« 朝のユーロ円、CPI低下でのECB理事会 | トップページ | キャッツ後継、南アミュージカルウモジャ、ランドを理解する為に »

2009年8月 3日 (月)

朝のポンド円、ユーロより強し、若干の損切り買いあり

「朝のポンド円、ユーロより強し、若干の損切り買いあり」

朝からややユーロより強い。ポンドドル、ポンド円が若干上昇している。ユーロ円、ユーロドルは若干下落、ユーロポンドは下落(ポンド高)。

 6日のアベック政策決定会合は両者据置予想だが最近のCPIではよりユーロ圏が低下しているからか、両中銀のコメント比較は重要。

 売りは158.80が中、159.0が大。それ以上の159台はまばらな小から中の売り、160.0で大

買いは158、157台は小、157.0で漸く中。

損切りはやや買いがある。といっても159.0、160.0の節目に少々。ただ損切りの売りはないということは買いエネルギーのほうが溜まっているのだろうか。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 朝のユーロ円、CPI低下でのECB理事会 | トップページ | キャッツ後継、南アミュージカルウモジャ、ランドを理解する為に »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝のポンド円、ユーロより強し、若干の損切り買いあり:

« 朝のユーロ円、CPI低下でのECB理事会 | トップページ | キャッツ後継、南アミュージカルウモジャ、ランドを理解する為に »