« お昼のNZドル円、、片道2万6000円 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

2009年8月18日 (火)

オリックスCFDの特徴(2)・・・分別保管

「分別保管」

もし、オリックス証券が潰れてしまったら、預けてある証拠金はどうなるのだろうか。

万が一にも、そのようなことになるケースはないとは思うが、一投資家として、やはり気になるところ。

オリックス証券の場合、預けた証拠金はすべて、オリックス証券の資産とは分けたうえで、信託銀行にて管理しているとのこと。
つまり、オリックス証券が破たんしたとしても、証拠金は安全に保護される。これなら安心だ。

最近、FX会社の廃業が増えている。

レバレッジ規制の可能性が高まっていることや、信託保全が義務化されたことなどから、必要以上に経営コストが高まり、これ以上、運営を続けていても、あまりうまみがないということで、廃業や他社への売却が相次いでいると聞いている。
もし、信託保全が完全に行われていなかったら、廃業とともに、投資家の証拠金の安全性がどこまで守られるのか、心配になってしまう。

これと同じことはCFDにも当てはまる。
やはり取引をするのであれば、信託保全がしっかり行われているところと付き合っていきたいものだ。

C468_60

|

« お昼のNZドル円、、片道2万6000円 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

CFDを始めてみよう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お昼のNZドル円、、片道2万6000円 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »