« 呂さんの米中株価の見方 | トップページ | 入門、未達のプラザ合意3米国編 »

2009年8月19日 (水)

夕刻のランド円

「夕刻のランド円」

 南アの2QGDPが-3%となったことで新聞の論調は世界に出遅れとなっている。6月製造業生産は前年比-17%となっている。金の産出も前年比12%減少している。

米国の底打ち、欧州の予想より強いGDPうあ景況感指数、日本も2Qはプラス成長となったことを取り上げ南アの出遅れを指摘している。

 今日もまだ鉄道ストが決行中。もう少し辛抱が必要だ。GDPは3Qもマイナス予想でプラスに転じるのは4Qという見通しである。

さて注文は

売りは11.85-95が中、12.00から5銭刻みで大が続く

買いは11.60から5銭刻みで大が11.05まで続く。

損切りの買いはない。

損切りの売りは11.30が大。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 呂さんの米中株価の見方 | トップページ | 入門、未達のプラザ合意3米国編 »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕刻のランド円:

« 呂さんの米中株価の見方 | トップページ | 入門、未達のプラザ合意3米国編 »