« またもや売りきれ投信、もっとサービスして | トップページ | 夜のユーロ円、2つのバンド上限近い »

2009年8月 3日 (月)

夜ドル円、兆し出口終わりの始まりの順に推移

「夜のドル円、兆し出口終わりの始まりの順に推移」

ID為替リポート(中期的見方)や本ブログで書いた、オバマ大統領のいう「回復の

兆し」「出口戦略」「終わりの始まり」「雇用改善は遅れる」というシナリオに沿って推移している。そして17:05の投稿に書いたように「昨秋のレベル」を為替株が回復していくのだろう。昨年の8月後半が入口ならばそこへ戻っていくのだろう。

 ドル円の伸びは遅々たるものだが、全面ドル安なので仕方がない。7月13日、22日、29日を結んだ上昇ラインは今週もここまで生きている。これを下に切った時はロングも気をつけたい。

かなり厚かった95.20の売りをクリアして95.35までつけたが、やはり95.20の重さは効いていてちょっと下げている。まあ世の流れ(ドル安)と逆にいくのでゆっくりじっくり。

売りは95.40で中以上、95.50で大(95.20ほどの大きさでなく3分の2程度)、その上は中程度。

買いは95.15から94.85は小さいものだけ、94.80で中、94.70で大

損切りは買いはあまりない。売りは95.0で少々。

クロス円の買いが主導でドル円を引き上げる

。野村や国際の投信が売りきれるほどだから。



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« またもや売りきれ投信、もっとサービスして | トップページ | 夜のユーロ円、2つのバンド上限近い »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜ドル円、兆し出口終わりの始まりの順に推移:

« またもや売りきれ投信、もっとサービスして | トップページ | 夜のユーロ円、2つのバンド上限近い »