« 夜のランド円 | トップページ | 先ずは数字、かろうじてしぶとい »

2009年8月 5日 (水)

NZ、豪が投資規制緩和、永住権も

「NZ、豪が投資規制緩和」

 豪、NZが海外からの国内投資の規制を緩和しているようだ。雇用悪化に苦しむ両国の対策だろう。

①NZ政府がビジネス移住者の条件を緩めた。

 年間20%をニュージーランドで生活し、1000万NZドルの投資をすれば英語、ビジネス経験、年齢の条件なしで3年間以内に永住権を取得出来る。

 また、150万NZドルを投資し英語、ビジネス経験、年齢の条件を満たしていて、年間40%をニュージーランドで過ごせば永住権の取得が可能となる。ただ300人まで。

しかしこれだけまだハードルが高いというのは世界から永住希望者が多いということだろう。去年旅行に行ってお話をした日本人の方も永住ビザ取得はかなり難しいとこぼしていた。医者など人の役に立つ仕事なら容易だとか。為替ディーラーではすぐはねられたのだろう。

②豪は、海外からの投資に関する規制を緩和すると発表した。

投資先としての競争力や、魅力を高めることを望む為。  海外からの既存事業への民間投資については申請が必要になる案件の規模を、現在の1億豪ドルから2億1900万豪ドルへと倍に引き上げる。投資案件の約20%の申請が不要となるという。  (ロイター)。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜のランド円 | トップページ | 先ずは数字、かろうじてしぶとい »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NZ、豪が投資規制緩和、永住権も:

« 夜のランド円 | トップページ | 先ずは数字、かろうじてしぶとい »