« 今日の焦点、中国株、米小売決算 | トップページ | 朝のユーロ円、円より強いユーロ&スイス »

2009年8月20日 (木)

朝のドル円、独自の動きの米中株

「朝のドル円、独自の動きの米中株」

NZ、豪、日経平均、ソウルとNYの上昇を受け小幅高。ゴトビということもありドル円も小幅高。

10時半の上海オープンでどうなるか、昨夜の国務院の中小企業救済発言は効くのだろうかまだ「そんなの関係ない」といった損切り玉が出るのだろうか。だからこそ損切りは相場を動かすエネルギーだ。

 中国や米国株は他市場に影響されない独自の動きをするので面白い。だからこそG-2なのだろう。 

ドル円は8月13日からの第一下降ラインは上抜いたが8月7日の第二下降ラインで跳ね返されまだ極めて細い2本の下げトレンドラインの中での動きとなっている。

 今日は2年前くらいから利上げを主張していた日銀水野委員の講演がある。

(注文)

買い注文が多いわけではないが、20日なので仲値の当用ドル買いで上昇。

売りは94.20以上、10銭刻みで中以上が入っている。

買いは94.0は昨日もつkているので中程度。

それ以下も少なく、93.80、70が中。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

 売りがやや多い。VS 仲値。

損切りは気になるものはない。

|

« 今日の焦点、中国株、米小売決算 | トップページ | 朝のユーロ円、円より強いユーロ&スイス »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝のドル円、独自の動きの米中株:

« 今日の焦点、中国株、米小売決算 | トップページ | 朝のユーロ円、円より強いユーロ&スイス »