« 南アの住宅手当がランド円を動かす、夜のランド円、二つの要因で戻す | トップページ | 先ずは数字 »

2009年8月 8日 (土)

GOGO! カンボジア

申し訳ありません! 土曜日の朝になってしまいました。
私、昨日からカンボジアに来ていまして、PCの接続に四苦八苦しておりました。接続できても、このサイトにアクセスできなかったり…。

そんなわけで今回は、興味がなければ何の役にも立たない、ベトナムのホーチミンシティ、タン・ソン・ニャット空港を経由でのカンボジアのシェムリアップへの行き方、及び現地でのビザの取得についてです。

ホーチミンシティのタン・ソン・ニャット国際空港ですが、国際線から国際線への乗り継ぎする方法が少々わかりにくくなっています。
(もしかすると、新型インフルエンザの影響でベトナムに着いた旅客全員に対し、入国審査の前にヘルスチェック用の書類を提出させているため、一時的にわかりにくくなっているだけかもしれません…)

まず、空港に到着すると、入国審査に行き着く手前に、小さな乗り継ぎカウンターがあります。ここでパスポートと乗り継ぐ便の搭乗券(成田空港などで発券されたもの)を見せると「LAST MINUTE  PASSENGER」と書かれたシールをくれ、洋服に貼るよう言われます。次に入国審査場の手前で、機内で配られたヘルスチェック用のシートを提出する(というか渡すだけ)のですが、その後がわかりにくいんですね。また乗り継ぎカウンターへ戻るだけなのですが、「どうやって?」と思うくらい不案内です。

まあ、「LAST MINUTE  PASSENGER」のシールを貼った客が、パスポートと搭乗券を持ってウロウロしていれば、空港の職員が「こっちだ」と声をかけてくれるんですが…。ちなみに、機内でヘルスチェック用のシートをもらったら、「ホーチミンシティでは乗り継ぎをするだけだから…」とほおっておかず、その場で書いちゃったほうが良さそうです。

乗り継ぎカウンターに戻ると、そのすぐ脇にある「まさかここが乗り継ぎの入り口?」と思いたくなるような小さな入り口を通って、乗り継ぎ時の保安検査を受け、出発ゲートへと進むことになります。この入り口が小さ過ぎて「ここじゃないだろう」とスルーしちゃうと空港の中で迷子になってしまいますよ(私はちゃんと迷子になりました…)。

さて、カンボジアへの入国には、ビザが必要です。日本で事前に取っておいたほうが良さそうですが、シェムリアップの空港などでも取ることができます。シェムリアップ行きのベトナム航空では、機内で4枚のカンボジアへの入国に必要な書類(入国用、税関申告用、ヘルスチェック用、ビザ取得用)が配られます。書類のフォームは時々変わるようですが、ブルーの2つ折りのものがビザ取得用の書類です。既にビザを取っている人は、これを書く必要はありません。

シェムリアップ空港に着くと、空港の建物の入り口でヘルスチェック用の書類を提出させられます。書いていない旅客もいるため、入り口付近はごった返し状態です。

建物に入り、まっすぐに進むと入国審査ですが、ビザがない人は入って左側のビザ発給カウンターに進みます。ここでブルーの2つ折りの書類と4.5㎝×3.5㎝の写真1枚、パスポートを提出します。旅行会社のパンフレットや旅行ガイドなどには、写真が2枚必要とか、もっと小さなサイズの写真と書かれていることもあります。これは、たぶん書類のフォームがコロコロ変わっているせいじゃないか…という気がします。写真は3分間写真などで撮影したものでOKです。ビザの取得には20米ドルかかりますので、あらかじめ米ドルを用意したほうがよさそうです。

このビザ発給カウンターですが、半楕円系の長~いテーブルに10人ほどの職員がずら~っと横一列に座っています。たぶんそれぞれが自分の分担する仕事、パスポートにビザ用の書類を貼ったり、確認したり、必要事項を記入したりしているのでしょうが、ヒマそうというか退屈そうに自分の左隣の人へパスポートを手渡ししながら作業しているんです。ビザを取得したい人がたくさんつめかけた時のために10人も(もっとかも)いるのだろうとは思うのですが、そうでない時にはものすごく非効率な感じがしないでもありません。ビザはほんの数分で発給されます。

ビザを受け取ったら、入国審査へ向かいます。ここは意外と時間がかかります。旅客一人一人の上半身写真を撮り(と言っても、こちらはその場にいるだけでOK)、職員が質問をするでもなくパソコン画面に何かを入力しているだけなのですが…。

最後に税関を通る…はずですが、なぜか職員もいず、持ち物チェックもありません。到着する時間が早いとちゃんとチェックしているのでしょうか? なにぶん、私が乗っていた飛行機というのが、着陸寸前にものすごいスコールがあって着陸できず、20分以上も空港上空を旋回していて到着が遅れたもので…。

カンボジアへ行くご予定のある方は、ご参考になさってください。写真のサイズが大きすぎるのか一枚も貼り付けられませんでした(泣)…。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 南アの住宅手当がランド円を動かす、夜のランド円、二つの要因で戻す | トップページ | 先ずは数字 »

5大山弘子(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南アの住宅手当がランド円を動かす、夜のランド円、二つの要因で戻す | トップページ | 先ずは数字 »