« 朝のドル円、米から早速メッセージあり | トップページ | 朝のポンド円、ユーロより強し、若干の損切り買いあり »

2009年8月 3日 (月)

朝のユーロ円、CPI低下でのECB理事会

「朝のユーロ円、CPI低下でのECB理事会」

為替も株もジョブの欧州いや応酬でスタート。株は日本とNY時間外は小幅下げ、オセアニア小幅上昇、PMI小幅改善の中国はどうか。

 また米国からのネガティブBUT誠実な首脳陣のコメントも届く(朝のドル円参照願度)。

なにわともあれ6日の政策金利、最近のCPI低下をどうトリシェ総裁が論評するかがは焦点。

朝は135.43まで上伸したが、売りは現在135.50から90が中程度、136.0が大。

買いは134.80以下主には小さな買いが続く。134.50と134.0が中程度

損切りはない。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 朝のドル円、米から早速メッセージあり | トップページ | 朝のポンド円、ユーロより強し、若干の損切り買いあり »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝のユーロ円、CPI低下でのECB理事会:

« 朝のドル円、米から早速メッセージあり | トップページ | 朝のポンド円、ユーロより強し、若干の損切り買いあり »