« 夕刻のランド」円、白金上昇 | トップページ | 国士と為替、大磯為替暗殺事件 »

2009年9月 4日 (金)

金より白金が高いのが平和

「金より白金が高いのが平和」

金も1000ドル間近で盛り上がっているが、景気回復の兆しはやはり白金、銀、パラジウム価格が上昇していることにみられる。

 金は黄金趣味で買う人も世界中にいる。宝飾や蓄財目的でも買う。白金、銀、パラジウムはそれほど眺める為に買う人はいない。

 景気回復しているかどうかはやはり金よりも白金、銀、パラジウム動向を注意したい。様々な工業分野で使用される。

 2008年12月に白金の価格は金を12年ぶりに下回ったことがあった。世界同時不況で生産が落ち込み白金需要も減少したからだろうい。逆に言えば景気の底だ。

 白金と金がともに最高値を更新した2008年3月で価格は白金が1トロオンス2000ドル超。これに対し、金はその半分の1000ドル程度だった。

  過去を振り返っても、白金価格が金を下回った例は少ない。91年-92年は、白金価格が金を下回ったことがあった。当時も米国景気が後退し、自動車排ガス触媒向けの需要が落ち込むとの見方が広がり、白金が売られた。

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夕刻のランド」円、白金上昇 | トップページ | 国士と為替、大磯為替暗殺事件 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金より白金が高いのが平和:

« 夕刻のランド」円、白金上昇 | トップページ | 国士と為替、大磯為替暗殺事件 »