« 夜のランド円、賃上げなくしてWカップ開催なし、兵士 | トップページ | 豪ドルが上昇するとすれば、、、:津田 »

2009年8月28日 (金)

この一冊、為替レートの謎を解く

「為替レートの謎を解く」ポールクルーグマン、伊藤隆敏訳、東洋経済

 クルーグマン教授はターゲットゾーンを提唱しそれが世界の金融当局に大きな影響を与えている。

1986年10月のベーカー宮沢会談以降、また1987年のルーブル合意以降ドル、マルク、円、ポンドを含む主要通貨で実践されていると見られる。世界の金融当局はその存在やレンジを公表していないものの多くの状況証拠や金融当局からの意図的なリークでターゲットゾーンの存在は関係者には周知の事実だろう。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜のランド円、賃上げなくしてWカップ開催なし、兵士 | トップページ | 豪ドルが上昇するとすれば、、、:津田 »

為替09年8月b」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一冊、為替レートの謎を解く:

« 夜のランド円、賃上げなくしてWカップ開催なし、兵士 | トップページ | 豪ドルが上昇するとすれば、、、:津田 »