« お昼のNZドル円、製造業業績回復 | トップページ | 予想据置、労組2%利下げ要求、南ア金利決定まもなく »

2009年8月13日 (木)

外貨投信純増 7月

「外貨投信純増 7月」

2007年12月の約36兆円をピークに09年1月に21兆円まで外貨建て純資産総額が15兆円減少していたが、今年1月の野村投信の大型外貨投信の設定より底打ち、純増を続け、

本日発表された7月分も約27兆円となった。ピークまではまだ9兆円あるが、年初からは6兆円増えている。

 もちろん2000年あたりは3兆円程度であったのでやはり98年のビッグバンからの個人の外貨投資の意欲はすさまじかった。

 円高では差損を負うが長期投資で気にしていない人もいる。

差損が出ても外貨で使えるような体制が出来ればさらに残高が増えよう。NZドルでもランドでも現地の人は円高は気にならない。日本人も円に換えるから損をするのであるから、換えずにそのまま使えるようにしてもらいたい。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« お昼のNZドル円、製造業業績回復 | トップページ | 予想据置、労組2%利下げ要求、南ア金利決定まもなく »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外貨投信純増 7月:

« お昼のNZドル円、製造業業績回復 | トップページ | 予想据置、労組2%利下げ要求、南ア金利決定まもなく »