« 朝のユーロ円、ドル円95円の売りで下落 | トップページ | お昼の豪ドル円、いい指標、いいコメント »

2009年8月19日 (水)

朝のポンド円

「朝のポンド円」

ポンドドルが1.66を前に反落したこと、ドル円に95以上の売りがあることで、合わせてポンド円の売りとなっている。英国保守党キャメロン党首が債務不履行の可能性を示唆した為売られている(でもそうならどこの国もすべてデフォルトだろう)。

上海株の下落も売りを誘っている。英は7月CPIが予想より強かった。資産買い入れ増枠したばかりだが、インフレ指標も追っていきたい。今日は英中銀議事録公表あり(17:30)

注文はぱっと見ると売りがやや多い。

売りは156台は小さい。157.0も小、157.40から158は中程度。

買いは156.0が中、155台は小、155.0は大。

損切りはあまりない。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 朝のユーロ円、ドル円95円の売りで下落 | トップページ | お昼の豪ドル円、いい指標、いいコメント »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝のポンド円:

« 朝のユーロ円、ドル円95円の売りで下落 | トップページ | お昼の豪ドル円、いい指標、いいコメント »