« 経常黒字拡大に不況感あり | トップページ | 朝のユーロ円、GDPとCPI »

2009年8月10日 (月)

ドルインデックス:水谷

金曜日の米雇用統計を受けてドルインデックスが上昇しています。

Dollinedexaug10 現在78.79です。3月10日高値89.29起点のギャンライン1x3(現在79.14)を上抜けしてゆくかが焦点です。

これまで米良好な経済指標はリスク志向のドル売りに反応していましたが、今回は米国自体に投資する動きに変わってきており、この流れが続くのか見極める必要があります。その意味では米国債10年利回り3.85%, ドイツ国債10年3.51%, 英国国債10年3.80%で米国債が抜き出すようですと、ドル投資に資金が向かう可能性もあるのではと思います。

ドル/円ですと、シカゴ先物市場(CME)で円ロングが先週火曜日時点で10,615枚と前週の24,302枚から半減となっています。現在はほとんどポジションゼロではないかと推測します。(シカゴ筋は96.00前後がショートとロングの分岐点と見ていると推測します。)

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 経常黒字拡大に不況感あり | トップページ | 朝のユーロ円、GDPとCPI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経常黒字拡大に不況感あり | トップページ | 朝のユーロ円、GDPとCPI »