« 朝のユーロ円、GDPとCPI | トップページ | CFDリポート開始致します »

2009年8月10日 (月)

お昼のポンド円、マイケル、失われた10年

「お昼のポンド円、お昼のポンド円」

 通常のポンド円ほど注文が入っていないが特徴はある。

買いと損切りの買いが売りよりも多いのでどこかで反発する時があるのではないか

売りは162.80と163.40が中程度くらい。

買いは162.0から161.60まで中、161.40と161が大、

損切りは163.20以上164前半まで小から中が並んでいる

損切りの売りはない。

今朝のUKテレグラフでは、英国が日本的「失われた10年の不況」に陥るリスクがあるとか、成長見通しを下方修正するとか、デフレ懸念があるとかが書かれている。

 テレグラフ紙の影響力はわからないが、FTとかタイムズと同じくらい?ただユーロポンドは現在動いていない。

英国も新聞がいろいろあるので大変。英大衆紙はマイケルジャクソンの長女はマークレスターの子であるとマークレスター自身が語っているとも書かれているようだ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 朝のユーロ円、GDPとCPI | トップページ | CFDリポート開始致します »

為替09年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お昼のポンド円、マイケル、失われた10年:

« 朝のユーロ円、GDPとCPI | トップページ | CFDリポート開始致します »