« チャート百選、こんなに続いていいの | トップページ | 藤井さんと初めて気があった »

2009年11月17日 (火)

ヘッジファンド8、先進国市場における政策課題ーその1

「ヘッジファンド8、先進国市場における政策課題ーその1」

ヘッジファンドの投資家やファンド・マネージャーが居住し、取引相手としての金融機関等が多く存在する先進国市場において、ヘッジファンドの活動を監視し、規制していく必要があるかどうかという議論がある。投資家保護との関連では、ヘッジファンドの投資家は、高所得者あるいは専門的な投資知識を有する少数の投資家であり、私募の形態をとっていることからも、規制の強化によってこれらの投資家に対する情報開示の強化等を求める必要は乏しいと考えることが一般的だ。

市場の健全性・信認の確保は、重要な政策課題である。特定の大きな市場参加者による相場の人為的な操作、風説の流布、仮装取引、インサイダー取引等が横行するようになれば、市場への信認は失われ、市場の効率的な資源配分の機能も損なわれることになる。 金融システムの安定性維持は、経済活動の基本的インフラである決済システムの維持、預金者保護等の見地から、いずれの国でも重要な政策課題となっている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« チャート百選、こんなに続いていいの | トップページ | 藤井さんと初めて気があった »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘッジファンド8、先進国市場における政策課題ーその1:

« チャート百選、こんなに続いていいの | トップページ | 藤井さんと初めて気があった »