« 午後のランド円、ズマさんが喝!するが効果は | トップページ | 豪の貿易相手国と品目 »

2009年8月12日 (水)

BOEとECBミーティング後の金利感の変化そしてFOMC:水谷

BOEの量的緩和策の拡大、つまり資産買い取りプログラムの500億ポンド増額は市場を驚かせました。事前に英国財務省に増額承認をとらなければならないのですが、その手続きも踏んでいるとのことです。これまでは最大250億ポンドでしたが、それを250億ポンドも上回る増額です。これで総額1750億ポンドとなりました。

これまで英国の経済指標は住宅関連指標を中心に景気回復が鮮明との印象が金融市場にはあったようです。最近の指標と金融当局者の発言を振り返ってみましょう。

・ 第2四半期GDP・速報値:-0.8%前期比, 5.6%前年比:予想より悪い

  6月消費者物価指数:0.3%前月比、1.8%前年比:予想通り

  6月鉱工業生産:0.5%前月比、-11.1%前年比:予想より良い

  6月製造業生産高:0.4%前月比、-11.7%前年比:予想より良い

  7月製造業PMI:50.8:予想より良い

  7GFK消費者信頼感指数:-25:予想より悪い

  6月小売売上高指数:1.2%前月比、2.9%前年比:予想より良い

  6RICS住宅価格指数:-18.1:予想より良い

  7月ネーションワイド住宅価格:1.3%前月比、-6.2%前年比:予想より良い

最近の金融当局の発言:

  センタンスBOE委員:86日金融政策委員会で資産買い取りプログラムを

見送る可能性を示唆。:724

  ビーンBOE副総裁:「BOEは超低金利を出来るだけ短期間に留める。」:720

全体的に住宅価格指数、製造業の数字を中心に景況感は改善しています。そしてBOE委員の発言を考慮しても、資産買い取りプログラムを増額する理由が見当たらないように思えます。しかも英金融機関の決算内容も回復傾向にあります。

しかし、BOE委員は保守的な選択肢をとったようです。GDPの数字を始め景気の回復に確信が持てるほどではないようです。景気回復を確かなものにしたい、そして不良債権を抱える英国金融機関が景気回復期において支障が出ないようにする。このあたりの要因が資産買い取りプログラムの増額に踏み切ったと読みます。

これに驚いた金融市場では金利・債券市場が素早く反応しました。短期金利、そして2年債あたりまでの中期ゾーンの金利が大幅に低下しています。長期債はセカンダリー・マーケットでの消化難も噂され、金利は大きくは低下していません。為替市場ではポンドが大きく売られ、昨日紹介のグラフでも分かるとおり英金利低下から米英金利差が明確となりそうです。そして注目のインフレレポートが間もなく発表です。

ECBでは政策金利は据え置かれたのですが、トリシェ総裁の記者会見をWebで視聴していたのですが、ユーロ圏経済を意外と楽観視していた表現が多いのにはびっくりしました。2010年に向けて景気が回復してくると、実体経済の数字とはちょっとかけ離れているなとの印象です。市場に過度の悲観論をもたらすのを嫌ってのリップサービスかと思いました。それとトリシェさんの女性記者好きの印象を持ちました。最初から3人までは全て女性記者の質問でしたね。そんな余談から、ECBは比較的平穏な動きです。

そして注目のFOMCが明日早朝に行われます。ロイター通信が、観測記事ながら、政策金利の据え置きと、国債買い取りの9月末打ち切りの記事を流しています。「Fed seen holding US rates steady, ending bond buys」とのタイトルでかなりの信憑性を掴んでの記事と思います。Deep recession から経済が安定し始めた兆しが見え始めたためとしています。前回FOMC直後の金曜日に金融機関救済的措置の緊急資金供給策(TALFTerm Asset-Backed Loan Facility, TAF(Term Auction Facility)121日で打ち切りを発表しました。その流れに乗った形での打ち切りと考えられなくはないのですが。利上げ観測が台頭してきても不思議でないところに、明確な出口戦略を打ち出すと、市場が思惑で動いてしまいます。スムージング・オペレーションが基本のFEDとしては市場の暴走を防ぎたいところです。あれこれ論議するよりもFOMC結果を待ちましょう。

総合すると、ポンド金利低下、ユーロ金利横ばい、ドル金利上昇が現在の金利市場の見方ではなかろうかと思うのですが。

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 午後のランド円、ズマさんが喝!するが効果は | トップページ | 豪の貿易相手国と品目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 午後のランド円、ズマさんが喝!するが効果は | トップページ | 豪の貿易相手国と品目 »