« 国際通貨制度の歩み7 | トップページ | CFDの人気投資商品ランクは? »

2009年8月11日 (火)

夜はこれから

「夜はこれから」

21   加 7月住宅着工 、米 2Q労働生産性、単位労働費用
22   米レッドブック大規模小売店売上
23   米 卸売在庫

決算=アライドマティリアルズ

*FOMCと米国債入札を控えている。FOMCは資産買い入れプログラムや出口戦略にどう言及するか(発表は日本時間13日未明)

*東京ではまだ先週の金曜日のドル上げの調整売りが続いた。罫線ではバケ線、カブセ線とドル売りが出ている。下ヒゲでも出ないとリバウンド出来ない。中国株が反転上昇するかどうか。

*金曜日ドル円のはしゃぎすぎでボリンジャーバンドの外に出ていたがバンド内に戻ってきた。非農業部門雇用者数もまだマイナスの自覚で反応すべきだろう。まだトンネルの中での進展。

*アジアでのNY時間外株取引は動かず。日経も小幅高。NZ株は下げ、豪株は上げ。上海株は小幅上げ、漸く政府首脳の金融緩和、財政出動維持発言が効いてきたか。それにしても融資規制の報道は重かった。

日銀は金利を据置く。景気下げ止まっているとの景気判断。生産輸出持ち直し、設備投資は大幅減、個人消費も弱い。月例経済報告も同じ。ほの先進国も同じリズムで回復。豪が早く、欧州が遅い。

中国の指標は以下の通りまずまず

7月CPI(前年比)-1.8%、PPI(前年比)-8.2%

7月小売売上高+15.2%、7月鉱工業生産+10.8%
7月貿易黒字106億ドル(6月82.5億ドル)、ただ輸出23%、輸入14.9%減(前年同月比)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 国際通貨制度の歩み7 | トップページ | CFDの人気投資商品ランクは? »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はこれから:

« 国際通貨制度の歩み7 | トップページ | CFDの人気投資商品ランクは? »