« ドルと円の短期金利スプレッド:水谷 | トップページ | 為替はこれだから面白い »

2009年9月11日 (金)

大台にこだわらず、利用したい

「大台にこだわらず、利用したい」

 マスコミは騒ぐのが仕事だから金が1000ドルとか為替が100円、90円、株が1万円割れで大きく報道する。テレビ局はディーリングルームに出動してくる。「何年ぶりの○○台」という見出しが必要なようだ。

 でもデイトレーダーにとって大台はあまり関係ない。日々きっちりとっていけばいいだけで94円台で50銭抜くのも、100円丁度近辺で50銭抜くのも変わりはない。

大台で売ったり買ったりすると(例えば金を1000ドルで先物で買う)といつもよりしこった時にプレッシャーがかかる。その心理的プレッシャーを利用して大台では逆張りをすることもある。

 またいつも92.0とか1.45という節目のレートに注文が集中しているが、あまり多いと自分の注文はつけてもらえないことがあるのでちょっと手前に謙虚に置いたほうがいいだろう。

大台での取引の証拠を残すことを趣味としている人は別だが99.95で売ろうと100.0で売ろうとあまり収益には影響がない。

 損切りも大台(丁度のレート、節目)から少し遠くへ離したほうがいいのではないだろうか。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドルと円の短期金利スプレッド:水谷 | トップページ | 為替はこれだから面白い »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大台にこだわらず、利用したい:

« ドルと円の短期金利スプレッド:水谷 | トップページ | 為替はこれだから面白い »