« 最近の南ア基礎指標」 | トップページ | NZ見通し »

2009年10月21日 (水)

海外参加者の横顔2、ヘッジファンド2

「海外参加者の横顔2、ヘッジファンド2」

また為替市場の取引量は貿易取引を大きく上回り、その主体がヘッジファンドであり、貿易取引で為替を考えても意味がないということをいう人も多い。しかし私は邦銀にも外銀にもいたがヘッジファンドが特に目立って取引をしていることはなかった。為替取引の出来高の計算方法に誤解があるからだ。何十兆ドルとも言われる為替取引の半分はスワップ取引だ。

また計上の仕方でも輸出が100本ドルを売ると100本で計算され、さらにそのカバーで銀行が100本売ると取引量は200本となる。ここでまず貿易の為替は市場の2分の1ということになってしまう。実際は貿易取引の100本だけなのだが、さらにそれをスワップを使い先物に延長すると、さらに100本増える。他の取引でも2重以上の計上があるので、ことさら市場に占める貿易為替が小さいわけでもない。その市場出来高と貿易為替のギャップをヘッジファンドの仕業とするのは、居もしない参加者を作り上げているようなものだ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 最近の南ア基礎指標」 | トップページ | NZ見通し »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外参加者の横顔2、ヘッジファンド2:

« 最近の南ア基礎指標」 | トップページ | NZ見通し »