« ロンドンG-20は与謝野さんが出席される? | トップページ | ユーロドル、月足上昇ラインまだ有効 »

2009年8月30日 (日)

ドル円テクニカル

「ドル円テクニカル」

 *年足と月足は先ほどの投稿を見て頂きたい

 *日足では8月10日と11日を結んだ下降ラインを21日に上抜け95.05まで上げてまた93円台へ下落してきた。下降ラインは下落する時のポイントとなる。次にそれとぶつかるのは92円以下となる。

 *現在は24日と26日を結んだ下降ラインに沿っている。それを下に平行移動すると月曜92.60-70がドルのサポートとなる。もちろん月曜は選挙はあるが月末でもあるので9時以降はドル需要も気をつけたい。

一目の雲の下となっている。雲の下限は94.30あたり

5日移動平均線は8月14日以来下降継続

ボリンジャーバンドでは下限に位置する。93.0あたりが下限。

*7月8日から13日の92-93の揉み合いに挑戦するか。ただ需給的に7月のボーナス投信の円売りがなく、不確かな円買い要因のHIAが潜んでいる。

*金曜の上ヒゲでは売り圧力を示している。

Ws000003 Ws000004 Ws000006

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ロンドンG-20は与謝野さんが出席される? | トップページ | ユーロドル、月足上昇ラインまだ有効 »

為替09年8月b」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円テクニカル:

« ロンドンG-20は与謝野さんが出席される? | トップページ | ユーロドル、月足上昇ラインまだ有効 »