« NZドル=豪ドルに連れるが最後は逆転 | トップページ | 人民元ならこの本、人民元切り上げと中国経済 »

2009年11月24日 (火)

「ランド、24日はウリダシ債とGDP

「ランド、24日はウリダシ債とGDP」

Ws000036

(注文)

*売りは12.0から12.10、12.20が大

*買いは11.85以下、11.70以下10銭刻みで大。

*損切りの買いはない

*損切りの売りは11.50で小

*南ア株は大幅上げ、+466で27935へ。

*金、白金なども上昇

24(火)バークレードルランド債18M、南ア3QGDP

25(水)南アCPI

新総裁によって政策金利は据え置きされた南アランドであるが次の焦点は24日の3QGDPと25日の3QCPIである。

GDPの予想は前年比+0.5%でプラス成長となるかどうか。マーカス総裁は「第3四半期GDPがプラスかマイナスかははっきりしない、落ち込みのペースは鈍化している」としている。

 また25日には10月CPIの発表がある。予想は前年比5.9%であるが、予想通りならインフレターゲットの3%-6%のレンジ内となる。

 
 次回政策金利決定は12月17日である。

さらに詳しくは外為どっとコム社「喜望峰リポート」でWs000037

|

« NZドル=豪ドルに連れるが最後は逆転 | トップページ | 人民元ならこの本、人民元切り上げと中国経済 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NZドル=豪ドルに連れるが最後は逆転 | トップページ | 人民元ならこの本、人民元切り上げと中国経済 »