« ポンド円、南アランド円、夕暮れ需給 | トップページ | 海外参加者の横顔6、銀行2 »

2009年10月23日 (金)

海外参加者の横顔5、銀行1

海外参加者の横顔5、銀行1

日本の銀行と外国の銀行では、為替ディーリングのスタイルが違うようだ。リスクの管理については、日本の銀行は20年ほど前は損切りオーダーも置かずに大きなポジションを長期に保有している銀行が多かったように思う。しかし、次第に邦銀も外国の銀行同様にリスク管理が厳しくなってきており、ポジションの管理、収益の管理、利食い損切のオーダーをこまめに出すことなどが徹底してきている。

ただ外銀と比べれば、保有ポジションやロスリミットはまだかなり大きいように思う。それは外銀はより細かい縦割りの事業部制を敷いており、ディーリングルーム内においてもポジションを持つディーラーと顧客営業のカスタマーディーラーで収益をはっきり分けており、個々の責任を明確にしているからだろう。邦銀はまだどんぶり勘定のようなところがあり、為替部門全体であるいは市場部門全体で儲ければ良いという感覚がある。(続く)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円、南アランド円、夕暮れ需給 | トップページ | 海外参加者の横顔6、銀行2 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外参加者の横顔5、銀行1:

« ポンド円、南アランド円、夕暮れ需給 | トップページ | 海外参加者の横顔6、銀行2 »