« リャン ウー パー シーイーの15日 | トップページ | 夜のドル円、97売り大きい、一目、ボリンジャー »

2009年8月 7日 (金)

なだらかに円安がオバマ回復相場

「なだらかに円安がオバマ回復相場」

失業率は9.4%、非農業部門雇用者数は-24.7万となった。予想よりいいが冷静に、悪かったとしても冷静に。

 今週の米国指標殆どが予想を上回るものであった

上回ったもの=ISM製造業、建設支出、個人所得、中古住宅販売、製造業受注、失業保険

         チャレンジャー社人員削減数、MBA住宅ローン申請数、雇用統計

下回ったもの=ISM非製造業、ADP雇用者数

まさにオバマ大統領を筆頭に世界で普及させた「回復の兆し」「終わりの始まり」のペースだ。

 ISM非製造業が悪化しても、全体的にはいい方向へ向かっているとして悲観的にならず。

今夜の雇用統計が予想より良くても、まだまだ雇用者数はマイナス圏でやはり10%に近い失業率は高いと思いたい。

 ただ最悪から=1,2月からはゆったりとなだらかな回復の道を辿っていると思う。時に道を外れても元に戻ってくる。悲観せず、調子に乗らず右肩上がりの取引で行きたい。

まもなく需給=注文情報をお伝えしますが97は結構大きい売りが入っている。ジワジワと行きましょう。 今週も疲れましたが来週もタフなスケジュール、頑張りましょう。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« リャン ウー パー シーイーの15日 | トップページ | 夜のドル円、97売り大きい、一目、ボリンジャー »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なだらかに円安がオバマ回復相場:

« リャン ウー パー シーイーの15日 | トップページ | 夜のドル円、97売り大きい、一目、ボリンジャー »