« お昼の豪ドル円 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

2009年8月20日 (木)

オリックスCFDの特徴(4)・・・75%の損失でロスカット

「75%の損失でロスカット」

もちろん、CFDにはロスカットのシステムがあるので、預けた証拠金のすべてが、損失で無くなるというケースは、ほとんどありえない。

相場が急変した場合などは、ロスカットがうまく機能しないケースもあるが、よほどの異常時でもない限り、損失が一定水準に達したところで、自動的にポジションが閉じられる。

オリックスCFDの場合は、損失が預けた証拠金に対して75%に達したところで、ロスカット機能が働く。

たとえば、証拠金として5万円を預け、1単位1000円のCFDを1000単位買った場合を想定すると、1単位の値段が962円になったところでロスカットになるということだ。

最初から短期のトレーディングを前提にしているのならば、それでも良いが、ある程度、長めのポジションを取る場合、このわずかな値動きでロスカットされていたのでは、どうにもならない。

その意味でも、やはりフルレバレッジでの取引は避けた方がよさそうだ。

C468_60

|

« お昼の豪ドル円 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

CFDを始めてみよう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お昼の豪ドル円 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »