« ポンド円、ランド円、NY需給 | トップページ | ユーロ円、バ議長に素直にユーロ安 »

2009年11月17日 (火)

ドル円88.70-89.50、みんな雲の下♪

「ドル円88.70-89.50、みんな雲の下♪」

Ws000002_3

*基本的にはバーナンキ議長のドル安懸念でドルが買われつつ、ただ、今発表された10月鉱工業生産悪化には失望。まあ為替市場ではなく株式市場が失望するかどうかがカギ

*米中首脳会談(人民元問題)は本来からあまり円が右往左往してはいけない材料である。だいたいあ人民元切り上げなどのニュースは一時的に円高で後でリバウンドするパターン多し

*今回は米中が世界のリーダーであることを示したが、米は中に8千億ドルの借金がある。預金を含めればもさらに拡大。債権者と債務者の関係でもある。

*朝伝えた注文の買い88.70-89.50売りが大きいとしたがどちらもつかず行儀良し

*現在も売りの大は89.50から

*買いの大は88.70から

*損切りは珍しく偏っていない

*ドル円はなぜこんなに暗いのが好きなのだろう。雲の上に出ようとしない

*ただボリバンの下限をちょっとでも抜けると戻ってくる

*5日線下向きのまま

注目は週末の日銀会合。ただ政府はデフレ宣言を月例経済報告で行うようだ。そこで日銀は出口戦略は語れない。

19(木)日 全産業活動指数、景気動向指数改定値、粗鋼生産、OECDグリア理事会見、百貨店売上、藤井財務大臣会見

20(金)藤井財務相会見日銀会合、コンビニ売上

(外貨投資)

20(金)日興アセットマネジメント 資源株ファンド通貨選択S(豪ドル、ランド、レアル)

Ws000001_3

Ws000000_3

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円、ランド円、NY需給 | トップページ | ユーロ円、バ議長に素直にユーロ安 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポンド円、ランド円、NY需給 | トップページ | ユーロ円、バ議長に素直にユーロ安 »