き、下落しました。

なかでも下落幅の大きかったのが、香港のH株指数とハンセン指数、韓国の韓国総合指数です。
H株指数では、資源・エネルギー関連の下落が大きく、紫金鉱業が9.778%、銅西工業が9.275%、中煤煤煙が7.216%、中海油田服務が7.151%下げています。ハンセン指数では、HSBCが7.594%下落しています。
韓国では、金融のKBファイナンシャル・グループが7.08%、ウリィ・ファイナンス・ホールディングスが1163%。建設関連のサムスン物産(サムスンC&T)が8.14%など金融、建設関連の下落が目立ちました。

一方、ベトナムのVN指数は1.66%上昇。ベトコムバンクが4.78%上昇し、ストップ高。また、情報通信のFTPが4.83%、油田採掘・保守のペトロベトナムドリリングが5%など、外国人投資家にも人気のある銘柄が大きく上げています。

それにしても、ベトナム以外にも、今日上がった市場があるものなのか…が気になったので、調べてみました。

091127_4

スリランカやマケドニア、ギリシャが上がっていました。スリランカは、ジム・ロジャーズが注目している市場…ということはわかりますが、マケドニアやギリシャはどんな市場なんでしょう?

21時50分過ぎの欧州株では、ドイツのDAX指数が0.07%、フランスのCAC40指数が0.25%上がっています。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンド円、ランド円、NY需給

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000031

Ws000030

| | コメント (0)

豪ドル円、NZドル円、NY需給

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000028 Ws000029

| | コメント (0)

ドル円、ユーロ円、NY需給

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000026 Ws000027

| | コメント (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

+++これからはメキシコ政策金利決定くらい+++

 来週は欧州幹部が中国を訪れ人民元に圧力をかける

*今夜もNYは短縮取引で指標もない。

*欧州の参加者やドバイ債務の話題で動こう

++++++それでは来週の簡単な指標と愚痴++++++++++++

(来週の予定)

30(月)EU中国首脳会議、NZ 住宅建設許可、日 鉱工業生産、平衡操作 英 GFK消費者信頼感指数、仏 PPI、香港 財政収支、英 消費者信用残高    マネーサプライ、ユーロ圏 CPI、南ア 貿易収支、加 鉱工業製品価格、GDP、米 シカゴ購買部協会指数

1(火) 中国製造業PMI、豪 住宅建設許可、豪中銀政策金利、スイス3QGDP、独 雇用統計、ユーロ圏製造業PMI確報、英 製造業PMI、ユーロ圏 製造業PMI、米 11月ISM製造業景況指数、建設支出、中古住宅販売保留

2(水)ユーロ圏 PPI、米 チャレンジャー社人員削減数、ADP雇用者数、ベージュブック

3(木)日 3Q法人企業景気予測調査、豪 小売売上、ユーロ圏サービス業PMI確報、英 サービス業PMI、ユーロ圏小売売上、 ECB理事会、トリシェ総裁会見、米失業保険申請、ISM非製造業景況指数
4(金)スイスCPI、 加 失業率、雇用者数変化、米 雇用統計、10月製造業受注 加 IVE購買部協会指数

++++++愚痴=事業仕分けを無駄にする経済政策の危うさ++++

*円高にすれば株が下がる。企業収益も悪化、個人の懐具合も悪くなる。景気が悪くなるので財政で対応する。税収は減少する。一生懸命「事業仕分け」やっても意味がなくなる

*円高にしたらこういうことは目に見えているので「藤井さん」を批判してきたが、今日はあわてて円高牽制コメントを出していたようだ。

*グローバルの時代だからトヨタなどは円に換えずに給与は外貨で払えばいい。

海外の小売を呼んで外貨で使えばいい。電気ガスももともと外貨で買っているので外貨で払えばいい。

*しかし民主党の経済政策は脆いものだ。事業仕分けは賛成するが、肝心なところはスタッフが弱い。

 と愚痴をこぼす。

   

| | コメント (0)

通貨危機11、ロシア通貨危機3

「通貨危機11、ロシア通貨危機3」

「超高金利政策」

キリエンコはルーブルの下落を防ぐべく強力な内閣を組織し、新興財閥(オリガルヒ)も為替レート維持の姿勢を見せるキリエンコを支持した。そして、資本の流出を止め、投資家を引きつけて国債を消化させるために、150%の超高金利政策を打ち出した。しかし、アジア通貨危機を経験した投資家の指向は既に「質への逃避」を起こしており、また、原油価格の低迷からロシア財政改善の兆しも見えず、結局資本の流出は止められなかった。この状況では、1998年中頃には、ルーブルを買い支える資金が無くなり、為替レートを維持する資金をIMFから仰ぐより他に無くなることは明白であった。

「IMF融資」

この様なロシアの財政危機は西側諸国にとっても不安の種となった。長期的に資金を注入する事は事態の解決にならない事は承知していたが、IMFの援助なしでは最早エリツィン政権が保たないものと思われた。更に、クリントン大統領の財務長官であるロバート・ルービン氏は、ロシアの崩壊から世界金融市場へ波及し恐慌に陥ることを恐れた(その時既に米国の主要なファンドの1つは余波を被って倒産していた)。結局、7月13日に226億ドルの緊急支援を承認した。

| | コメント (0)

通貨危機10、ロシア通貨危機2

「通貨危機10、ロシア通貨危機2

「経過」

それまでも財政が逼迫していたところに、アジア通貨危機の余波を受けて世界の景気が後退し、主要輸出産品の価格が下がった事が経済の悪化に輪をかけた。また、同じくアジア通貨危機を経て投資家の安全指向が高まり、金利は高いがリスクも高いロシア関連株よりも、安全な米国債等への資金の移動が起こった事も事態を悪化させた。そして、ロシアが一時的な混乱から直ぐに回復すると見たファンドの予想を裏切り、事態が悪化して行った事から、多大な損失を被ったファンドが倒産の危機に陥り、これも金融危機を拡大した。

「政変」

賃金支払いを受けられず困窮した炭鉱労働者は、1997年夏にシベリア鉄道を封鎖し、ロシアの広大な領土は数週間に渡って2分される事となった。彼らは賃上げ要求に加えてエリツィン大統領らの辞任も要求した。これをうけて、エリツィン大統領は1998年3月23日に、チェルノムイルジン首相と、その閣僚を突然罷免し、政治危機が高まった。エリツィン大統領は、それまであまり知られていなかった弱冠35歳の技術官僚であるセルゲイ・キリエンコを首相代行に指名したが、その若さと乏しい実績から、ロシア議会は2度にわたり拒絶した。エリツィンが議会解散をちらつかせつつ承認を求める対立状況が1ヶ月続いた後、4月24日にようやく議会はキリエンコを承認した。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBCはいいと思います

「BBCはいいと思います」

BBCは役に立つ情報源だ。昨日の早朝に「ドバイはヤバイ」という投稿をしたのはBBCのTVを見ていたからだ。

 日本でそれが広まったのは昨夜から今朝で1日遅れであった。時々はそのまま日本へ報道されないニュースも多い。

 もちろん早く知っても「早耳倒れ」という言葉もある。市場がいつ行動するタイミングも見極めないといけない。

ブル-ムバーグTVが終わってしまったのでBBCやCNNを見ているが、欧州だけではなく南アフリカの経済ニュースも多い。

 日本のニュースは我々が一早く知ることができるが、欧米のニュースは遅れて入手していることも理解しておきたい。

 BBCは日本語同時通訳もついている。また何回か同じニュースもやってくれる。政治や芸能スポーツもあるので国ごと知ることができる。

| | コメント (0)

来週も超充実の5イベント

「来週も超充実の5イベント」

一応主役は

30(月)EU中国首脳会議、

1(火)中国製造業PMI、豪中銀政策金利、

3(木)ECB理事会 

4(金)米 雇用統計

| | コメント (0)

「注目の古川内閣府副大臣

「注目の古川内閣府副大臣」

今日もいろいろな大臣らが為替についてコメントした。

おそらく以前ならコメントを控える職である亀井金融担当相も円高をけん制した。

このオジサンも我慢できなかったようだ。いろいろ批判があるようだがこのオジサンはリーダーシップでは飛び抜けている。ウジウジしていないのがいい。

さて何故朝の投稿で今日の焦点で取り上げていたかというと、たまに効く答弁とか発言を効いていても的を得た感じがしたからだ、まだ若いし財務相出身なのでひょっとしたら為替のことをいうのではないかと思っていた。

以下のコメントを発した

「古川副大臣:急激な円高の進行は望ましくない認識は政府内で一致」

ただ為替発言の窓口が多すぎる。行天さんが担当ではなかったのだろうか

窓口が多いことはディーラーにとってはうれしいのでどっちでもいいが。

亀井さんにもっと発言させてもいいし、ちょっとコントロール不足の為替行政

| | コメント (0)

ポンド円、ランド円、早めの夕暮れ需給」

「ポンド円、ランド円、早めの夕暮れ需給」

Ws000024 Ws000025

| | コメント (0)

豪ドル円、NZドル円、早めの夕暮れ需給」

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000022

Ws000023_2

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、早めの夕暮れ需給」

「ドル円、ユーロ円、早めの夕暮れ需給」

Ws000020 Ws000021

| | コメント (0)

ドル円続々報

ドル円続々報

 今度は売りの損切り

Ws000019

| | コメント (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法は、今暫く、ポジションを持たないことを示唆しています。

(この予測方法は、今の状況下で、明日の株価動きを高い確率で予測することができません)。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円続報

「ドル円続報」

*先ほどお伝えした86.40の損切の買いが執行、執行されれば一休み、

また86.50の売りが上伸をとりあえず抑えた

*現状は平凡となった

 以下86.40損切執行前と後の注文状況(13:30と13:45の比較)

Ws000017

Ws000018

| | コメント (0)

藤井さんそれ出してますよ

「藤井さんそれ出してますよ」

藤井裕久財務相は27日の閣議後記者会見で、「G7で何らかの声明を出すことも臨機応変な対応の一つだ」と述べ、G7緊急声明の可能性に言及した。

藤井さんそれ以前出してますよ、御省のホームページに出ています

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/g7_201027.htm

2008年10月27日
 7か国財務大臣・中央銀行総裁声明

我々は、強固かつ安定した国際金融システムが我々の共通の利益であることを再確認する。我々は、最近の為替相場における円の過度の変動並びにそれが経済及び金融の安定に対して悪影響を与え得ることを懸念している。我々は、引き続き為替市場をよく注視し、適切に協力する。

これは異例の円だけの声明であった。 このときは90円から100円までドル円は上昇した、一時的であったが。

円高は世界株価の下落サインなので「円安なら株上がりまっせ」とセールスすればG-7ものってくるだろう。


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィリップさんのコ-ヒ-ブレイク、風読記

「フィリップさんのコ-ヒ-ブレイク、風読記」

Ws000016_2

フィリップさんのブログ風読記にはコーヒーブレイクのコラムがあります

 今は為替のテストがあります。

やってみたら1問間違っていました。なんでだろ。

http://www.phillipfinancials.com/blog_3/index.html

TGIF

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、ランチ需給」

「ポンド円、ランド円、ランチ需給」

Ws000014_2 Ws000015_2

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

Ws000012_2 Ws000013_2 「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

Ws000010_2 Ws000011_2

| | コメント (0)

今日も損切り注文が相場誘導

「今日も損切り注文が相場誘導」

 ①今朝は86を割るときには損切の売りが多く

②85前半に下げたところで注文はほとんどなくなったが

お伝えした通り、85円半ばで推移していた時に86.0の損切買い注文が入り始めた。

仲値はたいしたドル不足ではなかったが薄いので上昇も速かった。ただいつものように損切りが終わると一休みした。

 ③現在も普通の注文より85.75と86.40の損切りが目立つ

以下は①、②、③の注文状況です。相場を主導しています

Ws000000

Ws000006_2

Ws000009_2

| | コメント (0)

ドル円、長い下ヒゲ、目が慣れず注文薄い

「ドル円、長い下ヒゲ、目が慣れず注文薄い」

Ws000008_2

*まだ85円台は慣れていないので荒い、86.0の損切り買いヒット

*注文が少ないうちは小さいポジションでいい。その分大きく動くので

*注文が増えれば増やしていけばいい

*仲値の不足も多くはなかったと思うが薄いので上げも速い

*さらに要人円高警戒で不安をあおった

*ただ10時台には介入の気配がなかった

*今日は9月末、10月初め以来の長い下ヒゲを出している

*注文は何もないが85.75の売りと86.40に損切り、これらが軸に。

Ws000007

| | コメント (0)

上海前の株価、 円高だと世界の株は下がる

「上海前の株価、 円高だと世界の株は下がる」

まもなく上海オープン

11月27日 10時    
NZ50X 3086.1 -47.21 -1.32%
豪AORD 4610.4 -117.2 -2.58%
日経 9207.76 -175.48 -1.80%
上海総合 これから これから  
NYダウ先物 10258 -184 -1.76%
       

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円、これから仲値

「ドル円、これから仲値」

*ドル円売り方もまだ安値に慣れていないので要人の円高けん制発言であわてて戻すことあり。

*動きが大きいので普段より小さいポジションで十分

*注文もご覧のように動きが激しいのでほとんどない。

*86.0に損切り中あり

*ただ買いが細いので注意

*NYダウ先物は-172ちょっとおさまっている気もするが引き続き要注意

*ここから仲値、金額小さくともはねやすい

*介入しそうもないが、仲値決定終了後30分くらいは気をつけたいWs000006_2

| | コメント (0)

介入は仲値後、少し気をつけたい

「介入は仲値後、少し気をつけたい」

介入は米国のOKが出るかどうかで諸々の縛りがあって難しいが

一応、仲値決定後30分は気をつけたい

| | コメント (0)

鳩山さんドル安でなくドル高ですよ

「鳩山さんドル安でなくドル高ですよ」

*昨日は鳩山首相は誰に言わされたか「円高ではなくドル安」としていたが

昨日実際はドル高円高

 あまりひねって考えずに円高か円安だけを考えて企業収益、雇用を考慮して対処すべきだろう

| | コメント (0)

NYダウ先物大幅下げ

「NYダウ先物大幅下げ」

アジアではあまり見られない-166で10276

| | コメント (0)

今日の焦点、日本月末指標、NY短縮取引

「今日の焦点、日本月末指標、NY短縮取引」

楽しい仲間達のブログ情報=今日は大山さんの新興国&トラベル情報です

シンガポール休場 米株式、債券短縮取引

6   NZ 10月貿易収支 (結果-4.87億NZ)
8   日10月CPI、失業率、有効求人倍率、家計調査、 小売統計、対内対外証券売買、

13   古川内閣府大臣会見
15   マーケットアイミーティング
16   独 10月輸入物価、 仏11月消費者信頼感

19   ユーロ圏11月消費者信頼感指数 、スイスKOF先行指数
20   加 3Q経常収支
23   メキシコ中銀政策金利

講演=古川内閣府大臣会見
決算= 整理回収機構、USEN、サイゼリヤ
外債外貨投信=大和証券投資信託委託 ブラジル・インフラ関連株ファンド 
    ピクテ投信投資顧問 ピクテ 次世代環境関連株投信マネープール バランス型
   ピクテ投信投資顧問 ピクテ 次世代環境関連株投信 国際株式型 
    バークレイズ・キャピタル・ファンド・ソリューションズ・ジャパンバークレイズ・グローバル・アルファ

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、朝市需給」

「ポンド円、ランド円、朝市需給」

Ws000004 Ws000005_2

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市需給」

「豪ドル円、NZドル円、朝市需給」

Ws000002 Ws000003

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、朝市需給」

「ドル円、ユーロ円、朝市需給」

Ws000000 Ws000001

| | コメント (0)

先ずは数字、株全面安

「先ずは数字、株全面安」

米株=休場

中国株=上海総合は3.26%の大幅下げ、香港上場の民生銀行冴ず、出口政策観測も重し

*米債券=休場

*原油=世界的株価下落で反落

金、白金=ロンドンでは中銀重要観測で上げるもユーロ下落で下げる場面も

穀物=休場

  11月25日 11月26日
原油 77.96 76.22 -1.74
1187.00 1192.10 5.10
CRB 278.41 休場 休場
ドルINDEX 74.27 74.80 0.53
コーン 408.00 休場 休場
大豆 1054.50 休場 休場
18.89 18.67 -0.22
パラジウム 369.00 364.00 -5.00
プラチナ 1471.00 1451.00 -20.00
       
JGB 1.30 1.28 -0.01
       
米10年債金利 3.28 休場 休場
米30年債金利 4.24 休場 休場
米株個別      
フォード 8.81 休場 休場
グーグル 585.74 休場 休場
シティ 4.17 休場 休場
VISA 81.79 休場 休場
ボーイング 52.93 休場 休場
NYDJ 10464.40 休場 休場
ナスダック 2176.05 休場 休場
上海総合 3290.17 3170.98 -119.19
FTSE 5364.81 5194.13 -170.68
DAX 5802.02 5614.17 -187.85
日経 9441.64 9383.24 -58.40

| | コメント (0)

ランド円も資源通貨下げに飲み込まれる

「ランド円も資源通貨下げに飲み込まれる」

Ws000016

*3QGDP強くCPIも落ち着いたが今日は株価が424下げ27065へ

*ランド円は一目の雲に届きそうな11.90レベルまで上げていたが資源通貨の売りに飲み込まれた

*ただ豪ドル円、NZドル円と違い、ボリバン下限の11.35までまだ余地あり

*ドルランドも他通貨でのドル買いの流れに7.32から7.52まで上伸、現在は7.49

*注文は

*売りが11.80から11.90で中、12.0から大

*買いは11.50から10銭刻みで大

*損切りはないWs000015

| | コメント (0)

失われた20年、 朝日新聞社

「失われた20年」 朝日新聞社

 勝ち組トヨタの赤字転落、ここで次の展望を考えずに内需拡大というだけの政策が現在とられている

*この書は雇用から金融まで日本は大きな危機にさらされ続けている

危機へと至る過程には必ず転換点が存在する。日本経済が変化の決断を下したその時

 何が起きていたのか、何が変わったのか、何が失われたのかを見据える

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NZドル、企業信頼感悪化、まもなく貿易収支

「NZドル、企業信頼感悪化、まもなく貿易収支」

Ws000014

*先週の野党党首のNZ高懸念以来、独自性なく豪ドルより弱く動く

*今朝はNBNZ企業信頼感指数が悪化した

*豪ドル同様ボリバンの下限を下抜ける

*一目の雲の下へは豪ドルに先んじて下落していた

*注文は

*売りは少々、損切りも少々

*買いは61.80以下に小さいものが続く

(予定)

27(金)NZ 貿易収支

12/9(水) 政策金利決定

Ws000013

| | コメント (0)

豪ドル円、設備投資悪化、雲下へ

「豪ドル円、設備投資悪化、雲下へ」

Ws000011

*豪ドル円は昨夜の投稿を引きずった

(昨夜分)

*豪ドル円はドル円の損切りに勝てず、ただまだ寄り引き同時程度の下げ。上ヒゲは長くなりそうなので明日は注意

そのまま一目の雲の下へ、ボリバン下限も下抜いた

*設備投資の悪化や売り介入の噂も下げを加速した

*注文は午後に損切り一層でなくなったが現在はまだ正常化せずイビツ

* 売りはないが(潜在的にある)

*買いは78.80と50に大

*損切りは買いはないが、売りが78.90、70.50に少々ありWs000012

| | コメント (0)

ポンド円、財務相の弱気3連発

「ポンド円、財務相の弱気3連発」

Ws000010

*ポンド円は11月18日-19日の下降ラインは生きており下落。雲から出ると一気に加速して下げた

*ボリバン下限も一気に抜けおちる(これでボリバンを放棄するかは確率論をとるかどうかということ)

*英FTSEも2%超下落でポンド売られる

*注文は細い

*買いが少々あるが、ポンド円ではあるうちに入らないだろう

*ダーリング財務相は失業率の悪化、景気刺激の継続、年末までに景気が回復するとは思っていないと弱気3連発

*今週はポンドの主要指標はもうない。

Ws000009

| | コメント (0)

ユーロ円、欧州株下げでユーロ安に

「ユーロ円、欧州株下げでユーロ安に」

Ws000006 

*たまに出る円高デー、たまにしか出ないが値幅は大きい。ただ昔ほどではない

*首相までが誰にレクチャーを受けたのか円高でなくドル安という

*ただ今日は円以外はドル高が進む

*ボリバン下限を下抜いている

*昨日の続きで24日、25日の下降トレンドに沿っている

*5日線は11月16日の133.31から下降中。

*欧州株下げ、株が下がると通貨も下がる効率的な市場

*タカ派の独連銀ウェーバー総裁はまた出口戦略を示唆。

*注文では

*売りが少ない。下げる時は往々にしてある

*買いは130.0が大、その下は129.0が大とたて込んでいない

*損切りは売りが130.0、129.0にあるので一応頭にいれておきたい。

*トレンドラインのサポートの7月8日-10月2日の130半ばを切ったあたり

(予定)

26(木)ユーロ圏マネーサプライ

27(金)仏 消費者信頼感指数、ユーロ圏消費者信頼感指数、スイスKOF先行指数

(講演など)
28(土)トリシェ総裁、アルムニア欧州委員、ユンケルユーロ議長

Ws000008

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

ドル円、下値メドはトレンドラインの平行移動

「ドル円、下値メドはトレンドラインの平行移動」

Ws000083 (チャートは日足、月足、年足)

*ドル円が動くとTVは報道してくれるが、2000年前後からは既に通貨分散が行われている。クロス円は朝投稿したようにもっと動いているがまったく報道されない。通貨分散している個人投資家はTVほど驚いていないだろう。個人投資家にとっては金利のないドル円は変動をとるディーリングカレンシーにすぎない。上がっても下がっても良いはずだ。

*ただ貿易は、輸出は6割がドル建てであり、その裾野も広がっているので影響は大きい。賃金低下、雇用悪化、なんといってもノーテンキな藤井さんだが、一生懸命「事業仕分け」で数百億円だそうと頑張っているのに円高で企業の収益減、すなわち数兆円単位の税収減につながり民主党の公約は果たせなくなる。民主党の代わりはいないのでどうなるか。藤井さんは国際協調というが他国は日本より為替変動に強い国である。

*そういうことを話すと時間が足りない。足元だが短期の人はリスク管理をしながらこまめにやるしかない。TVの報道とはまったく関係なく。

*下値メドは10月27日-11月12日の図のように下降ラインを下に平衡移動していく。

*それを月足でも年足でもやっている。年足だと下値のメドは80となるが、デイトレには関係がない。一応頭に入れる。

*イントラデイのP&Fを使えば動けばいくらでもポイントが出てくる。

*一目の雲から乖離しすぎていることと、ボリンジャーバンド下限から下抜けていることで戻る可能性も大きい

*明朝、日本の雇用統計があるが表面的にいい数字得れば気をつけたい。実際の雇用より良い失業率が出ることもある。今回のドル売りのきっかけは10月貿易黒字増。これも数字はいいが、日本に輸入する購買力がなくなっていること(輸入の大幅減継続)であった。

(注文)

*売りは86.80に大

*買いは86.50-30が大

*損切りは売り買い両方ある。ちょっとバランスがとれてきている。

*明日は雇用統計、CPI、小売統計などあり

Ws000084 Ws000085 Ws000086

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、NY需給」

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000081

Ws000082

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000079 Ws000080

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」
Ws000076 Ws000077

| | コメント (0)

夜はこれから、注文について

「夜はこれから、注文について」

今日は米国感謝祭、明日はブラックフライデー(お金が儲かる日)

NYは休みなので薄商いですが、米銀がいないNYで介入はどうするのでしょう 。EBSを使えば簡単ですが。

*さて最近思うことは注文状況がやはり相場のヒントを多くくれることです

たまには外れることはありますが、それはチャートがはずす確率よりも低いと思います

 特に損切りに相場が引き寄せられることは、銀行の注文以上です。

もともと銀行にくる注文はそれほど損切りは多くないのです

 輸出入業者は損切りは関係ないし、機関投資家や長期投資のヘッジファンドは損切りなど置きません。

 デイトレーダーも損切りは置かず自分で見ることが多いのです。

個人の注文の普通の注文に於ける損切りの割合は高いと思います

それが市場の短期ポジションの歪みにフィットしてあぶりだされてくるのでしょう。

10カ月くらいこの注文状況を見てそれなりにパターン化できてきた思います。

また有用なパタ-ンが出ればお伝えしたいと思います

 ++以下は今日の行事でした++++

8 日銀議事要旨(10月30日)
10 参院財政金融委員会
 
11 NZ 11月NBNZ企業信頼感指数 マネーサプライ
台湾3QGDP
13 
14 中小企業景況感調査
15 野田財務大臣会見
17 香港10月貿易収支
18 ユーロ圏10月マネーサプライ 南ア10月PPI
19 独 11月CPI
ルクセンブルグ中銀総裁講演、欧州委員会クルス委員講演
 
講演=野田財務大臣、ルクセンブルグ中銀総裁、欧州委員会クルス委員
決算=ビックカメラ
外債外貨投信=東京海上アセットマネジメント投信 アジア中小型

| | コメント (0)

金急騰と淡路島、確かに

「金急騰と淡路島、確かに」

*インドやスリランカも金を買うようで中銀がこぞって金買いに走る思惑で金が1200ドル近辺へ、IMFの差益は?

*1988-1989年にウィッシュのダイゴさんのおじいさんである竹下大臣が各市長村に1億円ずつ配ったが津名郡津名町(現淡路市) は1億円分の金塊を買った。

当時の金のレートの1億円分、62.696kg。金の高騰により2008年8月現在では、1億9000万円以上の価格がついているが、2000年代前半までは赤字だった。とか書いてある

*今は?儲かっている、確かに

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (1) | トラックバック (0)

通貨危機9、ロシア通貨危機1

「通貨危機9、ロシア通貨危機1

「ロシア通貨危機」1998年

ロシア財政危機とは、ロシアの財政が悪化したところへアジア通貨危機の余波も受けて発生した債務不履行(デフォルト)並びに、一連の経済危機を指す。狭義には、1998年8月17日にキリエンコ政府並びにロシア中央銀行の行った対外債務の90日間支払停止と、これに起因するルーブル下落、キャピタル・フライトなどの経済的危機を指す。

広義には、それ以前から各種の要因でロシアの財政が逼迫し、債務支払い停止を経て資本の流出、ルーブルの下落を見たロシア国内の経済混乱、並びに、金融不安に伴う株価下落、投資方針を量から質へ転換した資本の移動、ヘッジファンドの倒産など、世界経済が受けた影響を指す。

「当時のロシア経済の状況」

ロシアの貿易は、輸出の80%を天然資源(石油、天然ガス、金属、木材)に依存した。これは、世界経済の状況に影響されやすく、世界的デフレで当時物価が下落しつつあった状況下で財政は悪化しつつあった。殊に、原油価格の下落に伴い、輸出原油からもたらされる税収が減少したことが、ロシア政府の財政を極度に悪化させる事になった。経済状況の悪化を反映してルーブルも下落し、また、脱税が蔓延して政府の収入が減る一方で、賃金、年金、各種サービスへの支払い、などに充てる財源はなく、結局これらの支払いを一時停止したり、ルーブルではなく現物支給を行う等してしのいでいた。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドバイの資金難とバーニーズやQ2

「ドバイの資金難とバーニーズやQ2」

*アラブの王様には破たんはないと思っていたがドバイワールドが資金難に陥っている

*イスティマルという子会社が巨大客船クイーンエリザベスを買ったり、ユニクロと争ってバーニーズを買ったのだが「驕れるものは久しからずか」

(写真=ドバイが買ったP1000040大桟橋の QE2と山下町のバ^ニーズ)

P1000026

| | コメント (0)

通貨危機8、アジア通貨危機その7、まとめ

「通貨危機8、アジア通貨危機その7、まとめ」

「まとめ」

アジア通貨危機は関連諸国の経済を崩壊あるいは打撃を与えただけでなく、インドネシアのスハルト政権やタイのチャワリット・ヨンチャイユット内閣を失脚させた。のみならず、ジョージ・ソロスらヘッジファンドやIMFを始めとした反欧米感情を招いた。アジア経済に対する不安感を招き、投資対象としての中国の台頭をも生んだ。さらに、ユーロダラー(通貨でなくマネーとしての) は「質への逃避」を起こし、ことごとくアメリカへ回帰。新興市場への不信感からロシア財政危機、ブラジル危機をも招いた。

また、アジア諸国では外国からの資本導入にあたり、IMFの推進してきた資本移動の自由化の下で、比較的短期の物を導入していた事も、問題拡大に繋がったと指摘されている。経済的に不安が生じた場合に流動性の高い資本が急速に流出し、傷口を広げたとされる。加えてIMFが融資の条件として景気後退期に緊縮財政や高金利政策を課したことが危機をより深刻なものとしたとの評価もある。

東南アジア諸国の経済成長システムが1990年代のアメリカ経済成長システムと著しく似通っていたのが根本的な危機の要因であるとの評価もある。同じ投資過熱を起こす国であるなら、より信用のあるアメリカへと資本が逃避することになるため、東南アジア諸国の成長システムは経済のバランシングにより破壊されることになったとの見解もある。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪介入の噂があったらしいが

「豪介入の噂があったらしいが」

豪ドルの介入の話があったようだが

豪中銀はやればおそらく公開するし

記録も以下のように1カ月ごと発表しておる

ここのところ豪ドル売りドル買い

Mar-08 295
Apr-08 305
May-08 336
Jun-08 875
Jul-08 300
Aug-08 307
Sep-08 407
Oct-08 -3150
Nov-08 -134
Dec-08 1102
Jan-09 383
Feb-09 229
Mar-09 718
Apr-09 512
May-09 1433
Jun-09 1943
Jul-09 705
Aug-09 576
Sep-09 830
Oct-09 307
Nov-09
単位米ドル MIO
マイナスが豪ドル買い
プラスは売り

| | コメント (0)

日本株日誌

「日本株日誌」

9383.24(-58.40、-0.6%)

*9400円を終値で割るのは7月17日以来4カ月ぶり

*14年振りの円高で輸出企業に売り、トヨタ、ホンダ、キャノン、ソニ-など

*円高で潤うニトリ、ABCマートに買い、商社も買い

*年金のPKO観測あり

*中国株の下げも影響

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鳩山さんの9億円献金疑惑は

「鳩山さんの9億円献金疑惑は」

政治のことはよくわからないが9億円献金疑惑とは何なのだろう

*母親からお金をもらうとだめなのか

1.直接もらえば贈与税の脱税

2.政治資金なら上限150万(105万?)を超えているから違反

3.貸付金なら証拠書類必要

 退任に追いこむほどの事件なのだろうか。

 代わりは、相場は、すぐに相場と結び付ける

 日本の事件でも最初に英語で流れると過剰反応する人がいるので注意したい

| | コメント (0)

ポンド円、ランド円、夕暮れ需給

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」
Ws000054 Ws000055

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000052 Ws000053

| | コメント (0)

ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

Ws000050 Ws000051

| | コメント (0)

株=豪は設備投資で、NZは賃金上昇で信頼感で下落

「株=豪は設備投資で、NZは賃金上昇で信頼感で下落」

*豪株=4727.60(-13.4、-0.28%)

*NZ株=3127.31(+11.92、0.38%)

豪は設備投資が悪化で下落

前回 +3.3%
予想  +1.0%
今回 -3.9%

*NZはNBNZ11月企業信頼感指数が43.4と10月の48.2から下落するも

 2Q家計収入が+5.6%、賃金が+7%となり小幅高

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fed Fund Future:水谷

フェッド・ファンド先物の買い基調(金利低下)の動きも、若干調整局面の利食い売りもそうなチャートです。

Fedfundfuturenov26 3月限のチャートですが、現在99.84(0.16%)とFed Fund誘導目標圏内。安心してドルを調達原資にできる水準です。

金相場が1195ドル近辺まで来ています。1200ドル(1オンス)ではコールオプションが控えています。これは1000ドルを付けた場合に見られたものと同じです。1200をタッチすれば、もっと勢いがつくのではと思います。そうなるとユーロ買いが加速。ユーロ/スイスが1.50ミドルとSNBが介入してもおかしくない水準です。スイス売り/ユーロ買いの為替介入が出るかこれからの焦点です。それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

上海、香港株は出口、供給過多で下落

「上海、香港株は出口、供給過多で下落」

上海は現時点で3194.74、-95.67、-2.9%

香港は22246.96、-363.84、-1.62%

*上海は相変わらず流動性引き上げ、銀行資本増強、利上げの話などが出たり入ったり

*香港は大規模上場の「民生銀行」が下落

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

損切りがなくなると止まる

「損切りがなくなると止まる」

損切りがなくなると止まるのも相場である

また煮詰まるのを待ちたい

| | コメント (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法は、今暫く、ポジションを持たないことを示唆しています。

(この予測方法は、今の状況下で、明日の株価動きを高い確率で予測することができません)。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ランド以外ペンペン草も生えない注文状況=ラストサイクル

「ランド以外ペンペン草も生えない注文状況=ラストサイクル」

 *注文状況での大損切り大会を終え現状の注文はランド円を除くと

草木も生えない状況です

*ポジションメークー相場変動ー利食いー損切りー荒れ地のサイクルのようです

今週はこの注文の変化が相場の変化となったようです

注文は一種のチャートです

また活況がくるでしょう。起承転結みたいなものですね(以下、不毛地帯になった注文、ランド以外)

Ws000044 Ws000045 Ws000046 Ws000047 Ws000048 Ws000049

| | コメント (0)

念のため介入ポイント

「念のため介入ポイント」

*ここで介入すると藤井さんのプライドガタ落ち、また中国に「何もいえねえ」となるが

一応介入の想定、でもやるとやはり中国に徹底的にバカにされそうだ。ユーロ圏はまったく介入していないし。

*それでも想定

 *投機筋が狙ってくるのはやはり薄くなる3時半以降。日銀の縄張りは夕刻5時頃から6時頃

*それ以降はBOE、ECBの縄張りで委託介入となる。委託ではあまり大きな金額とならない

*今日はNY休み、介入はやりにくい。

*介入銀行が遅くまで残されているかどうか。ただ強制的には残さない(タテマエ)。

++++++

早朝介入もやりにくい。豪中銀とは委託介入できる関係だと思うが

*通常だと仲値以降、仲値前だと結構ヤル気。

*いつやるか個人ではわからないがプライスアクションを凝視するしかない。

 やったと思ったらちょこっと乗る。外れたらすぐやめるポイントは準備しておくこと

*やりだしたら、数度やってくるのでできれば2回目くらいの気配で買いたい

*まあ可能性は低いですが何事も準備

*為替には政治主導というやり方はそぐわない。

役人にまかせたほうがいい。

 でも円高でマニフェストは飛んでいきましたね。

輸出企業を赤字にするとバチがあたる。

 為替ディーラーはそんなことは気にせずバンバンやりましょう=内需拡大

(介入については入門編で何度か書いていますのでお時間あればご覧ください)

| | コメント (0)

豪ドル円は損切りなくなる

「豪ドル円は損切りなくなる」

11:45には80.50と80.0に大きな損切りがあったがすべて執行

現在は79.80と79.50の大きな買い

 ただ

また79.50の損切りの売りが少し気になる。ひきつけられるだろうか(以下13:15と11:45の注文)

Ws000043

Ws000037

| | コメント (0)

ドル円は残り86.50の攻防

「ドル円は残り86.50の攻防」

Ws000042

| | コメント (0)

ドル円何もなくなり動きにくい

「ドル円何もなくなり動きにくい」

ドル円何もなくなり動きにくい、一人相撲注意、今度は小さくやる

ただ上海、日経の下落は引き続き注意

大型上場の「民生銀行」も消化できず(香港市場)

Ws000041

| | コメント (0)

豪ドル円下落:津田

豪ドル円は本日の高値81.50近辺から80.00近辺まで急落。

野村さんの言われたドル円のストップロスと午前中発表されたQ3民間設備投資-3.9%のインパクトで豪ドル米ドルが急落した、二つの相乗効果のようです。

下値ターゲットは11月1日の79.50近辺となります。

ではでは

ジョー


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

残念ながら先ほどの損切りが執行

「残念ながら先ほどの損切りが執行」

87.15-86.70まですべて損切りの売りが執行された

参考

先ほどの損切り表↓

Ws000035

| | コメント (0)

中国の為替規制

「中国の為替規制」

 ブラジル同様に中国にもお金が集まってしかたがないのだろう

ブラジルは課税に踏み切ったが株価はまた上昇している。

中国も国外の個人および組織に対し、4つ以上の中国の個人口座に1日の間に、もしくは連続する数日にわたり外貨を送金することを禁止するなどの規制を行う。

  無秩序な外貨資金の流出入を取り締まる。

  

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円少し損切り、ランド円健闘、ランチ需給

「ポンド円少し損切り、ランド円健闘、ランチ需給」

Ws000039 Ws000040

| | コメント (0)

豪ドル円も損切り、NZドル円平凡、ランチ需給

「豪ドル円も損切り、NZドル円平凡、ランチ需給」

Ws000037 Ws000038

| | コメント (0)

ドル円形変わらず 、ユーロ円まだ買いある、ランチ需給

「ドル円形変わらず 、ユーロ円まだ買いある、ランチ需給」

Ws000035 Ws000036

| | コメント (0)

日本は1勝7敗

「日本は1勝7敗」

通貨の強さは貿易加重平均とか物価を考慮した実効為替レートもあるが

為替ディーラーにとってはただ単純に比較したほうがいいだろう。

今年の円はここまで、まだ勝負は決まっていないが、円はドルには勝っているが他の球団(国)には負け越しである。円高ちゃうねん、円安でんねん。

 もちろん売ったり買ったり為替の特性を生かして売買する人は関係ない

株は全敗だろう

  始値 今朝 変化率%
ドル円 90.89 87.37 -3.52 -3.87 ドル円
ユーロ円 127.49 131.98 4.49 3.52 ユーロ円
ポンド円 134.16 145.87 11.71 8.73 ポンド円
カナダ円 74.46 83.25 8.79 11.80 カナダ円
豪ドル円 64.13 80.85 16.72 26.07 豪ドル円
NZドル円 53.05 63.43 10.38 19.57 NZドル円
スイス円 85.45 87.6 2.15 2.52 スイス円
ランド円 9.51 11.86 2.35 24.71 ランド円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪ドル相場と”おくりびと”関係ありませんが:津田

市場は相変わらずドル安リスクアセット高が続きますね、、、この流れが来年向けて更に増幅されていくのか、それとも年末のポジション調整が入るのか?どっちつかずというよりは、どちらか“白黒ハッキリ相場”となるのでは??その流れを見極めてから“年内もう一勝負”でしょうか?

昨日RBAのバッテリーノ副総裁は講演で『資源投資ブーム・急速な人口増加・世帯収入の伸びなどから新しい経済成長の局面がこれから2-3年は続くだろう』と述べています。最近のRBA筋のコメントからは豪州経済が他国の不透明感をよそに、順調な景気回復の軌道に乗り、今回の金融危機は「世界金融危機ではなく北半球金融危機ではなかったか??」との強気な言葉も聞かれます。
しかし本日発表になった第三四半期の民間設備投資(CAPEX)は市場予想+1.0%に対して
-3.9%(前回は+3.3%から+2.1%に下方修正)と大きく落ち込み、一部で予想された第三四半期の設備投資の落ち込み懸念が現実のものとなった形。商品相場高と金利先高観により豪ドルブルセンチメントが広がっていますが、若干速度超過の感も否めません。

さて相場の話はこのくらいにして、実は少し前こちらの映画館で観た米アカデミー賞受賞作「Departures(おくりびと)」の話を少々。本作品は今年2月の米アカデミー賞で外国語作品賞のオスカーを手にし、世界65カ国で公開されたとのことで、“百聞は一見に如かず”で観て参りました。まずびっくりしたのは、大型館の横の小ぶりの会館で上映されたとはいえ、ほぼ満席状態。しかもあちらの世界にかなり近い(失礼)OZ(オージー=豪人)の老夫婦がほとんどという異様な(失礼)光景でした。やはり“死”というものは万国共通、万人共通の題材であるということでしょうか?それでまた思ったのは、本作品は部分的に結構コミカルな仕立てになっていますが、OZの老人観客にも関わらず、日本人の我々と笑いのポイントが全く同じという事実にびっくりしました。
たとえばオカマさんの死体を清めるシーンで主人公が「この人、物が付いているんですけど、、、」に間髪いれずドッと笑いがきます。また主人公が葬儀屋のプロモーションビデオの死体役を演じるあたりや、山崎努さんがフグの白子を食べながら「生き物は生き物を食って生きている。生きる気なら食うしかない。どうせ食うならうまい方がいい」などという場面でもドッときていました。
まあしかし、基本的に火葬が行われる日本では“灰になる前の最後の正装”という意味であり、よりインパクトがある儀式なのでしょう。ただキリスト教がメインの当地でも、教会での葬儀において、大概は“final view”と称して正装した死者に会葬者全員が(希望しない場合は除く)最後のお別れをする儀式があります。したがってこちらにも“納棺師”的な職業はあるものと思われます。
いずれにしても洋の東西を問わず、とかく重くなりがちなテーマを軽妙に描いた当作品はOZにも受けたことはまちがいありません。終わった後で、しんみりするよりは、むしろさわやかな笑顔の老夫婦の顔が印象的でした。
ではでは

ジョー


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、まだ損切り多し

「ドル円、まだ損切り多し」

Ws000033

*昨夜はNY市場が始まった時点で損切りの買いも少し入り始めて下げ止まったが

 今朝はまた損切りの売りが増えている

*87.15-05は中、87.0が大、その下もある

*買いは87.20と87.0が大

*売りは87後半だが小さい

*損切りの買いは87.50で小

*野田財務副大臣は「介入は今のところ考えていない」と発言、古川内閣府副大臣は円高行き過ぎは注視

*人民元切り上げを望むところ円売りしては中国に笑われるか、笑われても景気を良くしたいかあるいは世間体(世界)を考えるか、藤井さんは内弁慶だから後者か

*民生銀行上場の香港株を注視したい

*ただ現在ボリバン下限を下抜いている

(予定など)

26(木)日銀議事要旨、中小企業景況調査

27(金)日 雇用統計、全世帯家計調査、CPI、小売売上

+++(外債)

26(木)東京海上アセットマネジメント投信 アジア中小型成長株
27(金)大和証券投資信託委託 ブラジル・インフラ関連株ファンド 
ピクテ投信投資顧問 ピクテ 次世代環境関連株投信マネープール バランス型
ピクテ投信投資顧問 ピクテ 次世代環境関連株投信 国際株式型 
バークレイズ・キャピタル・ファンド・ソリューションズ・ジャパンバークレイズ・グローバル・アルファ

+++(決算)
26(木)ビックカメラ
27(金)USEN、サイゼリヤ

Ws000034

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪 指標悪化

「豪 指標悪化」

豪・3Q民間設備投資

前回 +3.3%
予想  +1.0%
今回 -3.9%

で豪ドルドルは0.9280から一時0.9260まで下落したがまた戻す

| | コメント (0)

豪NZ株上昇、日経下げ、香港上場圧力

「豪NZ株上昇、日経下げ、香港上場圧力」

 昨年も日本株はボロボロ(高値は1万5千円)、今年も世界で唯一マイナス圏で終わるのは恥ずかしい

 今年は8991円スタート。

円高で財政赤字膨張(景気対策と税収激減で)、それに株価も下落。

メリットは海外の物が安く買えることだが、高関税やガソリンの臨時税でブロックされる

海外旅行が安く行ける、でもNZへの旅行者は2003年から半減。

 頑張りましょう。好不況に関係ない為替で儲けるしかない

 

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日はNY黒字デー、その他諸々

「明日はNY黒字デー、その他諸々」

仲値なし=NY感謝祭で仲値決済はほぼなし

*民生銀行上場=香港市場最大の上場、今年は上場ラッシュ、さらに創業版(中国版ナスダック)スタートなど供給多いが、株価は70-80%上昇

最近は官僚会見なしで、ちょっと市場から遠ざかっている政治家がコメントする、いいのか悪いのか

NY休みなので薄商い注意、明日はブラックフライデー、(セールが始まるので帳簿が黒になることーいい話、暗い話ではなく、黒字の話)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の焦点、財務省コメント、日本株、香港株

「今日の焦点、財務省コメント、日本株、香港株」

楽しい仲間達のブログ情報=今日はシドニ-津田さんのオセアニア情報です
 

    米国感謝祭、明日はブラックフライデー 、民生銀行上場(香港)

8     日銀議事要旨(10月30日)
10    参院財政金融委員会
 
11    NZ 11月NBNZ企業信頼感指数、 マネーサプライ
    台湾3QGDP

14    中小企業景況感調査
15    野田財務副大臣会見
17    香港10月貿易収支
18    ユーロ圏10月マネーサプライ、 南ア10月PPI
19      独 11月CPI
     ルクセンブルグ中銀総裁講演、欧州委員会クルス委員講演
 
講演=野田財務副大臣、ルクセンブルグ中銀総裁、欧州委員会クルス委員
決算=ビックカメラ
外債外貨投信=東京海上アセットマネジメント投信 アジア中小型成長株

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字、株債券商品、為替以外は落ち着き

「先ずは数字、株債券商品、為替以外は落ち着き」

*米株=新規失業保険申請数減少を好感。雇用が重要課題であるから

*中国株=民生銀行上場を控え買いが出なかったが、銀行増資の話が進展せず買い戻される

*米債券=7年債入札好調で買われる

*原油=週間在庫統計で在庫が市場予想を下回り買われる

*金、白金=ドル下落、スリランカ中銀が金を買うが、他中銀の買い思惑もあって上昇、白金も上げる

*穀物=原油、株式市場の上昇で連れ高

  11月24日 11月25日
原油 76.02 77.96 1.94
1165.80 1187.00 21.20
CRB 272.26 278.41 6.15
ドルINDEX 75.11 74.27 -0.84
コーン 392.00 408.00 16.00
大豆 1046.00 1054.50 8.50
18.53 18.89 0.36
パラジウム 365.00 369.00 4.00
プラチナ 1445.00 1471.00 26.00
       
JGB 1.29 1.30 0.00
       
米10年債金利 3.31 3.28 -0.03
米30年債金利 4.25 4.24 -0.01
米株個別      
フォード 8.81 8.81 0.00
グーグル 583.09 585.74 2.65
シティ 4.21 4.17 -0.04
VISA 80.62 81.79 1.17
ボーイング 51.97 52.93 0.96
NYDJ 10433.71 10464.40 30.69
ナスダック 2169.18 2176.05 6.87
上海総合 3223.53 3290.17 66.64
FTSE 5323.96 5364.81 40.85
DAX 5769.31 5802.02 32.71
日経 9401.58 9441.64 40.06

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、朝市需給」

「ポンド円、ランド円、朝市需給」

Ws000030 Ws000031

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市需給」

「豪ドル円、NZドル円、朝市需給」

Ws000028 Ws000029

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、朝市需給」

「ドル円、ユーロ円、朝市需給」

Ws000026 Ws000027

| | コメント (0)

ドバイがヤバイ

「ドバイがヤバイ」

 BBCがドバイの債務問題について報道している。CDS市場でドバイ債のスプレッドが上昇しているようだ。デフォルトに対する保証コストが高まっている。

ドバイとその関連企業は来月43億ドル、来年1Qに49億ドルの満期がある。これらの債務の返済方法について、ドバイが公表していないことが背景。

| | コメント (0)

ドル円注文グチャグチャ

「ドル円注文グチャグチャ」

売り買い交錯

損切り交錯

ロングもショートもいろいろ

Ws000025

| | コメント (0)

ドル円続報

「ドル円続報」

*なんとか23:26投稿通り一休みとなりました。休んでいても仕方ないですが、87.50あたりはまだ不安な動きなるも損切りの買いも出てきていたし、TVでも円高円高と叫んでいたし。

*ドル円の注文は先ほどと変わらず。87.75の損切り買いは消えて88.0に移ったよう。87.40以下は損切り売りあるも株上げで執行猶予。

* ここからはNYの本領相場で7年債入札もあり、

*英語のニュースで藤井さんが人民元が安すぎるとコメントしていると報道

円高でなくドル安とか、人民元とかピント外れのおじさんですね、でももう人生修正する年でないし、私もそうですが、仕方ないですね。「おふくろさん」(森進一さん事件)の方を思い出します。年寄りはこんなもんです。

* NYダウは小幅上げ、債券は若干売られ(利回り上昇)、金小幅上げ、原油小幅下げ

*為替の動きは株には何も影響なし(ただこれくらいの相場の動きっていつも普通ではなかったか)

 ではNYの人より働かないでください。ほどほどに、相場は毎日ありますから

Good Night

| | コメント (0)

横浜大桟橋物語

「横浜大桟橋物語」 客船とみなと遺産の会編、JTB

 写真と絵がふんだんに使われている楽しい本。

大桟橋の歴史を通じて横浜について考える。野心家達についても語る。

 原三渓、神風楼の伊勢楼粂蔵、絵葉書のカールルイスなど

 波止場や桟橋が整備されるにつれ栄枯盛衰を放つ街

客船と船会社、ホテル、遊郭、フランス波止場、象の鼻波止場、赤レンガ倉庫などについても語られている

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アは動じず、COSATU吼えるが

「南アは動じず、COSATU吼えるが」

Ws000023

*今日は10月CPIの発表があり、苦節漸くインフレターゲットの3%-6%のレンジに入った。5.9%。

*ランド円は小幅陽線、ドル円での出来事はなかったかのよう

*昨日の予想以上の出来のGDPも寄与

*まだ一目の雲の下にあるが11.94で雲入り、12.15で雲の上に出る

*南アの3QGDPは予想の+0.5%より強い+0.9%(前期比年率)となった。17年ぶりのリセッションから脱却した。製造業が持ち直し、同国で来年開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)に向けた道路や鉄道、競技場への公共投資が景気回復につながった。

  OECDが19日発表した経済見通しによれば、南ア経済は今年マイナス2.2%となった後、来年は2.7%のプラス成長になると予想されている。

*売りは12.0、12.10、12.20が大

*買いは11.70以下10銭刻みで大。

*損切りの売り買いはない

COSATUは1ドル=10ランドを要求、超過激組合ですから。利上げをしようとしても2%利下げを要求、インタゲ廃止も要求

*ただ南ア株は小幅上げ+82で27460

*金、白金など小動き

 次回政策金利決定は12月17日である。

Ws000024

| | コメント (0)

NZ、豪の影を踏まず

「NZ、豪の影を踏まず」

Ws000021

*豪ドルよりワンランク下で推移

*政府・中銀・野党党首までNZ高を懸念するものだから。

*一目の雲から少々かい離、ボリバンに沿って下落

*NZドルドルは雲中にここでも雲の上の豪ドルに出遅れ

*注文は

*売りは少々、損切りも少々

*買いは63.50と63.0が大、いかにも長期保有的

(予定)

26(木)NZ NBNZ企業信頼感指数

27(金)NZ 貿易収支

12/9(水) 政策金利決定Ws000022

| | コメント (0)

豪ドル円、一目の雲へ、指標は強いが円の損切り強し

「豪ドル円、一目の雲へ、指標は強いが円の損切り強し」

Ws000020

*豪ドルドルはここ最近の、また今朝の指標の強さで上昇。

*豪ドル円はドル円の損切りに勝てず、ただまだ寄り引き同時程度の下げ。上ヒゲは長くなりそうなので明日は注意

*豪のファンダメンタルズは変わらず

*5日線はまだ下向き。

*ボリバンの下限は切らず、一目の雲には入る

*注文はまだ正常化せず

* 売りは81.50の中だけ

*買いは81割れから厚くなってくる

*損切りはポンド円同様、売りが少々あり

Ws000019

+++以下は過去投稿+++

*今朝も豪指標は改善した。豪株も上昇、ただ豪ドルドルは全体的なドル高、リスク回避の動きもあり伸び悩み。その中で豪の経済指標は依然好調である

*11月技術職求人は前月比+2.4% 、7年ぶりの高水準

*3Q建設工事も+2.2%でさらに2Qが-0.1%が+4.5%へ上方修正

 株は小幅高である

朝方、豪中銀バッテリーノ副総裁は

「豪の貿易相手国のアジア経済は急速な回復期にある」「豪には人口の急速な伸びがある」
「建設業、鉱山業中心に家計の所得は増加している」「家計の所得増は住宅需要を下支えする」「労働はひっ迫している」などど発言した。

これは従来の政府中銀コメントを踏襲している。

+++昨夜のコメント、時間があればどうぞ+++

*昨日の自動車販売良く、今日の景気先行指数もなんとかであったが上海株の大幅下げ、また今、NYダウ下落でリスク回避で売られている

*またボリバン下限、一目の雲上限まで落ちてきている

*やはり命運は中国に握られている。その中国が世界中から人民元切り上げや利上げ(世銀)、また銀行の資本増強を求められてプレッシャ-を感じている

*でもそれなら日本の二の舞となるのでまた手を打ってくるだろう

*中国の話になってきたが、次の焦点は12月1日の政策金利決定

11月25日に9月ABS建設工事受注

  26日に11月設備投資

  30日にTD-MIインフレ指数

12月1日の金利決定直前に10月住宅建設許可がある

| | コメント (0)

ポンドドルは強いが、円の損切りに敬意でポンド円小安い

「ポンドドルは強いが、円の損切りに敬意でポンド円小安い」

Ws000018

*ポンドドルはそれなりに強いが、今日はドル円の88.0の損切りの買いが効いたのだろう

*3QGDPは予想通りであったが事前に盛り上がり反落。ポンドドルは11月18日-19日の下降トレンドラインを上抜いてしっかり

*ポンド円は11月18日-19日の下降ラインは生きており下落。雲に踏みとどまれるか瀬戸際

*ボリバンはちょっと下抜いているので深追いは注意

*注文は売り買いともに細い

*146台の売り小さい、147から漸く中

*買いは145前半から、薄いので注意

*損切りは買いがなく、売りが145台に少々

これで今週はポンドの主要指標終わりか。

Ws000017

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

ユーロ円、下降ライン上抜けず、雲届かず

「ユーロ円、下降ライン上抜けず、雲届かず」

Ws000015

*NYダウは小幅マイナススタート、プラス圏、マイナス圏を行ったり来たり

*ユーロドルはIFO改善で続伸していたがGFK消費者信頼感は悪化でやや陰り

 ポルシェの赤字決算などもあった。ユーロドルはボリバン上限で反落

*ユーロ円はやや下げてボリバン下限へ、一目の雲に戻れず

*5日線下向き、11月11日-12日の下降ライン生きている

*注文では

*売りが少ない。下げる時は往々にしてある

*131.80と132以上で中程度

*買いは131.50以下はコンスタントに中から大あり

*損切りはない

*トレンドラインのサポートは7月8日-10月2日の130半ばである

(予定)

25(水)独 GFK消費者信頼感指数

26(木)ユーロ圏マネーサプライ、独CPI

27(金)仏 消費者信頼感指数、ユーロ圏消費者信頼感指数、スイスKOF先行指数

(講演など)
28(土)トリシェ総裁、アルムニア欧州委員、ユンケルユーロ議長

Ws000016

| | コメント (0)

ドル円、まだ損切り続くが一休み

「ドル円、まだ損切り続くが一休み」

Ws000013

*ドル円は昨日から増えていた88.0の損切りの売りを執行し、続々と87後半の損切りの売りも執行していった(注文状況参照願度=注文情報はチャートと同じくらい重要なのだろう)

*現在も87.0に損切りの売りの大があり、87.30を中心に中程度のものもある

*損切りに引き寄せられるパターンは続く

*ちょっと一休みしているようですぐにはトライしないだろう。

*珍しく損切りの買いも小さく入っている

驚いたのはNYダウ先物や欧州株も中国株、日本株同様に上げていることだ

*為替だけ動いたようだし、クロス円はそれほど動いていない。特にロシアの外準運用候補のカナダ円やランド円は動いていない。

円高は損切りと強いて言えば日本の貿易黒字の拡大、デフレ宣言するも対応策がないことだろう

*ドル円はボリンジャ-バンドを下抜いたがまた戻る場面も出てこよう

*ただ88後半で売りが朝かぶさってきている形にまたなるかどうか、今はそうではない

*デフレ宣言するも、藤井大臣、白川総裁もしらんぷりであったが経団連会長が円高で悲鳴を上げているので、何か対応の可能性あり。以前なら官僚が対応していたが政治主導主導の時代。藤井さんは為替経験ないので対応が遅れているのだろう

*ただ全面円高でないことは確かである。Ws000014

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、NY需給」

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000011 Ws000012

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000009 Ws000010

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000007 Ws000008

| | コメント (1)

夜はこれから

「夜はこれから」

*今夜は米国も他耐久財受注など中程度の重要さの指標がいくつか発表される。7年債の入札も注目したい。

*昨日とは一転アジアでのダウ先物も気持高い、日経(6日ぶり)や中国株も上昇

*金は1170ドルのせ。

*今夜はエネルギー在庫統計も発表され原油価格へ影響しよう

バイデン米副大統領の首席経済顧問ジャレッド・バーンスタイン氏は24日、オバマ政権の総額7870億ドルの景気刺激策の後半部分が今後数カ月以内に同国経済に行き渡る中で、さらに雇用が創出されるだろうとの見解を明らかにした。同氏はワシントンでの記者会見で、米失業率は「依然として受け入れられないが、正しい方向に進んでいる」と述べた。 

  ( )は予想

21   米 住宅ローン借り換え申請
22   米 10月耐久財受注(+0.5%) 新規失業保険(50.0万)、米10月個人所得(+0.1%)支出(+0.5%)、PCEデフレーター(+0.1%)、
23   ミシガン大消費者信頼感指数確報 (67.0)
24   米10月 新規住宅販売(40.4万) エネルギー在庫
 
決算=ティファニー
外債外貨投信=米7年債

+++ここまでのニュースとイベント++++++

7    豪中銀副総裁講演
8    10月貿易統計、企業向けサービス指数
9   日銀副総裁講演 豪 3Q建設工事
11   NZ 11月NBNZ企業信頼感  
14   11月中小企業景況観測
16   独 12月GFK消費者信頼感指数
17   藤井財務相会見
18   南ア 10月CPI、英3QGDP改定値 英 3Q個人消費改定値

*今日はまたもや豪の指標が好調であった。3Qの建設工事や技術職求人が改善した。それを支えに豪中銀総裁も明るい見通しを述べた。
 今月も陽線となるだろうから豪ドルドルは10カ月連続陽線となる。

*生保が業績報告をしているが、あまり外貨投資には積極的ではない。海外の不動産を買いまくっていたザセイホは今何処?

*日銀副総裁も財務大臣もデフレ対策は打ち出さないようだ。鎖国をしない限り最後には日本の平均給与30万円と中国の1万円の給与が融合するところまで物価が下がるのだろう。何もしないことはそれが早まるということだろう。

*豪とともに南アも3QGDPが予想より強い前期比+0.9%となった。雇用と消費が弱いが生産が強かったようだ。世界景気回復で資源需要が増加したのだろう。また建設も強かったようだが、それはワールドカップスタジアムの建設が主因だ。今日はCPIの発表がある。インフレターゲットの上限の6%に近づいていきた。懸念は電力会社の年間40%超の値上げがあること。ただ夏の賃金ストは10%以上だったがインフレは低く収まっている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通貨危機7、アジア通貨危機その6、日本の支援と為替

通貨危機7、アジア通貨危機その6、日本の支援と為替」

「日本の支援と為替」

日本は、2年間に渡り国際機関やG7各国と協調し当初の危機対応において、二国間支援の主導的な役割を果たした。また、一時的な資金不足を補填する流動性支援のみならずODAを含む日本の独自の政策的金融手段を総動員し長期の安定的な資金を供与してアジア各国の実体経済の回復と安定化に対して全力で取り組んだ。

中でも、IMF・世銀年次総会において発表された新宮沢構想は、アジア諸国の実体経済回復のための円借款・輸銀融資等による中長期の資金支援を含む合計300億ドル規模の資金支援スキームを用意するものであり、一連の支援策の中でも最大級のものだった。この他にも、日本は、人材育成等環境整備のための専門家派遣、研修員受入等の技術協力や、食糧・医療品等の緊急支援及び人道・医療・保健対策面での無償資金協力も行った。このような日本の支援はアジア通貨危機の克服に貢献したことで高く評価されている。

 宮沢プランでの資金拠出時には為替取引がともなった

| | コメント (0)

通貨危機6、アジア通貨危機その5、中国、日本、アメリカなど

「通貨危機6、アジア通貨危機その5、中国、日本、アメリカなど」

「中国」

中国では外国企業の進出が多く、金融システムにも問題があったにもかかわらず、国内全体の預金がほとんど国内口座にあったうえ厳しい規制があったため、あまり影響を受けなかった。当時、中国がいつ人民元の切り下げを行うかに多大な関心が集まっていたが、とうとう切下げは行われなかった。このとき、中国が切り下げを行えば通貨危機は更に拡大していた可能性もある。

「日本とアメリカ」

日本とアメリカには経済恐慌などの危機は発生しなかったが、深刻な経済的ダメージがあった。

アジアでも特に著しい経済力を持つ日本は、大口取引先である地域の通貨危機の打撃を正面から受けた。バブル崩壊後、ようやく内需主導の回復途上にあった日本経済だが、自民党橋本政権下における緊縮財政にアジア通貨危機が追い打ちをかけ1998年には遂に実質マイナス成長に転じた。以後、長く続いた日本のデフレの要因の一つとしてこのアジア金融危機を一因としてあげる経済学者も多い。

アメリカでは1997年10月27日、アジア経済への不安から、ダウジョーンズの工業は554ポイント(7.2%)の株価下落を記録した。ニューヨーク証券取引所は短い間ながら取引を停止した。通貨危機は消費者と信頼性の低下につながった。 

| | コメント (0)

日本株日誌」

「日本株日誌」

*9441.64(+40.06、+0.4%)6日ぶり反発

*昨日3%超下げた上海株が今日は2%戻し、日経平均も買い戻し

  ダウ先物も気持高い

*米国3QGDPの下方修正よりFOMCでの先行きの成長見通し上方修正か

*年金の買いも入ったという

*200日線が9350あたり

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続生保外貨運用

「続生保外貨運用」

*下期で外貨投資を微増でもしそうなのは 日本生命と住友生命くらい

* 横ばいは三井生命、朝日生命、富国生命

 *減少は明治安田

外貨投資は個人と年金が主役のようだ

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」

Ws000005 Ws000006

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000002 Ws000003

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

Ws000000 Ws000001

| | コメント (0)

注文、独GFK、南アCPIなど

「注文、独GFK、南アCPIなど」

まもなく独12月GFK消費者信頼感予想は+4=結果3.7、南アCPI予想は+5.9%

金が高い、1170ドルのせ、(豪ドル、ゴールドをコウトル)

クロス円の買い注文が増えてきている

*ユーロ円、ポンド円、ランド円

*豪ドル円、NZ円はそれほどでもない

*ドル円の88.0は結構大きい、たた約4分の1の損切りの売りあり

| | コメント (0)

短期金利はまちまちな動き:水谷

そろそろ海外の金融市場ではクリスマス休暇入りの準備をする一歩手前ではないかと思います。為替市場では先週火曜日時点のシカゴ先物市場の建て玉で、ユーロとポンドのポジションが大きく減少、ポンドはほぼスクエア状態ですね。円は若干ロングが増え、豪ドルはロングポジションが積みあがった状態です。11月は米投資会社の決算時期ということで、明確にそうした現象があちこちで見られます。円と豪ドルは来年に向けたポジショニングをしているのではと思うのですが。

短期金利が今日の日経新聞にも取り上げられています。日米金利差が米金利低下で拡大気味、そして円高の買い材料にされているようです。グラフはLIBOR(ロンドン銀行間取引)の3ヶ月物金利のドルと円の動きです。1124日現在で、円金利(赤線):0.30%, ドル金利(黒線):0.26%となっています。両方ともに下落基調ですが、ここ1週間の下落スピードはドルに軍配が上がります。これはFRBの景気を見る目がかなり厳しく見ている表れではないかと思います。雇用が依然として厳しい。現在10.2%の失業率は、来年には9%台に戻るとのFOMC議事録の内容からは若干楽観して良いのではと思うのですが。非農業部門雇用者数が20万人減になり、一頃の50万人減からは改善してきているのは明らかですが。そしてもうひとつの懸念要因は商業不動産の低迷です。先程プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁が今朝のCNNのインタビューに出られていましたが、同様の指摘がありました。本音の部分でFOMC議事録には超低金利政策が資産バブルを市場に誘発しており、ドルを調達原資に、高利回り期待金融商品に投資するスタンスの過熱感を抑えようとの文言が議事録に記述されており、やはりメンバーの中に警戒する識者はいるなとの感想です。しかし、現在の米短期金融市場を見るとまだ上昇懸念はないようで、安心して為替市場では「ドル・キャリー・トレード」が行われている素地があるように感じます。フェッド・ファンド先物のまだ価格下落(利回り上昇)の気配はないようです。6月限で99.77と利回りベースでやっと0.23%と片足フェッド・ファンド・レートの誘導水準に近づく現状です。9月限でやっと99.580.42%)と、この時期には利上げを織り込む水準です。

Dollyenspreadnov25

これが欧州に飛ぶと状況が一変します。ユーロ金利先物(Euribor3ヶ月物では、先週末からは価格下落となっています。つまり金利上昇となっています。グラフ参照下さい。現在99.14と利回りベースでは0.86%です。政策金利のRefinance Rate0.25%上回って取引されると言われています。トリシェ総裁の非伝統的手段の解除(私は勝手に量的緩和策の一部と解釈していますが)をちらつかせているようです。このことを直ぐに利上げという方向に結びつけるのは余りにも乱暴と思うのですが。カバードボンドの買い取りを継続している状況からは、その効果を見守りたいとするのが適切なのではないかと思います。ユーロ金利の低水準に安定すれば、ドル売りを原資としたユーロ買いの動きもある程度抑えられるのでは、そしてユーロ圏の経済は依然としてマイナス成長であり、今後も続くとプロパガンダすれば、ユーロ高への目が逸れるのではと思うのですが。ユーロ圏の主要経済圏であるドイツの金融機関は中小金融機関を中心に未だ旧態依然の状態であり、昨年の金融危機から悪化を続けているように思われます。ストロスカーンIMF専務理事はそのことを示唆されているようです。東欧圏とのつながりの深いオーストリアを含めて、まだまだ金融の再編があるのでは推測します。いずれにしても現在ユーロ短期金利は上昇傾向となっており、そしてユーロ高の買い理由になっているようです。

Euribornov25

ポンド金利についてはショート・スターリング(Short Sterling)3月限をグラフを載せました。こちらの今週から売り基調に変化しているようです。価格は99.26と利回りベースで0.74%です。政策金利が0.50%と理にかなったうごきです。キング総裁が出口戦略の話を議会証言で持ち出されてから、金利市場では強く反応しているようです。悪い経済状況の中、金融機関の優劣のはっきりし、金融危機は去った感の強い英国経済です。GDPはマイナス成長ながら、トリシェECB総裁と見解を同一にされたあたり欧州は同じような傾向が続きます。当然にポンド買い基調と金利サイドからは伺えます。

Shortsterlingnov25 それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

本日はご迷惑おかけしております

本日はご迷惑おかけしております

 ワンクリックで記事が見れなくなっています

現在調査中です

| | コメント (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法は、今暫く、ポジションを持たないことを示唆しています。

(この予測方法は、今の状況下で、明日の株価動きを高い確率で予測することができません)。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

生保の運用

「生保の運用」

*今日は生保の業績報告があった

 日本生命であると下期の運用計画は

外国債券と外国株が微増となっている。上期はそれぞれ1883億円、6628億円の増加であった(但しこれらがすべて為替取引が絡むものではない)

また含み損益がゼロとなるのは日本生命では株が7600円

  外国証券が1ドル87円だそうだ(これはクロスもあるし債券の価格もあるので流動的だろう。

*昔は生保は世界に冠たる「ザセイホ」で世界中の為替ディーラーが注目するところであったが、今は誰も問い合わせてこない。

 各社の運用方針残高は各生保のHPにディスクローズしてある

たとえば日本生命なら20年度末では一般勘定で外国証券を7.3兆円保有、

http://www.nissay.co.jp/okofficial/kaisya/gyouseki/disc/pdf/2009/p148_162.pdf

それは3069億円増加し、資産の16.5%を構成しているとある。

 各生保や公的年金、郵貯、カンポなどもディスクロ-ズしているので利用していただきたい。

 年金などはどの月に外貨投資をしたかという表も掲載している。

| | コメント (0)

最近の連続陽線3つ

「最近の連続陽線3つ」

最近印象に残っている連続陽線は

ユーロ円の日足で10月8日からの12日連続陽線でそれが破れてからは発射点の129.97と最高点の138.45の半値の134.21をやや下回っている。

 為替とは思いこまずに売ったり買ったり日々集中したほうが効率的な収益が上がるゲームだと思う。

*現在進行中では豪ドルドルが10カ月目の月足陽線となっている

 10月、11月と連続利上げ出来る景気指標が下支えしている。今週もまずまずの数字が出ている。

豪ドルスイスも同様に10カ月連続陽線である

 他の通貨ペアは時々陰陽が混ざったり、行ったり来たりである。

*為替はそれほど一直線に動かない、年初から豪ドルドルは50%近く上昇しているが、大きな変動率なら株や商品のほうに分がある。

*為替は行ったり来たりするゲームであり、投機筋の思惑とはかかわらない実需

が常に存在することが特色だ。

Ws000052 Ws000053 Ws000054

| | コメント (0)

食は広東にあり、車も広東にあり

「食は広東にあり、車も広東にあり」

昨日は上海総合指数が3.44%下落した。上海B株市場で海外機関投資家の大口売りが出たことがきっかけとなった。いろいろ憶測はある。銀行の自己資本比率引き上げで貸し出しが抑制される、利上げ報道(但し世銀エコノミスト)などがあるが政府が正式に掲げているものではない。年初来80%程度上昇しているので下げてもたいした調整ではないが、中国株が下落すると世界中の株が下がり、リスク選好の後退となりクロス円相場も下落する。中国の動きの影響は大きい。

 もちろん最近出された中国国務院の4Q成長見通しは10%を超えるとされているし、政府の景気刺激策も拡大して継続される見通しである。今朝発表された日本の10月貿易黒字は拡大したが、その要因は中国への自動車部品の輸出が前年比32.1%増加したことである。これは中国の自動車購入補助政策で自動車生産が増大したためだ。「食は広東にあり」ならぬ「利は中国にあり」だ。

 広州モーターショ-は世界から670社が出展して活況を呈している。

(中国の情報は外為どっとコムの「チーファンラマ?」をご覧ください

| | コメント (0)

上海株不安定

「上海株不安定」

 朝方プラス圏なるも現在マイナス圏へ

まだ銀行株弱い 自己資本比率向上のための増資や貸し出し制限の報道で

 

| | コメント (0)

次世代クイックチャート、セントラル短資FX

「次世代クイックチャート、セントラル短資FX」

 私も使っているがセントラル短資FXが次世代チャート「クイックチャート&トレード」

のサービスを開始した。

「クイックチャート・トレード」サービス開始のお知らせ
───────────────────────────────────────


次世代型FX取引ツール「クイックトレード」の第1弾~ダイレクト取引機能を搭載した “オールインワンタイプ” 取引ツール 「クイックチャート・トレード」~をご提供する環境が整い、いよいよ11月16日からすべてのお客さまにご利用いただけることとなりました。

「クイックチャート・トレード」は、チャート画面からいつでも簡単に発注できる
「ダイレクト取引機能」
を備え、テクニカル分析指標や各種ニュースの表示、口座内容
・ポジション照会などがすべてひとつの画面で完結することができる“オールインワン
タイプ”の取引ツールです。


画面分割や編集が自由にできるカスタマイズ機能、マーケット情報をチャート上に自由
に表示する機能などを搭載していますので、お客さまおひとりおひとりのニーズに合った
取引画面を設定することができ、また、マウス操作のみで簡単に設定することができる
仕様となっております。お取引の強力なサポートツールとしてぜひ「クイックチャート・
トレード」をご活用ください。

■「クイックチャート・トレード」サービス概要
▼サービス開始日:2009年11月16日(月)午前7時より
※「クイックチャート・トレード」のダウンロードは取引画面より11月14日のメンテナンス
終了後に可能となります。

▼利用方法:「FXダイレクト」・「FXハイパー」の取引画面サイドメニュー内の「チャート」
欄に「クイックチャート DL」項目が設置されますので、ご自身のPCにダウンロードしてご
利用ください。(11月14日メンテナンス終了時より)

▼特長:「クイックチャート・トレード」のご案内はこちら
http://www.central-tanshifx.com/customer/members/pdf/qct-introduction.pdf


次世代型FX取引ツール「クイックトレード」は、今後もお客さまのご意見やご要望を可能
な限り反映し、お客さまのニーズにお応えする最適なサービスのご提供に努めてまいりますので、何卒ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、ランチ需給」

「ポンド円、ランド円、ランチ需給」

Ws000050 Ws000051

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

Ws000048 Ws000049

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

Ws000046 Ws000047

| | コメント (0)

朝は平和、APEC株

「朝は平和、APEC株」

*豪株は自国指標の強さとNY市場の弱さがあるが小幅高

*NZ市場はNY市場後半のFOMCで景気見通し上方修正で小幅高

*日経=輸出株弱く、デフェンシブ強い。デフレ宣言後の政府対応策つかめず

*中国=昨日の大幅下げからは反発

*NYダウ先物=NY後半の流れで気持ち高

11月25日 11時    
NZ50X 3115.82 8.2 0.26%
豪AORD 4725.8 17.4 0.37%
日経 9405.88 4.3 0.00%
上海総合 3241.51 18.99 0.62%
NYダウ先物 10410 5 0.05%
       

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の豪指標も良し

「今朝の豪指標も良し」

Ws000044

*今朝も豪指標は改善した。豪株も上昇、ただ豪ドルドルは全体的なドル高、リスク回避の動きもあり伸び悩み。その中で豪の経済指標は依然好調である

*11月技術職求人は前月比+2.4% 、7年ぶりの高水準

*3Q建設工事も+2.2%でさらに2Qが-0.1%が+4.5%へ上方修正

 株は小幅高である

朝方、豪中銀バッテリーノ副総裁は

「豪の貿易相手国のアジア経済は急速な回復期にある」「豪には人口の急速な伸びがある」
「建設業、鉱山業中心に家計の所得は増加している」「家計の所得増は住宅需要を下支えする」「労働はひっ迫している」などど発言した。

これは従来の政府中銀コメントを踏襲している。

*注文が増えてきたが変則。

*売りは81.80と82.0が大

*買いは81.0近辺に小さいものだけ

*損切りは売りが81前半に少々

Ws000045

+++昨夜のコメント、時間があればどうぞ+++

*昨日の自動車販売良く、今日の景気先行指数もなんとかであったが上海株の大幅下げ、また今、NYダウ下落でリスク回避で売られている

*またボリバン下限、一目の雲上限まで落ちてきている

*やはり命運は中国に握られている。その中国が世界中から人民元切り上げや利上げ(世銀)、また銀行の資本増強を求められてプレッシャ-を感じている

*でもそれなら日本の二の舞となるのでまた手を打ってくるだろう

*中国の話になってきたが、次の焦点は12月1日の政策金利決定

11月25日に9月ABS建設工事受注

  26日に11月設備投資

  30日にTD-MIインフレ指数

12月1日の金利決定直前に10月住宅建設許可がある

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貿易黒字増は中国景気刺激策によるもの

「貿易黒字増は中国自動車購入補助政策によるもの」

*貿易黒字大幅増の原因は中国への自動車部品の輸出が+32.1%(前年同月比)となったからである。中国の自動車購入補助が日本の黒字を引き出したのである

*ただ輸入が-35.6%(輸出は-23.2%)と大幅減であるのは日本の購買力不足のあらわれである

*輸出5.3兆円 -23.2%

*輸入4.5兆円 -35.6%

差し引き8071億円の黒字

*豪のみならず、日本も世界も中国次第の景気である

*中国も出口政策や銀行増資と貸し出し規制、利上げ、また世界からの人民元切り上げ圧力にもまれている

*中国に過度の圧力をかけることは自国経済を後退させるかもしれない

*もちろん圧力をかけて簡単に動く国ではない。

| | コメント (0)

ドル円、ゴトビ、外債あるが売り88.80から大

「ドル円、ゴトビ、外債あるが売り88.80から大」

Ws000042

*ゴトビ、ランドとNZの起債がある(ランドは夕刻カバーか)

*ただ売りはかぶさってきている

*売りは88.70で大、88.80から89.0は5銭刻みで大

*買いは88.30から、88.20、20、88.0が大だが、損切りも同居

*損切りの買いはない

*日経平均、中国株に注目したい。日経は今年はひょっとしたら日本株だけ陰線となることもあるかと

*デフレ宣言するも、藤井大臣、白川総裁もしらんぷり。今日は日銀副総裁講演と財務相会見あり

*ボリバン下限に沿って下落、5日線向き変わらず

*経団連会長が円高で悲鳴を上げているが、政治主導の為替ではほったらかしも

*生保の上半期報告あり

*貿易黒字大幅増だが輸入の激減続く(購買力の低下)

Ws000043

| | コメント (0)

今日の焦点、生保決算、日銀財務相会見

「今日の焦点、生保決算、日銀財務相会見」

楽しい仲間達のブログ情報=今日は水谷さんの金利、欧州情報です
 
7   豪中銀副総裁講演 (経済は新たな成長段階へ)
8   10月貿易統計、企業向けサービス指数
9   日銀副総裁講演 豪 3Q建設工事、設備投資
11   NZ 11月NBNZ企業信頼感  
14   11月中小企業景況観測
16   独 12月GFK消費者信頼感指数
17   藤井財務相会見
18   南ア 10月CPI、英3QGDP改定値 英 3Q個人消費改定値
21   米 住宅ローン借り換え申請
22   米 10月耐久財受注 、新規失業保険申請、米10月個人所得支出、PCEデフレーター、
23   ミシガン大消費者信頼感指数確報
24   米10月 新規住宅販売 、エネルギー在庫
 
講演=日銀副総裁、藤井財務相
決算=日本の生保上半期報告(住友、日本、明治安田、朝日、三井、富国)ポルシェ、ティファニー
外債外貨投信=デンマーク地方金融公庫ランド債、NZドル債、野村アセットマネジメント (NEXT FUNDS)インド株式指数上場投信、米7年債

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字=中国株大幅下落

「先ずは数字=中国株大幅下落」

*米株=3QGDP下方修正、ケースシラー住宅指数が予想を下回ったことで売られる

*中国株=銀行資本増強、出口戦略の報道、上海B株で大口売りがでたことで下落

*米債券=米株下落、5年債入札好調で買われ利回り低下

*原油=米3QGDP下方修正、原油在庫増観測で売られる

*金、白金=原油下落を見ながら下げるも1200ドル金コールオプションの買い思惑や中央銀行の金買い憶測で小幅高

*穀物=原油などの下落を見ながら下げるも大豆は依然、中国の買い付け思惑で上昇

  11月23日 11月24日
原油 77.56 76.02 -1.54
1164.70 1165.80 1.10
CRB 274.95 272.26 -2.69
ドルINDEX 75.11 75.11 0.00
コーン 403.25 392.00 -11.25
大豆 1042.00 1046.00 4.00
18.60 18.53 -0.07
パラジウム 374.60 365.00 -9.60
プラチナ 1454.00 1445.00 -9.00
       
JGB 1.31 1.29 -0.02
       
米10年債金利 3.36 3.31 -0.05
米30年債金利 4.28 4.25 -0.03
米株個別      
フォード 8.73 8.81 0.08
グーグル 582.35 583.09 0.74
シティ 4.28 4.21 -0.07
VISA 80.44 80.62 0.18
ボーイング 52.63 51.97 -0.66
NYDJ 10450.95 10433.71 -17.24
ナスダック 2176.01 2169.18 -6.83
上海総合 3338.66 3223.53 -115.14
FTSE 5355.50 5323.96 -31.54
DAX 5801.48 5769.31 -32.17
日経 9497.68 9401.58 -96.10

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、朝市需給

「ポンド円、ランド円、朝市需給」

Ws000040 Ws000041

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市需給」

「豪ドル円、NZドル円、朝市需給」

Ws000038 Ws000039

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、朝市需給」

「ドル円、ユーロ円、朝市需給」

Ws000036 Ws000037

| | コメント (0)

中国のGDPは統計で測れない訳: 呂 新一

先週金曜日から今週月曜日の4日間、親戚の結婚式のため中国に一時帰国しました。親戚の結婚式は上海のホテルで盛大に挙げられたが、結婚式の後、老いた母がいる泰興市に行き、その泰興市から上海に戻るため、乗っていた長距離バスで経験したことは中国の経済統計が当てにならないことを教えてくれました。

 

泰興市から上海に戻るのは日曜日の午後でした。泰興市では上海で仕事をしているまたは学生生活を送っている地元出身者が多いため、日曜日午後のバスでは混雑すると予想していました。ところでバスに乗って見ると、それほど混んでおらず、大型バスに40人ほどが乗っていて席にかなりの余裕がありました。

 

しかし、バスが大きくて立派に作られた駅を出た後、日本ではあまり経験できないことが起こりました。というのは、駅を出てから僅か50メートルの所で3人が切符なしで乗車してきました。そして、そのさらに50メートル先、70メート先、60メートル先、或いは100メートル先、…などなど、数えてみると、それほど大きくない泰興市の町の中で17回も臨時停車し、23人前後が切符なしで乗車して来ました。そのため、バスの中が非常に窮屈になり、高速道路に乗る長距離バスというより、前と後ろにある2つのドアが開けられないほど乗客が立っていて、通勤バスのようになりました。

 

駅から発車したのは午後4時半でしたが、あちこちで乗客を拾っていたため、高速道路に入る際はもう周囲がすでに暗闇になりました。そして、高速道路に入ると、今度、運転手の知り合いである女性が駅の外で乗車した人達からおカネを集め始めました。無論、切符を販売しているわけではなく、単に会社のバスを利用して運転手と共同事業をしているだけです。そこで良く見ると、私が駅で買った正規の切符は70人民元(日本円で約千50円)でしたが、皆さんがその女性に渡したのは一人当たり50元でした。なるほど、皆が駅の外でバスを待っていた訳が分かりました。

 

高速道路を使えば泰興市から上海市まで約2時間半の距離ですが、揚子江に掛っている大橋を通らなければなりません。今回の旅で初めてわかったのですが、大橋のふもとには定員オーバーになっているかどうかをチェックするポイントが設けられています。このような時は連携プレイと携帯電話の威力を発揮する場です。何と、そのポイントの手前でバスが止まり、定員オーバーとなった乗客を呼びつけてきた小型バスに分流にしたのではないか、そして、チェックポイントを過ぎてから安全とみられる所で、小型バスが追いついてきて、先ほど分流された乗客が再び私たちのバスに乗ってきました。

 

そして、今度いよいよ上海市に入りますが、その手前で、泰興市でしたことと同じように、バスが平気で高速道路の脇に止まり、切符なしで乗ってきた何人かは降りて行き、暗闇の中に消えていきました。

 

このバスの旅で経験したことは、中国のGDP統計がいかに信用できないかを教えてくれました。というのはどうなに真面目にデータを記録し統計を取っても、そのバスの運転手さんと彼の相棒の正確な収入が分かりません。そして、その日に23人前後を泰興市から上海に運んだ経済活動も記録に残りません。

 

その意味では、中国のGDP統計を真面目に信用せず、参考程度にほどほどにした方が良いと思います。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

横浜富貴楼 お倉

「横浜富貴楼 お倉」 鳥居 民 草思社

明治の初め、国際港となった横浜は戊辰戦争の後遺症が癒えない東京を尻目に活気に沸いていた

 新宿の遊女だったお倉はこの活気にひかれるように横浜にたどりつき関内に料亭富貴楼を開業する。お倉の才覚によって富貴楼は繁盛し明治の元勲たちも集まってくる。金沢八景で憲法の草案を練る伊藤博文のその一人。

 富貴楼は政治と経済の中心となりお倉の活躍が始まる。生糸相場師の「天下の糸平」も登場してくる。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アランド、景気回復へ

「南アランド、景気回復へ」

Ws000034

*南アの3QGDPは予想の+0.5%より強い+0.9%(前期比年率)となった。17年ぶりのリセッションから脱却した。製造業が持ち直し、同国で来年開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)に向けた道路や鉄道、競技場への公共投資が景気回復につながった。

  OECDが19日発表した経済見通しによれば、南ア経済は今年マイナス2.2%となった後、来年は2.7%のプラス成長になると予想されている。

*このニュースで他のクロス円が下げる中、なんとか寄り引き同時から陽線となっている

*まだ一目の雲の下にあるが11.94で雲入り、12.15で雲の上に出る

*売りは12.0から12.10、12.20が大

*買いは11.70以下10銭刻みで大。

*損切りの売り買いはない

*ただ南ア株は小幅下げ-76で27348

*金、白金など小動き

25(水)南アCPI

10月CPIの発表がある。予想は前年比5.9%であるが、予想通りならインフレターゲットの3%-6%のレンジ内となる。

 
 次回政策金利決定は12月17日である。

Ws000035

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「NZドル円、豪ドルより一段安」

「NZドル円、豪ドルより一段安」

Ws000032

*豪ドルドルよりも早く一目の雲の中に

*豪ドル円よりも早く一目の雲の下に

*ボリバンでは下限で踏みとどまる

*5日線下向き

(注文)

*売りはない

*買いは64.0、63.50に中、その間に小さい買い

*損切りはない

*政府当局野党まで通貨高懸念、利上げも時期尚早。

(予定)

26(木)NZ NBNZ企業信頼感指数

27(金)NZ 貿易収支

12/9(水) 政策金利決定

Ws000033

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪ドル円、中国に命運握られる

「豪ドル円、中国に命運握られる」

Ws000030

*昨日の自動車販売良く、今日の景気先行指数もなんとかであったが上海株の大幅下げ、また今、NYダウ下落でリスク回避で売られている

*またボリバン下限、一目の雲上限まで落ちてきている

*やはり命運は中国に握られている。その中国が世界中から人民元切り上げや利上げ(世銀)、また銀行の資本増強を求められてプレッシャ-を感じている

*でもそれなら日本の二の舞となるのでまた手を打ってくるだろう

*中国の話になってきたが、次の焦点は12月1日の政策金利決定

*注文が増えてきたが変則。

*売りは81.80と82.0が大

*買いは81.0近辺に小さいものだけ

*損切りはない

11月25日に9月ABS建設工事受注

  26日に11月設備投資

  30日にTD-MIインフレ指数

12月1日の金利決定直前に10月住宅建設許可がある

Ws000031  

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

ポンド円、再びボリバン下限へ

「ポンド円、再びボリバン下限へ」

Ws000028_2

*ポンドは世界的な株価下落で売られ、キング中銀総裁の発言にはそれほど反応せず。

 ただ独IFOが良く、ユーロに対して下落

*ボリバンの下限まで下落、5日線下向き

*一目の雲の下限にも近づいている

*明日のGDP改定値は0.1改善予想

*先週はブラウン首相は「早すぎる刺激策の解除は成長を阻害する」としたが、影響なし。みな何度も聞いているからか

*売りは147.0以上で中程度

*買いは146.0.145.80で大

*ポンドには珍しく146以下に小さいが損切りの売りあり

*トピックはハーシ-のキャドバリ-買収

(予定)

25(水)英 3QGDP改定値、個人消費

Ws000029_2

| | コメント (0)

ユーロ円、リスク回避VS強いIFO

Ws000026 「ユーロ円、リスク回避VS強いIFO」

*NYダウ小幅下げ

*ユーロ円も中国株下落、独銀の資本増強などで売られていたが、IFO景況感指数、ユーロ圏鉱工業受注が強かったので戻している

*ボリバンの下限からは浮上しているが、一目の雲の上に乗れず

*トリシェ総裁やパラモ理事の出口示唆も効いているが1.5は心理的壁か、

*トレンドラインのサポートは7月8日-10月2日の130半ばである

*売りは再び132.70から入り、133台はコンスタントに中から大あり

*買いは小から中が132.0から131.50まで買い厚し

*損切りはない

(予定)

25(水)独 GFK消費者信頼感指数

26(木)ユーロ圏マネーサプライ、独CPI

27(金)仏 消費者信頼感指数、ユーロ圏消費者信頼感指数、スイスKOF先行指数

(講演など)

26(木)欧州委員会クルス委員
27(金)
28(土)トリシェ総裁、アルムニア欧州委員、ユンケルユーロ議長

Ws000027

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円、損切り執行

「ドル円、損切り執行」

Ws000024

*先ほどお送りした21:15の注文状況では88.50、88.45、88.40の損切りの売りが執行

 現在はまだ88.30-20に中、88.0に大がある

*買いも88.30以下に大があるが、やはり損切りに吸い寄せられる

*損切りの買いはない

*日経の5日連続下落は、今年はひょっとしたら日本株だけ陰線となることもあるかと

*デフレ宣言するも、藤井大臣、白川総裁もしらんぷり。

*世界のエンジン上海株下落も気になるところである

*NYダウ先物も小幅安

*ボリバン下限に沿って下落、5日線向き変わらず

*経団連会長が円高で悲鳴を上げているが、政治主導の為替ではほったらかしも

Ws000025

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、NY需給」

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000022 Ws000023

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000020 Ws000021

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000018 Ws000019

| | コメント (0)