« 夜のNZドル円 | トップページ | 夜のランド円 »

2009年8月 6日 (木)

レクサスとオリーブの木

「レクサスとオリーブの木」 トーマスフリードマン、草思社

 無名の青年が一夜にして富を築く一方で、国も業種も超えた合併が巨大企業を生み出し

世界の株価は短時日のうちにとんでもない乱高下を見せる。混沌にも似たこの新しい世界のルールとは何か。何が新たな勝者を生み、何が日本の景気を抑えつけているのか

 著者はこの問いに二つのキーで答えるレクサス(トヨタ高級車)とオリーブの木(土地、文化、民族の象徴)である。国籍を超えた最新技術の終結と古来の伝統的価値への固執、この二つの要素を軸に読み解いていく。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜のNZドル円 | トップページ | 夜のランド円 »

外為入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レクサスとオリーブの木:

« 夜のNZドル円 | トップページ | 夜のランド円 »