« 初球攻撃論 | トップページ | 何も考えないのが為替 »

2009年8月14日 (金)

中国株下洛、ベトナムVN指数500P越え

16時過ぎのアジア株です(クリックで拡大します)。

090814

上海総合指数は2.98%と大きく下落、ハンセン指数、H株価数も下落しました。インドのセンセックス指数も下落。アメリカの小売売上高、週間新規失業保険申請件数などの経済指標が弱かったことからIT関連銘柄が売られているようです。

一方、7月中旬に420ポイントを割り込んだベトナムのVN指数は再び500ポイントを超えています。さて、私カンボジアに続き、ベトナムを旅してきました。現地で個人投資家の話を聞いたところ、今年2~3月にVN指数が250ポイントを割り込んだ頃から現地の個人投資家の間で投資熱が高まったそうです。個人投資家のほとんどは短期売買派で、多少儲かるとすぐに売ってしまうそうですが、「儲けた資金でまた投資をするので資金がグルグル回転し続け、相場全体を押し上げているのだろう」と言っていました。

ちなみに、話をしてくれた投資家の1人は「2月に買ったソンダ工業団地・都市投資開発(SJS)という銘柄が3倍になった。この調子で儲けて次は不動産投資をしたい」と熱く語ってくれました。「海外の資金がもっと入ってくれたら、もっと上がるのに…」とも話していましたが…。

ベトナム株のチャートは、「ベト株ドットコム」のウエブサイトで見ることができます。

http://www.viet-kabu.com/data/chart.php?t=hcm

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 初球攻撃論 | トップページ | 何も考えないのが為替 »

5大山弘子(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初球攻撃論 | トップページ | 何も考えないのが為替 »