« ユーロドル、月足上昇ラインまだ有効 | トップページ | ポンドドルテク、英国為替戦略 »

2009年8月30日 (日)

ユーロ円テクニカル

「ユーロ円テクニカル」

 *月足では2月からの上昇ラインを6月から下抜け始めていた。そえ以降はもみ合いである。

 7月はボーナス投信で上昇局面もあったが、今月は小動きで若干陰線。やはり需給がモノを言う。

日足では8月13日と24日を結んだ下降ラインで今月も高値が抑えられている。この下降ラインを下方に平行移動したものがユーロ円のサポートラインとなる。もちろん8月19日と27日の上昇ラインもサポートする。

ローソク足は下ヒゲのあと上ヒゲでもみ合い。

5日線は下向く

*ボリンジャーバンドのレンジは132.50-138で下位に近い。

*資源国クロス円よりは弱い位置にある。

31(月)  ユーロ圏CPI、ノボトニーオーストリア中銀総裁
1(火)  ユーロ圏失業率、独失業率
2(水)  ユーロ圏PPI、2QGDP改定値
3(木)  ユーロ圏小売売上、ECB政策金利、トリシェ総裁
4(金)  欧州委員会経済見通し、トリシェ総裁、パパデモス副総裁、シュタルク理事、パラモ理事
             ロンドンG-20 

Ws000011 Ws000012 Ws000013 Ws000014

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロドル、月足上昇ラインまだ有効 | トップページ | ポンドドルテク、英国為替戦略 »

為替09年8月b」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円テクニカル:

« ユーロドル、月足上昇ラインまだ有効 | トップページ | ポンドドルテク、英国為替戦略 »