« 豪ドルドルテク、月足上昇トレンド有効、RBAは売り継続 | トップページ | NZドルテク、月足6カ月連続陽線なるか »

2009年8月23日 (日)

豪ドル円テクニカル、投信、金利、GDP、介入

「豪ドル円テク、投信、金利、GDP、介入」

 *月足では2月からの上昇ラインを7月下に切ったが長い下ヒゲ(投信の買い)で

戻してきた。8月は横ばい。

日足では長い下ヒゲが77以下で。

下降ラインを上抜いてきて次は8月10日と13日を結んだラインへ挑戦か。79円後半なら上抜ける。上昇ラインは8月19日と21日のなだからなもので77前半で下抜ける

5日移動平均線は現時点ではまだ下向きである。

ボリンジャーバンドは中位から上の方に位置している。

9月早々に金利決定と2QGDP

*今週の外貨投信の影響は

Ws000028

Ws000029

Ws000030

Ws000031

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪ドルドルテク、月足上昇トレンド有効、RBAは売り継続 | トップページ | NZドルテク、月足6カ月連続陽線なるか »

為替09年8月b」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円テクニカル、投信、金利、GDP、介入:

« 豪ドルドルテク、月足上昇トレンド有効、RBAは売り継続 | トップページ | NZドルテク、月足6カ月連続陽線なるか »