« 介入2、目的、実務など | トップページ | 介入3、決定 »

2009年8月15日 (土)

日本の株価: 呂 新一

先週火曜日深夜の本欄において、筆者が中国と米国の株式投資が難しい局面に入った(中国上海総合株価指数は既にピークアウトし、ニューヨークの株価指数は上値余地が小さくなった)と書きましたが、その後の動きはその通りになりました。

 

そこで、ある読者から日本の株式相場はどうですかと聞かれました。日本株は中国、米国より出遅れているが、それでも米中両国の影響が大きいため、米国と同じく上値余地が小さいように思われます。そして、特に日本株について、米国の株価が下落すれば円高になりやすく、円高が日本の株式相場にとって足枷であるとのことは指摘できます。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 介入2、目的、実務など | トップページ | 介入3、決定 »

4呂新一」カテゴリの記事

日本株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 介入2、目的、実務など | トップページ | 介入3、決定 »