« 株価予測モデルのパフォーマンスチェック:呂 新一 | トップページ | カナダ円テク、資源高 »

2009年8月 2日 (日)

ドルカナダテク、回復の兆しの象徴

「ドルカナダ、回復の兆しの象徴」

7月13日からのかなりきついドル下げトレンドを7月28日に上抜けるも依然昨年10月の安値圏で推移している。5日移動平均線も下向きのままである。

トレンラインは先ずは7月30日、31日の下降トレンドラインを引いて、29日と30日を結んだものも加えてこれらの上抜けにも気をつけたい。ボリンジャーバンドでは下限に貼りついてきている。

カナダ中銀は3QGDP見通しを4月時点の年率-1.0%から+1.3%へ大幅に上方修正している。まさに回復の兆しの象徴で資源価格の上昇もカナダを強くしている。

今週の焦点は7月雇用統計で予想は失業率が8.8%、雇用者は2万人減である。

Ws000034 Ws000035 Ws000036

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 株価予測モデルのパフォーマンスチェック:呂 新一 | トップページ | カナダ円テク、資源高 »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルカナダテク、回復の兆しの象徴:

« 株価予測モデルのパフォーマンスチェック:呂 新一 | トップページ | カナダ円テク、資源高 »