« 朝のポンド円、資産買い入れ額とインフレ見通し | トップページ | お昼のNZドル円、6%失業率でも財務大臣強気 »

2009年8月 6日 (木)

豪ドル円、雇用で上げ、中国で下げ

「豪ドル円、雇用で上げ、中国で下げ」

豪の7月雇用統計の改善で上げ、中国上海総合指数が3%下落するのを見ながら下げている。

80.48から79.84へ。

豪中銀の声明には常に中国の景気動向に言及してるので中国は豪ドルの変動要因である

80.20以上は大きい売りがあったが、強い雇用統計でつけた後、上海株下落で80割れ。

雇用統計も上海株スタートも午前10時半がみそ。

現在の売りはある程度消化したので小さいものだけが80.20以上にある。

買いは79.80から55まで5銭刻みで、79.50が大、その下は中。

損切りなし。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 朝のポンド円、資産買い入れ額とインフレ見通し | トップページ | お昼のNZドル円、6%失業率でも財務大臣強気 »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円、雇用で上げ、中国で下げ:

« 朝のポンド円、資産買い入れ額とインフレ見通し | トップページ | お昼のNZドル円、6%失業率でも財務大臣強気 »