« チャート百選6、素直な豪ドルNZドルクロス上伸 | トップページ | 大きな違い=予想することと実際にポジションを持つこと »

2009年11月 6日 (金)

実戦外国為替論=本邦対外資産負債残高1

「実戦外国為替論=本邦対外資産負債残高①」

  前回までの国際収支表は日本の対外経済取引を一定期間におけるフローの結果として集計したものだが、本邦対外資産負債残高はある時点における対外的な貸借ポジションを表している。

日本の対外純資産は215兆円(約1.87兆ドル)世界一である。1968年に3億ドルの純資産に転換して以来規模を拡大してきた。資産としては民間の対外証券投資、直接投資がある。負債としては非居住者が日本株や日本国債への投資や日本企業が海外で発行した外債などがある。

 また外貨準備も資産の多くを占めている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« チャート百選6、素直な豪ドルNZドルクロス上伸 | トップページ | 大きな違い=予想することと実際にポジションを持つこと »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実戦外国為替論=本邦対外資産負債残高1:

« チャート百選6、素直な豪ドルNZドルクロス上伸 | トップページ | 大きな違い=予想することと実際にポジションを持つこと »