« 夜のランド円 | トップページ | 9月以降米株調整の可能性: 呂 新一 »

2009年8月26日 (水)

この一冊、陰謀のドル

「陰謀のドル」井口俊英、文藝春秋

元大和銀行の米国債取引第一人者の井口俊英氏の作である。

95年の巨額損失事件の操作にあたったのが本書のFBI捜査官のモデルとなったエド・ストローズ氏である。井口氏の他の著書は大和銀行巨額損失事件を自らつづった「告白」や米国刑務所社会の裏面を発掘した「刑務所の王」などがある。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

« 夜のランド円 | トップページ | 9月以降米株調整の可能性: 呂 新一 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一冊、陰謀のドル:

« 夜のランド円 | トップページ | 9月以降米株調整の可能性: 呂 新一 »