« 入門、貿易為替2 | トップページ | あのグリーンスパン議長も景気回復宣言 »

2009年8月 5日 (水)

夜はこれから、ADP

「夜はこれから、ADP」

今週は焦点であった中国のPMIや豪の政策金利決定をポジティブにこなした。景気回復の流れにそっている。明日はいよいよ英中銀とECBの政策金利決定となる。金利据置が予想でもあり、世界の空気だろうが、BOEはともかくユーロ圏の低インフレが気になるところだ。

今日は株が弱く、円買いを誘発した。日経平均、中国株、NY時間外が下落

NY指標はチャレンジャー社の人員削減数とADP雇用者数、雇用は悪いと大統領自ら語るので金曜の雇用統計とともに覚悟はしておきたい。

ドルランドが急騰しているのが気がかり

*私も勤務したことがある英ロイズ銀行の1-6月決算は31.20億ポンドの純損失であった

 これまた在籍していたパリバが合併しそこなったソシエテジェネラルが2Qは3.09億ユーロの純利益。

(予定)

20   米 住宅ローン借り換え申請、7月チャレンジャー社企業人員削減数
21   米 7月ADP雇用者数
23   米 7月ISM非製造業景況指数 6月製造業受注指数
24   米週間石油在庫統計

英中銀政策委員会は今日から

講演=特になし
決算=ソシエテジェネラル、ロイズ、 P&G、ポロラルフローレン、シスコシステムズ、プルーデンシャル
 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 入門、貿易為替2 | トップページ | あのグリーンスパン議長も景気回復宣言 »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はこれから、ADP:

« 入門、貿易為替2 | トップページ | あのグリーンスパン議長も景気回復宣言 »