« 夜のドル円、、打たれ強い | トップページ | 夜のポンド円、指標の良さは変わらず »

2009年8月 6日 (木)

夜のユーロ円、トリシェ総裁インフレ観、次は2QGDP

「夜のユーロ円、トリシェ総裁インフレ観、次は2QGDP」

5月±ゼロ、6月-0.1%、7月-0.6%というユーロ圏CPIが金利据置に対してひっかかっていたがトリシェ総裁が「下半期にインフレ率はプラスになる」という答えをくれた。

そういうことで資産買い入れ額を増額したポンドに対しユーロが上昇しユーロ円もここまで陽

線となっている。138近くへいったが元に戻って現在137.20-30で注文は朝とあまり変わらず。

売りは137台は137.40から137.95までは中程度が続き、138.0が大となる。

買いは136台は殆ど同額(中程度)の買いが続く。

損切りは138.0に小で、他は売り買いあまりない。

ということで次の焦点は2QGDP、英国に勝てるか

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜のドル円、、打たれ強い | トップページ | 夜のポンド円、指標の良さは変わらず »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜のユーロ円、トリシェ総裁インフレ観、次は2QGDP:

« 夜のドル円、、打たれ強い | トップページ | 夜のポンド円、指標の良さは変わらず »