« 朝のユーロ円、インフレ低下中、出口戦略の流れについていけるか | トップページ | お昼の豪ドル円、金利据置前にはしゃぎすぎた、スワンの織り込み »

2009年8月 5日 (水)

お昼のポンド円、ロイズ決算

「お昼のポンド円、ロイズ決算」

いよいよ明日は政策金利決定。豪ほどの勢いはないが7月製造業PMIは上昇して50を越えた。これもポンドドル上昇の要因。予想は据置だが量的緩和の資産買い取りプログラムをどう取り扱うか、将来のインフレについてどう語るか、同日のECB理事会も参考にしつつ。

 今日はロイズ銀行の決算がある。増益のバークレーズにフォロー出来るか

売りは162.0から162.40が大きい。161後半は小さい。買いは160後半は小さく、160.40-20は中、160.0が大。

損切りは売り買いとも小さいものが入っている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 朝のユーロ円、インフレ低下中、出口戦略の流れについていけるか | トップページ | お昼の豪ドル円、金利据置前にはしゃぎすぎた、スワンの織り込み »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お昼のポンド円、ロイズ決算:

« 朝のユーロ円、インフレ低下中、出口戦略の流れについていけるか | トップページ | お昼の豪ドル円、金利据置前にはしゃぎすぎた、スワンの織り込み »