« 月曜早朝シドニー概況:津田 | トップページ | 注意報再発令!(その1) : かかし »

2009年10月19日 (月)

今週の豪ドル見通し:津田

(豪ドル米ドル日足)

Image001_2

(豪ドル円日足)

Image003

先週の豪ドル相場

先週の相場レンジ AUDUSD 0.8984-0.9270 AUDYEN 80.89-84.22

先週豪ドルは昨年7月の0.9850の史上高値から急落過程であった8月以来の高値92セント台に、また対円でも一時84円台と昨年10月のクラッシュ以来の高値まで上昇した。背景は良好な米企業決算を受けた株価の堅調や景気回復期待から商品相場が急上昇(原油は78ドル台、金価格は一時1066ドルと史上高値を更新)し、リスク選好の動きが高まりドル売り/リスクアセット買いの動きが活発化したこと。また前週のRBA利上げやRBA総裁発言から豪ドル金利先高感が高まったことがサポートしたことは言うまでもない。
豪ドルは資源通貨、高金利通貨という従来の投資通貨の特性を再評価された形で続伸した。

今週の豪ドル相場

今週の予想レンジ AUDUSD 0.8850-0.9250、 AUDYEN  80.50-84.50

今週は山場を迎える米国のQ3企業決算や22日の中国Q3GDP(予想+8.3%)、23日のバーナンキFRB議長講演などが注目事項。過去2週間程度急伸してきた株価や商品相場の堅調が維持できるか、あるいは調整反落か?豪ドルについてはここ2週間ほど、金利先高感や商品相場の堅調に助けられて新たな水準にレベルアップしてきた。ただNZ、カナダ、ユーロ圏などから自国通貨高牽制発言も出てきており、豪ドルにも高値警戒感がそろそろ出始めている。テクニカルにも「新値八手の利食い時」「金曜日の波高い線」「RSIの70%超え」と調整反落の予兆も見られる点は要注意。
遠目には堅調地合い、足元調整の可能性もあろう。

ではでは


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

津田

|

« 月曜早朝シドニー概況:津田 | トップページ | 注意報再発令!(その1) : かかし »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月曜早朝シドニー概況:津田 | トップページ | 注意報再発令!(その1) : かかし »