« 銀行のディーラーのポジションシートとは、入門 | トップページ | 落地生根、中華街150年 »

2009年8月19日 (水)

夜はこれから

「夜はこれから」

*今日は大きなイベントはなかったが中国株の4%超の急落は大きなイベントとなった。

戻しは小さく下げは大きい動きの繰り返しとなっている。一斉にクロス円の売りとなった。

NY時間外株も下げ幅を広げている

GMの1300人雇用回復や7月北米BBレシオ上昇は元気づけにならないのだろうか、

*今夜はFRB経済シンポジウムがある。

*日本は全産業活動指数は予想より悪化。日本は2QGDPのプラ転を自民党のお陰としたいところだが、やはり所得減では説得力なし。池田首相の所得倍増論は無理でも可処分所得倍増論くらいぶちあげて欲しい

豪は6月WESTPAC先行指数は5月の-0.2%から+0.7%へ上昇。エディ豪中銀総裁補佐は「金融システムは良好、消費者信頼感は高い水準を回復している」と発言した。相変わらず中味はいい。

豪中関係は大丈夫だろうが、リオティントとウイグル問題で軋轢

ポンドは英国保守党のキャメロン党首が債務不履行の可能性を示唆した為売られている(でもそうならどこの国もすべてデフォルトだろう)。テレグラフ紙の記事だがいつもちょっと東スポ的。FTやタイムズとはちょっと違う系統の新聞のようだ。あまり気にする必要はないが先に気づけば付き合ってもいいニュースを出してくれる。

米S&Pは中国の信用格付け引き上げも(ブルームバーグ)   

中国の構造改革が国内の重要産業、特に金融機関の経営・財務状態の持続的な改善につながった場合、同国の信用格付けを引き上げる可能性があると表明した。

    同社はこの日、中国の長期信用格付け「A+」と短期信用格付け「A-1+」の据え置きを発表した。

20   加 7月CPI
21   加 7月景気先行指数、米 MBAローン申請件数

FRB経済シンポジウム、米 エネルギー省石油在庫

講演=FRB経済シンポジウム
決算= ハーマンインターナショナル

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 銀行のディーラーのポジションシートとは、入門 | トップページ | 落地生根、中華街150年 »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はこれから:

« 銀行のディーラーのポジションシートとは、入門 | トップページ | 落地生根、中華街150年 »