« 今日は日本もいい数字 | トップページ | オリックス証券でセミナー行います »

2009年10月 8日 (木)

チャートで短期トレードに勝つ1

「チャートで短期トレードに勝つ1」

数回にわたってチャートのことをかかせて頂きました。

私のチャートへの考え方をまとめるとこんな感じです↓

「チャートで短期トレードに勝つ!」

東京市場(日本時間午前9 時から午後5 時まで)の為替相場の値動きはあまり大きくなら
ないことが多いが、ニューヨーク市場は経済指標やニュースなどに素直に反応して大きく動くマーケットである。東京市場は投機的な為替取引よりも貿易に関わる為替取引が圧倒的に多く、しかも、輸出と輸入の為替取引がほぼバランスする形となっているのに対し、ニューヨーク市場では貿易取引に関わる為替取引が極めて少なく、殆どの取引がトレーダーやヘッジファンドらによる投機取引となっているからである。

短期トレードを行う場合、静かで小動きの相場が得意という人もいれば、荒れ相場が得意
という人もいるだろう。それゆえ、短期トレードでは自分にあった相場つきの時間帯、通貨
を選んで取引をすることが大切である。また、短期トレードを行う場合には、相場に関する
ニュースを即座に入手出来る情報機器(インターネット、速報メールなど)や、取引する通
貨のチャート(ローソク足、一目均衡表、移動平均線、ボリンジャーバンド)を揃えておく
ことも大切である。

かつてはロイターやブルームバーグなど、海外のニュースソースにアクセスするのに非常に高額な費用がかかったが、現在は外為証拠金取引会社などを通じて殆ど負担にならない金額で入手できるようになった。また、チャートも手で描かなくともインターネットで容易に入手できる便利な時代になっている(続く)。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 今日は日本もいい数字 | トップページ | オリックス証券でセミナー行います »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャートで短期トレードに勝つ1:

« 今日は日本もいい数字 | トップページ | オリックス証券でセミナー行います »