« 400億NZ国債海外販売その1 | トップページ | 休みのNZ円、政策金利は10日 »

2009年9月 5日 (土)

400億NZ国債と海外金利、海外販売その2

「400億NZ国債と海外金利、海外販売その2」

P1000080nz2

*財務相は海外投資家からは好感触を得たとしている(もちろん嫌われたとは口が裂けても言えない)。

来年から4年間をかけて調達する

ちなみにNZ10年債は現在5.66%で先進国で一番高い。政策金利は2.5%なので短期借り入れ長期運用でも利ザヤが稼げる

*年初から住宅市場が活況を呈しているので、国も調達し、海外もいわゆる「ウリダシ債」を発行しているので長期金利は上昇するだろう

日本の個人投資家も既にNZ国債を購入している。私の保有分は今年一部満期が来て、3年後も満期が来る。NZ政府は償還分を再調達するといういうことだろう。

*NZもかつての財政黒字ではなく赤字になってしまった。ただ他国も財政赤字が増大しているのでその調達を海外に求め始める。

P1000007nz4

*またNZ政府も日本の新政権が自由貿易協定についてどう考えるか興味を持っている。それとこの財政問題もありキー首相も近々訪日するとみられている。

*国債の海外への販促競争が激しくなるだろう。ロードショー(国債販促説明会=日本政府も海外で行っている)盛んになるだろう。

先進国の10年債利回りは現在以下のとおりである。

Australia 5.54%
Austria 3.81%
Belgium 3.77%
Canada 3.38%
Denmark 3.66%
Finland 3.63%
France 3.60%
Germany 3.26%
Greece 4.64%
Italy 4.16%
Japan 1.33%
Netherlands 3.60%
New Zealand 5.66%
Norway 4.10%
Portugal 3.99%
Spain 3.90%
Sweden 3.31%
Switzerland 2.08%
UK 3.63%
US 3.43%

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 400億NZ国債海外販売その1 | トップページ | 休みのNZ円、政策金利は10日 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 400億NZ国債と海外金利、海外販売その2:

« 400億NZ国債海外販売その1 | トップページ | 休みのNZ円、政策金利は10日 »