« スイス円テク、下降ラインバンド | トップページ | 「豪ドル円テク、6カ月連続陽線の後 »

2009年8月16日 (日)

利上げの旗手だが、豪ドルドルテク

「利上げの旗手だが、豪ドルドルテク」

 利上げの旗手となった豪ドルであるが月足では2月から陽線が続いていたが、今月は若干の陰線となっている。

7月13日と30日を結んだ上昇ラインは下に切っている。戻す場面もあるがこの上昇ラインを上回ることが出来ない。

 7月13日と8月12日を結んだ上昇ラインを下に切る時は気をつけたい。月曜なら0.8260あたりとなる。

 一目の雲の上限の0.7930まではまだかなり遠い。それだけ強かったということ。ボリンジャーバンドも上位にいる。バンドのレンジは0.78-0.86。

5日移動平均線は下げ気味である。

Ws000040 Ws000041 Ws000042 Ws000043

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« スイス円テク、下降ラインバンド | トップページ | 「豪ドル円テク、6カ月連続陽線の後 »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利上げの旗手だが、豪ドルドルテク:

« スイス円テク、下降ラインバンド | トップページ | 「豪ドル円テク、6カ月連続陽線の後 »