« お昼の豪ドル円、塀の上 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

2009年8月10日 (月)

「そろそろCFDにチャレンジしてみようか」

「そろそろCFDにチャレンジしてみようか」

実は、そろそろCFDに本格参入してみようと思っている。


野村といえばFXの人というイメージが強いと思うが、別に私はFXだけに拘っているだけではない。これまでも、いろいろな投資商品にチャレンジしている。

もう20年近くも前の話になってしまうが、1990年、日本の公定歩合が6.0%まで上昇し、円建ての高金利金融商品がゴロゴロしていた頃、年率9.6%という利付金融債を購入した。

ところが、バブルが崩壊して日本の金利が急低下。95年から98年にかけては、アルゼンチン債やスウェーデン債、豪ドル債、ニュージーランド・ドル債などの高金利通貨に注目して、それらの通貨建ての債券を購入してみた。

ただし、これは一部失敗。アルゼンチン国債がデフォルトになってしまったのだ(お金がなくなったのではないが満期が30年延長された)。

ちなみに最近は、某銀行から劣後債を買わないかという話が舞い込んできた。年9%超の利回りで運用できるという。しかし、アルゼンチン国債がデフォルトになった時の記憶が蘇ってきて、これは止めることにした。
ということで、今はFXを中心に資産運用を続けている。

確かに、リーマン・ショック後は世界的に金利が低下傾向をたどってきたため、かつてのように高いスワップポイントを得るのは難しくなってきたが、それでも豪ドルで、レバレッジを45倍程度にすれば、10%超のスワップポイントを得ることはできる(レバレッジ管理は慎重に!)。

年率10%のスワップポイントが得られれば、それでも十分だが、為替だけでなく、他のマーケットも併せて見てみると、似たような値動きをするものがあることに気づく。
豪ドルと原油、ニュージーランド・ドルと穀物などがそれだ。つまり、為替の値動きをヒントにして、他のマーケットでも利益を上げることができるのではないか。そう思って、CFDも投資の対象にしようと考えた。

儲けのチャンスは少しでも多いほうがいいからね。

C468_60

|

« お昼の豪ドル円、塀の上 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

CFDを始めてみよう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お昼の豪ドル円、塀の上 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »