« 昼NZ円、株と対ドルで上昇、ええっ!」 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

2009年8月25日 (火)

投資戦略の考え方・・・買い持ちの場合は短期トレードを中心に

「買い持ちの場合は短期トレードを中心に」

CFDは短期トレードが基本になる。

FXの場合、円金利が長年に亘って低い状態が続いたため、円を売って、相対的に金利水準が高い外貨を買った場合は、長期で保有することによって、スワップポイントを蓄積することができた。

しかし、CFDは買いポジションを持つと、オーバーナイト金利が差し引かれていく。

オリックスCFDの場合、オーバーナイト金利の年率は、各銘柄に適用される金利に、買い方の場合は3%を上乗せし、売り方の場合は3%を差し引く。

計算式は次の通りだ。

1日あたりの金利=(CFD数×当該CFD引け値×金利)÷365

なお、売り方金利の場合、3%を差し引いてマイナス金利になる場合は、0%として計算され、金利の受け渡しは行われない。

塵も積もれば山となる。

あまり長期で買いのポジションを保有し続けようとすると、価格が全く動かなかったとしても、オーバーナイト金利が差し引かれるだけで、ロスカット寸前まで証拠金が目減りしてしまう。

つまり、長期でポジションを取り続けるのは危険だということ。

特に買い持ちの場合は、短期で勝負をつけなければならない。

C468_60

|

« 昼NZ円、株と対ドルで上昇、ええっ!」 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

CFDを始めてみよう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昼NZ円、株と対ドルで上昇、ええっ!」 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »