« 介入1 | トップページ | 輸出が想定為替レート下げとは »

2009年8月14日 (金)

夜はこれから、CPI、鉱工業生産、ミシガン

「夜はこれから、CPI、鉱工業生産、ミシガン」

21  米 7月CPI(予想=変わらず前月比、-1.9%前年比)、加 6月製造業出荷
22  米 7月鉱工業生産(予想+0.4%)、設備稼働率 ミシガン大消費者信頼感指数(予想69)

決算=JCペニー

*+++++*

NYはCPI、鉱工業生産、ミシガンなど中程度の指標が出る。

中国上海株2%超下げで上げていたNY時間外もマイナス圏。豪、NZ、日経も上げ幅縮小

オセアニア好調、「豪は他国より先に利上げをする」「緊急事態の利下げであった」「財政赤字は縮小」「輸出内需強い」などど豪中銀総裁が発言。Nは住宅価格上昇、小売売上げ良し。ただ為替相場は上昇するもすぐに戻している。

円は来週月曜の2QGDP期待(予想前期比年率+4%)で買われる一面あり、第三次産業活動指数良し

*来週は日本のGDPの他に南ア2QGDP、バーナンキ議長講演、 米 住宅各種指標などがある。お盆から戻ってくる人でもう少し為替市場も賑わうだろう。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 介入1 | トップページ | 輸出が想定為替レート下げとは »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はこれから、CPI、鉱工業生産、ミシガン:

« 介入1 | トップページ | 輸出が想定為替レート下げとは »