« ユーロ円夜の部 | トップページ | 豪ドル円、夜の部 »

2009年10月15日 (木)

フィンランド豊かさのメソッド

「フィンランド豊かさのメソッド」 堀内都喜子、集英社新書

著者はフィンランド企業に勤務しつつフリーライターとしても活躍中

OECDによる学力調査ではトップの成績のフィンランドの子供たち

また残業もしないのに国際競争力ランキングは1位。

充実した福祉、女性の社会進出、高いが透明性の高い税金の使途など日本とは対極的な秘密を探る

|

« ユーロ円夜の部 | トップページ | 豪ドル円、夜の部 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。フィンランドのお隣の国からコメしています。
フィンランドがOECDの学力検査でトップを堅持できるのは、「国が豊か」な割には一向に移民や難民を受け入れないからではないでしょうか。(全員がフィンランド語の授業を100パーセント理解できる)

投稿: M子 | 2009年10月15日 (木) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーロ円夜の部 | トップページ | 豪ドル円、夜の部 »