« 休みの豪ドル円、雇用と中国指標 | トップページ | 400億NZ国債と海外金利、海外販売その2 »

2009年9月 5日 (土)

400億NZ国債海外販売その1

「400億NZ国債海外販売その1」

P1000049nz1

イングリッシュ財務相自ら東京とニューヨークでNZ国債への投資促進のため、投資家と面談したり格付け会社と打ち合わせを行った。
いわゆるロードショーでこれは日本の財務相も日本国債の海外投資家への販売促進のために何度も行っている。

*自国債の消化を国内に留めず海外へも広げていくことは他国も行っている。

*ただ国債を海外へ売ってその後通貨が安くなれば海外投資家は損失を被る。知り合いのアジアの政府系ファンドは80年代に日本国債を購入していることを教えてくれたが、債券価格上昇と円高で大儲けであった。

*NZ政府も海外で大量に売るなら通貨安定を図らないといけない。NZ高を再三懸念すると海外投資家は寄り付かなくなる。

金額は400億NZドル。約2.5兆円。日米なら国債入札1回分程度だが国の規模からは大きい。

*米債のように手持ちのドルやドルを借りて債券を買うほど投資家はNZ市場で成熟した取引をしていないので、おそらく最初の購入は為替取引=円売り=が起きるだろう。もちろん償還時は円買いとなる。償還時に再投資すれば為替は起きない。

*NZの財政赤字補てんのためだが市場がこれでNZ経済をネガティブと見るかあるいは通常の資金調達と見るか。もちろん格付けは日本より上である。NZ政府は格付け会社から安定的な見通しを得て発行したいのでイングリッシュ財務相はNYの格付け会社を訪問している。P1000053
(続く)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 休みの豪ドル円、雇用と中国指標 | トップページ | 400億NZ国債と海外金利、海外販売その2 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 休みの豪ドル円、雇用と中国指標 | トップページ | 400億NZ国債と海外金利、海外販売その2 »