« ドルインデックス:水谷 | トップページ | 藤井さんの1930年代の円安相場とは »

2009年9月28日 (月)

悲しき哉、注文情報

「悲しき哉、注文情報」

Ws000077

 今日は既報通り

89.40と89.0の損切りの売りが参加者の土曜、日曜の熟考でドル売りに傾いたこと、藤井さんの「円高命」発言、ゼーリック原稿前倒しドル不安発言などをきっかけで執行された。ただ勢いで88.50以下もついたがそのあたりには既に損切りの売りもなく、や休み明けの実需や外債、外貨投信の買いで89まで戻していった。

 仲値決定全前後から89円30-60銭に今度は逆に損切りの買いが入り出し底堅くなり一部損切りを執行している。

 損切り通りに相場が動くと書いてある教科書は一冊もないが、そうなってしまう。では損切りをおかなければいいわけだが、そうするともっとアゲンストに行ってしまう(経験談)。

 若林さんは「自分が誤った相場には一度損切りをして、ごめんなさい」と言わないといけないと教えられたことがあった。25年前か。

 ということでちょっと決死の覚悟で売った89.50には敬意を表してトライに躊躇しているようだ。

 でも株も為替も日本の景気にいい方向へ動かないと良い経済政策とは言えないだろう。

いったい新政権は日本を円高不況株安に追い込んでいくのだろうか。かといって自民党の借金ハコモノ政策も嫌だし。

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドルインデックス:水谷 | トップページ | 藤井さんの1930年代の円安相場とは »

為替09年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しき哉、注文情報:

« ドルインデックス:水谷 | トップページ | 藤井さんの1930年代の円安相場とは »