« 通貨危機2、アジア通貨危機その1 | トップページ | 夜はこれから »

2009年11月23日 (月)

通貨危機3、アジア通貨危機その2 タイ

通貨危機3、アジア通貨危機その2 タイ」

「タイ」

1990年代のタイ経済はそれまで年間平均経済成長率9%を記録していたが、1996年に入るとその成長も伸び悩みを見せ始めていた。この年、タイは初めて貿易収支が赤字に転じた。1997年5月14日、15日にヘッジファンドがバーツを売り浴びせる動きが出た。これに対して、タイ中央銀行は通貨引き下げを阻止するため外貨準備を切り崩して買い支えようとしたが底をつき、同年6月30日には、当時の首相、チャワリット・ヨンチャイユットが通貨切り下げをしない(ヘッジファンドの攻撃に対する事実上の敗北を認めた)と宣言したものの、同年7月2日に変動相場制を導入すると、それまでの24.5B/$だった為替レートが一気に29B/$台にまで下がった。このため国際通貨基金(IMF)などは同年8月11日、20日の2回に分けて172億ドルの救済を行った。1998年一月には、最低の56B/$台を記録する。タイ中央銀行が必死に自国通貨を買い支えるべく奮闘しながら果たせなかった様を指して「血塗れのバーツ」とも呼ばれる。

またタイ証券取引所(SET)の時価総額指数であるSET指数は357.13(1997年の最高値は858.97、史上最高値は1994年の1753.73)まで下落し、翌年には危機後最安値である207.31(史上最高値の11.8%)を記録した。

それまで対外資金によってファイナンスされていた不動産バブルの崩壊に加え、IMFが融資条件として課した政府支出の削減と利子率の引き上げが、景気後退期における総需要の更なる減少を招いたこともあり、それまで好景気を謳歌していたタイ経済は短期間に崩壊し、タイでは企業の倒産・リストラが相次ぎ失業者が街に溢れかえった。タイの通貨の変動を受けてバーツ経済圏にある、ミャンマー、ベトナム、ラオス、カンボジアも少なからず打撃を受けた。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 通貨危機2、アジア通貨危機その1 | トップページ | 夜はこれから »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通貨危機3、アジア通貨危機その2 タイ:

« 通貨危機2、アジア通貨危機その1 | トップページ | 夜はこれから »